てんかんは「珍しくない、難しくない」病気

てんかんは「珍しくない、難しくない」病気

Bu facebook
Bu twitter

成人てんかんの専門医不足が深刻化

てんかんは、発作を繰り返し起こす大脳の慢性疾患で、1人の人にほぼ同じ型のてんかん発作が繰り返して起こります。「有病率は約0.5~1%と決して珍しい病気ではなく、また約70%以上は発作が消失し、病前の生活ができます」そう語るのは、東北大学大学院医学系研究科 てんかん学分野の神一敬先生。「にもかかわらず、運転や就労、結婚・出産などの社会における誤解や偏見がある」と神先生はいいます。加えて、成人てんかんの専門医不足が地方を中心に深刻化している、と警鐘を鳴らします。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup