いきなりドリルはNG!初めての『ひらがな』教え方の4ステップ

いきなりドリルはNG!初めての『ひらがな』教え方の4ステップ

Bu facebook
Bu twitter
ひらがなの教え方

そろそろ子供にひらがなを教えようとするとき、あなたならどうしますか?

ひらがな表を読ませたり、ひらがなのドリルを使って教えたりが一般的かと思いますが、実はこれはあまりおすすめしません。

そこで今回は、子供がスムーズにひらがなを習得できる教え方のコツについてご紹介いたします。

まずはひらがなに慣れさせることからスタート

ひらがなを読めるようになるのは、一般的に3~4歳ごろからと言われています。

ですが、それより前に文字に慣れ親しませておくことが、ひらがなをスムーズに習得させるコツなんです。

その方法としては

  • 絵本を読むことで、文字の存在を認識させ慣れさせる
  • 自分の名前や、身の回りのものの名前をひらがなで書いてみせてあげる
  • 50音のポスターやおもちゃなどで、子供の遊びの中にひらがなを取り入れる

などがあげられます。

文字の存在を意識させ、文字を身近なものにしていくような環境づくりを心がけましょう。

子供が文字に興味を持ち始めたら、まずは「読み」を教えていこう!

ひらがなを教えるときは、まず「読み」からスタートしましょう。

ステップ1:ひらがなカードで音節を理解しよう

日本語では、ひらがな1文字に1音節が対応します。まず聞いた言葉を音節にわけて、そのひとつの音に1つの文字を当てはめていくことを覚えることが、ひらがな習得への近道となります。

しりとりカードや、ひらがな単語カードを使って簡単な単語から始めてみましょう。

たとえば「ねこ」と書いたカードを使うとします。

「ねこ」は「ね」と「こ」2音からできているので、おはじきを2つ縦にならべます。

これで、その単語がいくつの音からできているかが理解できるようになります。

ステップ2:その文字の「音」を考えてみよう

次に、おはじきの1つめがなんという音かを考えさせてみましょう。

ひとつめのおはじきの音は「ね」、2つめのおはじきの音は「こ」という具合に、ひとつの音をひとつの文字に当てはめていきましょう。

そして、「『ね』がひとつめにつく単語はほかにないかな?」「お尻に『こ』がつく言葉をほかに知っている?」と考えさせてみましょう。

頭音集めやしりとりなど、遊びの中で理解をさせていこう

ここまできたら、もう少し理解を進めてみましょう!

ステップ3:同じ文字を使った言葉を探そう

同じ音ではじまる言葉や、同じ音で終わる言葉を一緒に探してみましょう。

「『あ』で始まる言葉を捜してみよう!」という頭音あつめゲームは、3歳くらいでも充分楽しめる言葉遊びです。

「『あ』がつく言葉をどっちが多くさがせるかな?」「あり!」「あめ!」「あいすくりーむ!」などと言い合うことで、楽しみながら「同頭音」を覚えることができます。

同じ言葉あそびとして、しりとりもおすすめです。

単語の末尾にある音を聞き取り、同じ音から始まる言葉を探す遊びです。

音節分解が十分にできていないと遊べないため、頭音あつめよりも少々難しいですが、ステップ2で学んだことを生かしてやってみましょう。

ステップ4:ひらがの形と音を対応させてみよう

ひらがなの音を理解できたら、次はひらがなの形と音を対応させる練習に進みましょう。

お散歩中などに、子供が興味をもった文字や看板を使って身近な単語をどんどん読んでいくことによって、自然な形で文字の形と音の対応を覚えていくことができます。

ひらがなの形と音を対応させていくと、子供は、文字の形に特徴があるものから覚えていく傾向にあるようです。

たとえば、「ふ」「ほ」など、ちょっと複雑でも特徴のある文字は記憶しやすいようですね。

一方、「く」と「へ」、「さ」と「ち」などは、形は単純ですが、どちらがどの音だったか識別するのは、文字を覚えたての子供にとっては少し難しいようです。

最初は覚えやすい文字だけを読んでいたとしても、読める文字が増えると、さらに文字や言葉への興味が沸いてきて、どんどんひらがなへの理解が進んでいくはずです。

このように順を追って、ひらがなに親しませていくことで、「勉強」ではなく、自然に文字や言葉に慣れていくのですね!

しりとり、かるたなどを使って、親子で楽しみながらひらがなを覚えていきましょう!

PHOTO/Lorelyn Medina/Shutterstock 参照/ こどもちゃれんじ「いつから?どうやって?ひらながの教え方」 ベネッセ教育情報サイト「ひらがなの教え方のコツ」 ひとりでとっくん365日「母親のための学習ノート」(幼児教育実践研究所こぐま会)

関連コラム

どうやる?ひらがなを子供に教える効果的な方法
親の行動が子供を勉強嫌いにしているかも!子供への勉強の教え方
今年は一緒に楽しもう!スノーボードの子供への教え方
泳げるようにさせてあげたい!水が怖い子供のコンプレックス克服法

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup