いくらとワインのマリアージュ。ボジョレーのお供に「いくらワイン醤油漬」

いくらとワインのマリアージュ。ボジョレーのお供に「いくらワイン醤油漬」

Bu facebook
Bu twitter
マルセン醤油から販売されている「いくらワイン醤油漬け」。「ちょっと贅沢で幸せな気持ち」を味わってほしいという思いからできたひと品です。山形県産のワインとだし醤油、北海道産の濃厚ないくらがどんなマリアージュを生んだのか、さっそくレポート!

みんなを「ちょっと贅沢で幸せな気持ち」に

キラキラ輝く海の宝石、いくら。海の旨みを凝縮したような味わいと、プチプチという食感……、旬を迎えたこの時期は特に食欲をそそる食材です。

「いくらワイン醤油漬け」。山形県のマルセン醤油が販売するこの品は、2011年の東日本大震災をきっかけに生まれたといいます。

コンセプトは、日本を笑顔にする商品づくり。全国のおいしい食材と山形県の名産品を使って「ちょっと贅沢で幸せな気持ち」になってもらえるものをと考えた結果、この品ができあがったんだとか。

毎日食べても飽きないほどいくら好きな筆者。いくらをワインと合わせるという未知の試みに、期待で胸が高鳴ります。さっそく取り寄せてみました。

宝石のような一粒ひと粒

黒と金をベースにした高級感溢れる箱のなかには、いくらが詰まった小瓶が2個はいっていました。ぶどうと鮭のイラストが描かれたラベルが印象的。冷凍されて届いたそれを、ひと晩チルドで解凍しました。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup