『入社1年目の教科書』で学んだ、社会人の心掛けとは?新卒者の書籍レビュー

『入社1年目の教科書』で学んだ、社会人の心掛けとは?新卒者の書籍レビュー

岩瀬大輔『入社1年目の教科書』

Bu facebook
Bu twitter
4月は新入学・入社の季節ですね。今回は、この春クレディセゾンに入社する新卒3名が書籍『入社1年目の教科書』をレビューいたしました。新入社員向けの書籍といえば、ビジネスマナーのような本が一般的ではないでしょうか。しかし、この本は社会人としての心得や、働くことの本質をついた内容が多く、読む人の立場によっても、学びとれることが変化します。

著者は、生命保険業界に革新をもたらしたライフネット生命保険の代表取締役社長である岩瀬大輔氏。彼が新入社員に伝えたい、仕事に臨む姿勢が「3つの原則」と「50の指針」で構成されています。50の指針のなかには、たとえば「メールは24時間以内に返信せよ」「社会人の勉強は、アウトプットがゴール」など、本来であれば実務経験のなかで学んでいく要素をこの1冊で得ることができる、まさに社会人のための教科書。

新入社員はもちろんですが、じつはベテラン社会人にもおすすめです。仕事への向き合い方を考えさせられる内容になっているので、年度初めに読んでみるのはいかがでしょうか?
仕事の「目的と意味」を考え、自分なりの付加価値をつけることが大切
文:林 央子(はやし ちかこ)
大学4年生。クレディセゾンは、クレジットカードという枠に捉われず、自分のやりたいことをかたちにできる仕事に魅力を感じました。日々さまざまなことに刺激を受けながら働きたいと思っています。
学校や仕事場において、「なぜこんな作業をしなければならないのか」「これは暗記する必要があるのか」ということを感じた経験は、誰にもあるのではないでしょうか。しかし、地道な作業であっても、仕事全体のどこでどのように使われるのかを考えながら行うことで、自分なりに納得しながら仕事をこなすことができます。

右も左もわからない新入社員にとって、先輩社員と同じように仕事をこなすことは不可能です。だからこそ、目の前の仕事の目的を一つひとつ考え、意味を見出すことで、自分にしかできない仕事や、新入社員だからこその価値を前向きに生みだすことができるのだと本書を通して学びました。
事前準備に充分すぎることはない。それが自分の蓄えとなり、実を結ぶ

特に、本書における「予習・本番・復習は3対3対3」という部分から、仕事には事前準備の心掛けが大切だとあらためて認識しました。「締め切りまであと1か月あるからまだとりかからなくていいか」「本番はまだ先だから焦る必要はない」という考え方はもうやめようと、強く思いました。

料理にも下準備があるように、仕事においても適切な準備をして初めて、それ相応の結果が得られる。うわべだけの知識や、皆が知っているような情報を準備しただけでは、大した成果は生まれないということです。

私は高校受験の際、教科書に書かれた内容だけでなく、それに類する参考書や資料集の細かい字まで一語一句覚える気持ちで勉強していました。その勉強方法を私の同級生が知ったとき、「やりすぎだよ」ととても驚かれたことを覚えています。仕事においてもその気持ちは同じだと思います。やりすぎるくらいの準備でいい。確実に用意しておけば、そのぶん、自分の蓄えとなり、実を結ぶのだと感じました。
思わぬところに転がっているチャンスをものにするために

ビジネスにおけるさまざまな心掛けが述べられている本書ですが、どれも好機を呼ぶための近道につながっていると感じました。仕事において自分の力が試される瞬間がいつ来てもいいように、その瞬間、最高に輝くためには、日々の仕事に対する姿勢が大切になってくる。そのときに役立つ「ヒント」が随所に散りばめられた1冊となっています。
「社会人の必要項目を50も覚えられない」という人でも安心の内容
文:笠井 一樹(かさい かずき)
大学4年生。就職活動でクレディセゾンのセゾンカウンターを3か所回ったとき、温かい社員の雰囲気を感じて入社。入社後は、もっと語学を勉強し、海外勤務を目指したいです。
社会人として必要または成功する要素を、50の項目で説明してくれる本です。「50もすぐに覚えられない」と考える人もいると思いますが、メールのやりとり、飲み会、人間関係、会議といった、業務シーン別に説明しているので、実践しやすいのではと感じました。

また、自己管理能力、上司に信頼されるための姿勢、そして、相手への気遣いという社会人として必要な要素の、具体的な実践方法も書かれています。これらは学生生活でなかなか意識できない要素なので、とても参考になります。
毎日の勤務姿勢が評価につながるため、「ビジネスマンはアスリート」と心得よ

特に印象に残ったのが、43項目目の「ビジネスマンはアスリート」です。これは、ビジネスマンは毎朝、最高のコンディションで職場に向かう必要があるため、日々の食事と運動を重視する必要があるというものです。100パーセントの力を発揮しない人は、上司からの評価が向上せず、他の人にも信頼されません。学生の場合だと、試験の日だけ力を発揮すれば、評価において問題ありません。しかし、社会人になると、毎日の勤務姿勢が評価につながります。自己管理能力を磨き、アスリートの心構えを持って、社会人生活を送る必要があることを学びました。
魅力的な社会人になるには、仕事以外のことにも熱中しよう

他に印象に残ったところとしては、前述した「社会人の必要な要素」以外に、「キャリアアップの磨き方」のヒントも記載されている点です。具体的には、仕事以外の趣味を深める、他業種の方と会うことなどを指します。理由は、社会人としてもっとも大事なスキルは、「一緒に仕事をしている相手に楽しいと思ってもらえるか」だからです。

たしかに、仕事がきちんとできることはとても大切ですが、仕事は人との関わり合いなので、魅力的な人間であることも大切です。忙しい社会人生活においても、仕事以外のことに没頭することで、魅力的な社会人に近づけるのではないでしょうか。

本書を通して、学生時代とは異なる心構えを持った仕事の取り組み方、また、キャリアアップの磨き方を学んで、充実した社会人生活の一歩を踏み出したいと思います!
「50点で構わないから早く出せ」!? なにがあっても死守すべき仕事の3原則
文:小川 紗季(おがわ さき)
大学4年生。「自分のアイデアで人々を幸せに!」という、私の夢を叶える環境はクレディセゾンにしかないと思いました。持ち前の明るさとマイペースで、夢実現に向かいます!
社会人になると、「いまの自分の姿勢」をあらためて見直すことはできるのでしょうか? 近い将来の自分は、日々の忙しさに追われて、ついそんな機会を持たずに過ごしてしまいそうな気がします。

『社会人1年目の教科書』というタイトルの本書ですが、新卒者だけでなく、数年後の自分にも役立ちそうな1冊。目標に近づくため、勝負どころでチャンスを掴むため、そして、「魅力的な社会人」であり続けるための秘訣が記されています。

冒頭には多様なキャリアを持つ著者が、仕事をするうえで、ぶれることなく大切にしてきた「3つの原則」が綴られています。

【原則1】頼まれたことは、必ずやりきる
→何があってもやりきる人物は信頼され、次の仕事が回ってくる。

【原則2】50点で構わないから早く出せ
→ゴールは提出ではなく、最初のフィードバックをもらう機会。

【原則3】つまらない仕事はない
→自分なりの付加価値をつけることで、仕事の見え方は一気に変わる。

読み始めから、私の心にグサっと刺さるものばかりでした。仕事とは、「こなすもの」ではなく、「信頼を得るもの」であるということに気づいたからです。また、入社1年目の自分を想像し、この3原則を当てはめることは大きなモチベーションにもつながりました。
「当たり前の行動を、当たり前にする」ことの大切さに気づかされる1冊

本書を占める「50の指針」の内容は、「何があっても遅刻はするな」「仕事は総戦力」「仕事は盗んで、真似るもの」など、社会人にとっては一見当たり前に思えることばかりかもしれません。しかし、一つひとつ意味を考えながら自分のなかに落とし込むことで、その大切さにあらためて気づかされます。

そして本書は「すべて著者自身の経験から導き出されたもの」であることが、読者に大きな説得力を与えているのではないでしょうか。とくに「50の指針」の合間に掲載された4つのコラム(会社選びの3つの基準、チャンスをつかめる人になれ、など)からは、それが実感できます。

「入社1年目の新人」に向けたタイトルであるものの、本書はいわば社会人としての「生き方」を見直す教科書でもあるのだと思います。私は5年後、10年後も本書で自分を見直し、「魅力的な社会人」を目指し続けるぞ!

『入社1年目の教科書』

1,543
著者:岩瀬大輔
出版社:ダイヤモンド社

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup