わが子よりかわいい子に嫉妬…「子どもの外見が気になるのはどうして?」

わが子よりかわいい子に嫉妬…「子どもの外見が気になるのはどうして?」

Bu facebook
Bu twitter

ⓒY's harmony-stock.adobe.com


子どもがすくすくと成長し、たくさんのお友だちができて「ママ似ね」「パパ似ね」なんて言葉もかけられるようになったころ。

大勢のお友だちと一緒にいるわが子を見て、知らず知らずのうちに、ほかの子どもと“外見”を比較している自分にドキッとしたことはありませんか?

今回は、子どもの外見を気にしてしまう親の心理について、ひも解いていくことにしましょう。

■「子どもの外見が気になる」のは、どんなとき?

子どもの外見が気になってしまうとき、というのはどんなシチュエーションなのでしょう?

それは例えば、幼稚園や保育園、子どもがたくさん集まる公園にいるとき。たくさんのお友だちに囲まれている様子を見ているうちに「あの子、すごくかわいいな。でも、うちの子は…」と、わが子とまわりの子どもを比べてしまう…。

また、バレンタインデーにチョコレートをたくさんもらった、学芸会やお遊戯会で主役に推薦されたなどと聞くと、「あの子は見た目が良いから。その点、うちの子は…」と、わが子の外見が気になり始める人も…。

あるいは、ほかの子は周囲から「かわいいね」「美人になるね」と言われるのに、わが子はそう声をかけられることが少ないことに気付き、落ち込んでしまう人もいるようです。

そういったママに話を聞いてみると、自分自身がそう思い始めた…というよりも、周囲とのかかわりを通して、子どもの外見が気になり始めた…というケースが多いようです。

■「子どもの外見が気になる」のはどうして?

ではなぜ、子どもの外見が必要以上に気になってしまうのでしょうか?

それは、あなたが「外見で人生は決まる」という強い思い込みを持っているからかもしれません。過去の経験が、思い込みの原因となっているケースは多いようです。

例えば、親に自分の外見について指摘されたことがあるとします。コンプレックスに感じながらも気にしないように生き、恋愛をして結婚。子どもが生まれて子育てを始めたとしましょう。

けれど、子育てしながら周囲とかかわっていくうちに、過去にあなたが抱いていた外見に対するコンプレックスが再燃してしまう…ということがあるのです。

あるいは、過去に人から外見に関することで何か言われ、悲しい思いをしたことがある。思い出したくないくらい嫌な気持ちになったことがある。また、逆に「美人は得」と何度も言われたり、耳にする環境にいたことがある。

こうした経験が、わが子の外見を必要以上に気にする原因となっている可能性は大いにあるでしょう。






■子どもの人生は自分の人生? 錯覚が引き起こす悪循環

ⓒtatsushi-stock.adobe.com


外見を気にするのは、子どもを通して自分の人生を生き直そうとしているから。子どもの人生を、自分の人生だと錯覚している状態なんですね。

わが子を見て、自分の子ども時代を思い出し、過剰な期待をかけてしまう。けれど、期待通りにいかないことに気付き、気落ちしてしまう…。

過剰な期待をかけるママも、再燃した過去のコンプレックスに苦しんでいるのでしょうが、期待をかけられる子どももまた、同じようにつらい思いをしてしまうこともあります。

負の連鎖はここで断ち切らなくてはいけません。では、この状況から抜け出すには一体どうしたら良いのでしょう? 

おすすめなのは「自分の外見を磨くこと」です。自分を「これ以上はないくらい満足!」というくらいまで磨きに磨いて、きれいになっていくことです。

子どもの外見が気になるのに、自分がきれいになってどうするの? と思う人もいるかもしれません。一見、無関係に見える行動ですが、これが効果大なのです。

■忙しい今だから「とことん自分の外見を磨く」

「子どもの外見がどうしても気になる」という人はまず、自分の外見を満足いくまで、きれいにしてみましょう。

小さな子どもがいると家族のことが優先になり、自分のケアがおざなりになることも多いですよね。けれど、年齢を重ねた今のほうが、実は「きれいな人」という印象を得る絶好のタイミングなのです。

その理由のひとつは「きれいになれるツールが豊富」なこと。過去に自分の外見に対するコンプレックスがあったとしても、今はそれをカバーするだけの方法やアイテムが世の中にはたくさんそろっています。

子どものときはメイクなどしませんから「すっぴん」の顔立ちだけで勝負しなければならず、ある意味、シビアな世界でしたよね。

けれど、今はメイクのコツさえつかめば、雰囲気美人になることは誰にでも可能です。それに、今まではコンプレックスと感じていた部分も、上手にアピールすることでチャームポイントに変わる可能性もあります。

若いころからさまざまなファッション、ヘアスタイル、メイクに挑戦してきたことで、おのずと「自分に似合うもの」も分かってきますよね。年齢を重ねることで「何をすればきれいに見えるか」といったことは、自然と身についているのです。

さらに、忙しい子育て期の真っただ中で、自分に手間ひまをかけている人がまわりに少ないというのもチャンスです。「きれいな人」のハードルが下がっている今こそ、ほんのちょっとした努力をするだけで、「あの人、いつも雰囲気が良いな」「いつも清潔感がある人だな」といった周囲の評価がえられるでしょう。

すると、外見に対する思い込みや、過去のコンプレックスが自然とあなたの中で浄化されていきます。子どもの人生を利用して生き直さなくても、あなたはあなた自身の人生を生きることができるわけです。

子ども時代と比べれば「きれいな人」の評価を得やすいのが今。ということで、まずは自分の外見をとことん磨いてみてはいかがでしょうか。自分のためにケアをして、自分をきれいにする。そうすることで子どもの外見のことは自然と気にならなくなっていくものだと思います。



(佐藤栄子)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup