5歳の男の子が亡くなった神宮外苑火災事故…クリスマスツリーの電飾も危ない!?

5歳の男の子が亡くなった神宮外苑火災事故…クリスマスツリーの電飾も危ない!?

Bu facebook
Bu twitter

先日、数々のニュースで報道された、東京明治神宮外苑での木製ジャングルジムの火災事故
5歳の男の子が亡くなってしまったということもあり、胸を痛めたママも多いかと思います。

この火災の原因が白熱電球だったことから、Twitterでは、「クリスマスツリー電飾が巻きついているけど、大丈夫なの?」と不安の声があがっています。

「クリスマスツリーの電球も怖い?」Twitterで不安の声

11月6日、東京明治神宮外苑で開催された東京デザインウィークにて、展示品の1つだった木製のジャングルジムが炎上し、中で遊んでいた5歳の男の子が犠牲になりました。
このジャングルジムには、LED電球の他に白熱電球も使用されており、この白熱電球の熱が原因で、火災が発生したとされています。

この事件を受けてTwitterでは、同じく白熱電球が使用されているクリスマスツリーを不安視する声があがっています。

クリスマスの季節、電飾がいっぱいついたツリーをよく見かけますよね。
確かにこの事故の話を聞くと、お家のツリーの飾りつけが心配になるママも多いのではないでしょうか。

用心して外出するときは明かりを消すという方も。

クリスマスツリーの電飾は大丈夫?

11月8日のフジテレビ『みんなのニュース』で、白熱電球とLEDのクリスマスツリー電飾の熱を検証しています。

電飾を消して1時間程たった白熱電球とLEDをサーモカメラでそれぞれ見てみると、温度が下がっていたLEDに対し、白熱電球はまだ熱がこもった状態だったそうです。

専門家によると、白熱電球はLEDに比べて消費電力が大きいため熱が溜まりやすいんだとか。

クリスマスツリーの火災被害にあったことがある根元美緒さんの実体験

フリーアナウンサーの根元美緒さんは昨年、家に飾ってあったクリスマスツリーを倒してしまい、危うく火事になるところだったそうです。

根元さんのブログによると、

電球にモミの木の葉っぱが貼りつくように熱を発して煙を出す…

と書かれています。

大きなクリスマスツリーを飾る習慣のある海外では、ツリー火災が非常に多いんだとか。
クリスマスに向けて、ご自宅でツリーを飾る予定の方も多いことでしょう。
その際はツリーの電飾に何が使われているかチェックしてみてくださいね。

参照/
ライブドアニュース「神宮外苑の火災 白熱電球はどのくらいで木くずの発火温度に達するのか検証」
フジテレビ:みんなのニュース「Xmasツリー電飾で検証・白熱球とLEDの熱」
根元美緒オフィシャルブログ

関連コラム

10年持つはウソ?電気屋さんがLED電球を調べてみた
ムードは作り出すもの!21時からの聖夜の過ごし方
親子で紅葉を見に行こう!子連れで行けるオススメ紅葉スポット【関東編】
いたずら対策もばっちり!大きなツリーを飾ってみよう
赤ちゃんの個性を知れば子育てがスムーズに!?話題の心理学『赤ちゃんともち』

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup