私は年収500万円の独身OL!家賃の目安はどれくらい?

私は年収500万円の独身OL!家賃の目安はどれくらい?

Bu facebook
Bu twitter

女性の社会進出が進んでいる昨今、「結婚よりも仕事が大事!」「もっと会社で重要なポストに就きたい!」など仕事に前向きで、お給料も男性に引けをとらないなんて方もいらっしゃるでしょう。では、そんな比較的年収の高い女性は、家賃にいくらくらいお金をかけても大丈夫なのでしょうか?

■年収500万円の独身女性。家賃の目安はどれくらい?

新年度が始まり、気分転換もかねて引越しを検討される方も多くいらっしゃるでしょう。引越しを検討するにあたり気になるのが、引越し先の家賃ですよね。いくら素敵なお家を選んだとしても、家賃が高すぎると毎月の生活費を圧迫してしまい、結果的に居心地の悪いお家に……なんてことになりかねません。このようなことを考え始めると、いったいどれくらいの家賃のところに住めば良いのかわからなくなってしまうという方も少なくないのではないでしょうか?

一般的に、家賃の目安は「手取り月収の1/3」と言われています。よって、年収500万円程度の方の場合は月々の手取り収入が約25万円なので、25万円÷3=約8.3万円が月々の家賃の目安ということになります。ただし、この金額はあくまでも目安であって、実際に賃貸を借りるとなると、管理費や更新料など家賃とは別に必要となる費用もあります。そのため、「手取り月収の1/3」を目安に家を決めた場合、毎月の生活は何とかできても、「収支に余裕がないため貯金ができない!」という方も少なくありません。

そこでFPからのアドバイスとして、管理費や更新料を含めた金額を「手取り月収の1/3」以内に抑えることをおすすめいたします。そのためにも、新たな住まいを決めるにあたり「管理費はどれくらいかかるのか」「更新料はあるのか」、また更新料がある場合は「支払い方法は、分割なのか更新時に一括で支払うのか」などを事前にチェックしておきましょう。

■もうすぐ30歳。賃貸ではなくマンション購入を検討したほうが良い?

気軽に一人暮らしを始めることができる反面、資産としては手元に残らないという懸念もある「賃貸」。「いっそのこと住宅ローンを組んでマンションを購入したほうが、資産を手に入れつつ住まいも確保できて良いかも!?」と、マンション購入を検討される方もいらっしゃるでしょう。

では、年収500万円・独身のアラサー女性が一人暮らしを始める場合、賃貸とマンション購入のどちらを検討するべきなのでしょうか?

現在は低金利のため、マンションを購入し住宅ローンを返済する金額と家賃の金額を比べると、大きく変わらない方もいらっしゃるかと思います。しかし、マンション購入を検討される際は注意が必要です。たしかにマンション購入は魅力的なことも多いですが、シングルの女性の方は、将来的に結婚することで別に住まいを構えることになる可能性や、お勤め先での転勤、親御さんの病気や介護で実家に戻るなど、ライフプランの変更により住まいが変わる可能性も大いにあります。また、今は健康で仕事ができ収入が安定していたとしても、病気になってしまい、働きたくても仕事に専念することができず収入が減り、住宅ローンの支払いが苦しくなるということもあり得ますよね。

このようなことから、一人暮らしを始めるにあたって賃貸にするのか、マンションを購入するのか悩まれている方は、ぜひご自身のライフプランをしっかりと立てた上で検討されることをおすすめいたします。

いかがでしたでしょうか?賃貸であっても購入であっても、お家選びを行うにあたって、お金のこと、今後のライフプランのことなど考えるべきことがたくさんあることをご理解いただけたのではないでしょうか。ご自身の収支状況を見直したい、ライフプラン設計を行うにあたってアドバイスがほしいという方は、ぜひプロであるFPに相談してみてはいかがでしょうか。Sodanでも、無料でFP相談できるサービスをご用意しておりますので、こちらもお気軽にご利用くださいね。

【何度でも無料!】Sodanの対面相談はこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup