簡単「ブイヤベース」、入れるだけで旨みアップの食材とは?

簡単「ブイヤベース」、入れるだけで旨みアップの食材とは?

Bu facebook
Bu twitter
私の中で、冬に食べたいスープNO.1はブイヤベース。
お店でいただくブイヤベースには、えびほたて、たらいかムール貝など様々な具材が入っていて、とても豪華。

でも、家庭でつくるのにこんなに具材をそろえるのは大変です。そこで、旨みさえしっかり出ればきっとおいしいブイヤベースができるはず! と考えたのが、今回ご紹介するレシピです。

メインの具材はあさりイカの2つ。一番旨みがでやすいのがあさり。そして、いかはワタに複雑なうまみが詰まっています。なのでワタも入れてしまえばいいと思ったのです。

実際、ワタを入れるのと入れないのでは、味は大きく変化。ワタを入れたほうが格段においしい!

イカのワタを入れるというのはハードルが高く感じてしまうかもしれませんが、そんな心配はいりません。イカの処理はすべてスーパーの鮮魚売り場さんにお願いできるので、下処理は不要。

鮮魚売り場の方にお願いするときは、「イカの処理をお願いします。胴は1cmくらいの輪切り、ワタもいれておいてください。墨はいりません」といった具合。

そうすると、とっても楽ちんですよ。

■ブイヤベース

レシピ制作:管理栄養士 長 有里子



<材料>※作りやすい分量
するめイカ 1杯(ワタも使用)
あさり 200g
たまねぎ 1/2個
にんにく 1かけ
トマトジュース 600ml
塩・こしょう 少々
<A>
 ローリエ 1枚
 タイム、オレガノ(乾燥) 各小さじ1
オリーブ油 適量

<作り方>
1、イカは胴体は1cm幅の輪切り、足は食べやすい大きさに切る。イカのわたは皮からこそげ出し、ペースト状になるよう混ぜる(だいたいペースト状になればOK)。たまねぎ、にんにくはみじん切りにする。

2、オリーブ油を熱した鍋でたまねぎとにんにくを炒め、トマトジュース、あさり、<A>の材料を入れ、あさりの口が開くまで加熱する。

3、イカのわた、イカを入れてひと煮たちさせ、塩・こしょうで味を調える。

ちなみに、あさりの砂抜きって時間がかかって面倒ですよね。
通常は1時間ほど塩水(1リットルの水に塩大さじ2)に浸すのですが、50℃の湯に浸すと10分に短縮できますよ。

■あさりの砂抜き方法
バットに洗ったあさりを入れ、50℃の湯を貝の口のちょっと上まで注ぎます。


そうするとアサリの口から管が出てきます。ここからいらないものを吐き出します。

バットに湯を入れると温度が下がってしまうので、用意する湯は、60℃程度(水と湯を4:6くらいの割合)がいいと思います。

(長 有里子)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup