クレジットカード・デビットカード・プリペイドカードの違いは?

クレジットカード・デビットカード・プリペイドカードの違いは?

Bu facebook
Bu twitter

海外旅行や大きな買い物をする際など、カード決済を行う場面は人によってさまざまですよね。とはいえ、カード決済と聞いて真っ先に思い浮かぶのは「クレジットカード」なのではないでしょうか?そこで今回は、クレジットカードを含めた“ショッピングで使えるカード”の特徴や違いについてのコラムをお届けします。

■支払い方法からみる各カードの違いとは?

お買い物の際に使える代表的なカードといえば、「クレジットカード」を思い浮かべる方がほとんどかと思います。しかし、ご存知の方もいるかもしれませんが、その他にも「デビットカード」や「プリペイドカード」といったカードがあります。そこで、まずは支払い方法からみる各カードの違いについてみていきたいと思います。

 クレジットカード

クレジット(credit)=信用という意味からもわかる通り、カード発行会社へ信用照会が行われて、承認が下りた場合に利用できる決済方法です。基本的にカード会社への入会が義務付けられ、入会の際には信用情報(他のクレジットカードの返済状況や利用履歴)の審査が行われます。

クレジットカードはカード会社が加盟店契約を結んでいる店舗でのみ利用可能で、商品購入の際に提示することにより、カード会社が利用者の代わりに支払いをし、後日利用者からカード会社へ支払うという仕組みのものです。支払方法には、「一括払い」「分割払い」「リボルビング払い(リボ払い)」「ボーナス払い」などがあります。

 デビットカード

商品購入時に利用すると、銀行の預金口座から代金が即時に引き落とされる決済方法です。基本的に、銀行口座開設時に発行されるキャッシュカード=デビットカードとなります。預金口座より引き落とされるものなので、口座残高を超える金額の場合は当然ながら利用することができません。近年では、さまざまな銀行がVISAやMasterCardなどの国際ブランドのデビット機能付きキャッシュカードの提供を行っています。

 プリペイドカード

プリペイド(prepaid)=前払いという意味からもわかる通り、あらかじめカードに入金しておき、商品購入時にはその入金金額より差し引かれるというものです。かつては、テレホンカードが最もポピュラーなプリペイドカードでした。また、すでに廃止されていますが、ハイウェイカードも全国に普及していたプリペイドカードの一種と言えるでしょう。そして現代では、追加入金の可能な「プリペイド型電子マネー」が多く普及しています。

たとえば、Edy・nanaco・WAONといったショッピング系やSuica・PASMOをはじめとする交通機関系、国内入金・海外引き出しが可能なNEO MONEYの旅行系など、実にさまざまなものがあります。なかには、入金金額が少なくなったり、マイナスになりそうな時に自動で入金(オートチャージ)される種類のものもあります。プリペイド型電子マネーカードであれば、お財布を持っていなくても移動やお買い物ができ便利そうですね。

■私にはどのカードがオススメ?

では、これらのカードの中で自分に合うカードはどれなのかを知りたい!という方は、下記を参考にしてみてください。

 クレジットカード

・大きな買い物をする際に大金を持ち歩きたくないという方
・ポイントを貯めて活用したい方
・ある程度貯蓄があり、しっかり支払い・管理ができる方

 デビットカード

・大きな買い物の際に大金を持ち歩きたくないが、すぐに引き落とされるほうが良いという方
・お財布には必要最低限の金額のみを入れておきたい方
・クレジットカードは何だか心配だと感じる方

 プリペイドカード

・使える金額に上限を設けてお金の管理をしたいと考えている方
・使い過ぎてしまわないか心配だと感じる方
・クレジットカードやデビットカードでは何だか心配だと感じる方

いかがでしたでしょうか?上手く使い分けながら、自分に合った決済方法で安心してお買い物ができると良いですよね。最近では、使用履歴を見ることができたり、残高を確認することができるアプリなどもありますので、こまめにお金の確認・管理をすることができます。こういったものも上手に利用して、マネー美人を目指していきましょうね♪

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup