寒い時期のぐっすり快眠法。4つの「温活術」で翌日のパフォーマンスが劇的に上がる!——友野なお『でき…

寒い時期のぐっすり快眠法。4つの「温活術」で翌日のパフォーマンスが劇的に上がる!——友野なお『でき…

Bu facebook
Bu twitter

寒さが厳しくなりつつある今日このごろ。冷えや乾燥が気になって、朝までぐっすり眠れない方も多いのではないでしょうか。

ある調査で「冷えをストレスと感じるか」と聞いたところ、約6割の人が「感じる」と回答したのだそう。さらに、そのなかの約7割の人が「睡眠に満足できていない」のだとか。ストレスというと人間関係や仕事のストレスだけを思い浮かべがちですが、じつは「暑い」「寒い」といった要素も、物理的なストレスとして私たちの体に負担をかけているのです。さらに、睡眠不足は風邪のリスクを約4倍も高めることが海外の研究でも報告されているので、風邪をひきやすい寒い時期こそ睡眠を重視することが大切。

気温が低い秋冬の快適な眠りを叶えるためのキーワードは「温め」です。今回は、知っておきたい快眠温活術を4つご紹介します。睡眠から心身の調子を整え、勉強や仕事に全力であたれるようになりましょう!

【1】3首を温める

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup