どうか、LD(学習障害)のある子には「できる子」として接してあげて下さい。

どうか、LD(学習障害)のある子には「できる子」として接してあげて下さい。

Bu facebook
Bu twitter

テストの点や成績が悪くても、「勉強ができない子」なんかじゃない

小さな頃は、学ぶことが大好きだった長男。1日中飽きもせず、数字のマグネットを眺めて、並べて、会話して、数の法則を発見して、まさに「数字が友だち」状態でした。

イタズラっ子で好奇心も強く、大好きな「機関車トーマス」、「マーク」や「宇宙」の図鑑はボロボロになり、内容を全部覚えてしまいました。

当時の長男は、幼稚園では毎朝登園しぶりをするし、お友だちとはうまくいかないことが多かったけれど、私は「この子は、学ぶことがこんなに大好きなんだから、小学校に行ったらきっと勉強で自信をつけてあげられるハズ」と思っていました。

どうか、LD(学習障害)のある子には「できる子」として接してあげて下さい。の画像

Upload By 楽々かあさん

ところが、そこで待っていた現実はまったく逆。長男の学校の成績は、学年を追うごとに下がっていきました。

宿題の漢字書き取りは泣いて嫌がるし、ノートもロクに取らない。得意なハズの算数だって、九九も覚えられないし、筆算もミスばかり…

あんなに勉強が好きだったのに、なんで!?どうして!?私は長男の白紙回答のテストにも、「がんばりましょう」ばかりの成績表にも、なんだか納得できませんでした。

だって、話してみれば、興味を持ったことには博学で、一つのことをじっくり考え、ユニークな独自の発想ができる長男。私は、彼を「勉強のできない子」だとは、到底思えなかったのです。

そんな中、長男には当時の基準で「アスペルガー症候群」の診断がつき、発達障害があることが分かりました。そして私は、発達障害について知るうちに、長男はADHDとLDの特徴も併せ持っていることにも、気づいていったのです。

そう。長男のテストの点や成績の悪さは、LD(学習障害/学習症)の部分に、原因と理由があったのです。学校の成績が悪いのは、彼の努力不足のせいなどではなかったのです。

そんな長男や、同時代を生きる、同じようなお子さん達の姿を前に、私が切に願うことを、楽々かあさんこと、大場美鈴がお伝えします。

そもそも「LD」って…?

そもそも、「LD」って何でしょうか…?

学習障害とは、全般的な知的発達に遅れがないものの、「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算・推論する」能力のうちいずれかまたは複数のものの習得・使用に著しい困難を示す発達障害のことです。英語ではLearning Disabilityと呼ばれ、LDと略されることも多いです。

https://h-navi.jp/column/article/41どうか、LD(学習障害)のある子には「できる子」として接してあげて下さい。の画像

Upload By 楽々かあさん

実は「LD」の特徴は、身近で誰にでも起こりうる発達の偏りでもあり、「障害」として診断される程ではなくても、LD的な「部分」がある人は、結構な割合でいるようです。

例えば、方向音痴で地図を読むのがなんとなく苦手、人の顔と名前を覚えるのだけは割と時間がかかってしまう、なんていう「局所的な苦手さ」は、思い当たることがある方も多いのではないでしょうか(私もです!)。

LDのある子・方は、そんな「局所的な苦手さ」が、たまたま勉強に必要な、「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算する」「推論する」という分野にあり、スムーズな学習への障害物になっている、ということだと私は理解しています。

そして、LDのうち、特に「読み・書き・計算」に困難さが強く表れている場合、それぞれ「ディスレクシア(読字障害)」「ディスグラフィア(書字障害)」「ディスカリキュア(算数障害)」と更に分類されます。

長男の場合、「ディスグラフィア(書字障害)」の特徴があり、文字を書くことが全般的に苦手で、特に漢字は何回書いても覚えられませんでした。

そのため、筆算で「繰り上がりの小さな字を書く」ことが負担だったり、また、「九九や公式の丸暗記」などに、局所的な苦手さがあるため、得意なハズの算数でも、充分に実力を発揮することができなかったようです。

いくら成績表で「がんばりましょう」と言われても、本人の「努力では乗り越えられない壁」があったのです。

https://www.amazon.co.jp/dp/4265801269/

参考書籍「怠けてなんかない! ディスレクシア~読む書く記憶するのが困難なLDの子どもたち」 品川 裕香 (著)

「その子に合った学び方」ならできる!

どうか、LD(学習障害)のある子には「できる子」として接してあげて下さい。の画像

Upload By 楽々かあさん

でも、局所的な「できないこと・苦手なこと」の説明だけでは、LDのある子の本当の姿を語り尽くすことはできません。

なぜなら、LDがある子は、苦手な部分の発達の凹がある反面、得意な部分の発達の凸だって、同時に育っていることも多いからです。

私は、長男の場合、「漢字をひたすら書いて覚える」「九九を丸暗記する」ための脳の部分にゆくハズの栄養が、み〜んな別のところがぐんぐん育つために使われてしまっているのだ、と思っています。

例えば、長男は四年生の時、47都道府県を漢字で答えるテストは、ほぼ白紙回答でお手上げでしたが、実は「地図パズル」などの立体的な形でなら、目隠しをしても、全ての都道府県名を触って当てられる、という特技があります。

知能検査では「視空間認知」という分野などに強さが見られる長男は、立体を使い、手で触って確かめるという方法なら、俄然分かりやすいのです。

それから、ラーメンを作った時に「かあちゃん、見て!秋田県!!」と、焼きのりで秋田県の形を、何も見ずに正確に表現して見せてくれたこともあります。

こんな長男の学習面の長所は、テストの回答用紙がのりで配布される日がやって来ない限り、学校で陽の目を見ることはないでしょう。

でも、現在は通常学級で学んでいる長男は、家での工夫・サポート・療育あそびを気長に続け、学校と連携して支援や合理的配慮をお願いしてきたことと、本人の自然な成長もあって、ほどほどに黒板を写して、ノートが取れるようになりました。

(ただし、「ノート書くのをがんばってると、先生の話が半分くらいしか分からない」とも言い、iPadで予習しています)

ケタの多い筆算も、自分なりに工夫してできるようになりました。

どうか、LD(学習障害)のある子には「できる子」として接してあげて下さい。の画像

Upload By 楽々かあさん

そして最近は、学校の教科書は一旦脇に置いて、視覚的・体感的な学び方の工夫をしたり、彼の興味関心や理解度、集中力に合わせるなど「長男の学び方に合わせる」ことで、再び小さな頃のように、キラキラした目で「勉強が楽しい!」というようになりました。

LDのある子は、決して「勉強ができない」のではありません。

「その子に合った学び方」なら、できるのです。

たまたま、35-40人が1クラスで一斉一律に行われる、日本の小学校で伝統的な読み・書き・計算中心の授業スタイルが、その子が得意な学び方とは「違う」というだけのことなのです。

そしてLDのある子が、無理をして自ら日本の集団教育のスタイルに合わせようとした結果、心身に大きな負担がかかってしまうように思えます。

そんな中で、LDのある子が通常級の授業や、テストや受験の際に、タブレットやパソコンの持ち込み、代読や代筆、別室受験や、試験時間の延長などの「合理的配慮」をお願いすることを「ズルイ」「不公平」だというのは、私は、視力の弱い人にメガネを使わないように求めるのと同じだと思うのです。

http://www.rakurakumom.com/so/4LeWVNum#/main

参考:楽々かあさんメルマガ「書字まとめ あの長男が、黒板を写し始めました。」

https://www.amazon.co.jp/dp/4265850367/

参考書籍「算数の天才なのに計算ができない男の子のはなし 算数障害を知ってますか?」バーバラ エシャム (著)、品川 裕香 (翻訳)

https://www.amazon.co.jp/dp/B005ZQJ2BW/

くもんの日本地図パズル

苦手なことができるようになっても…

どうか、LD(学習障害)のある子には「できる子」として接してあげて下さい。の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11017003535

そして…LDに気づかれずにいる子も多い中で、親と学校の理解やサポートを得られてきた長男は幸運だと思いますが、それでも決して、これで「メデタシ、メデタシ」ではなかったのです。

長男は今、彼にとっては「字を書くことへの困難さの壁」よりも更に大きな、過去最大の「壁」にぶつかっています。

それは「勉強ができなかった自分」の壁です。

折角勉強をやる気になった彼が、黙々と問題を解いていた手が急に止まり、突然怒り出したり、ネガティブな連想ゲームが止まらなくなったりして、勉強を中断してしまうことがあります。

ずっと、学校の成績が悪くて「勉強のできない子」という印象のまま、小学校5年間を過ごしてきた長男。長男は、空気が読めない体質だし、人の話もあんまり聞いてないので、私は、周りから何か勉強や成績のことで言われても、気にしないほうなのだろうと思っていました。

ところが、そうではなかったんです。

周りからの何気ない言葉や表情の意味を、その時点ではすぐに気づかなかっただけで、ずっと何かが彼の心に引っかかったまま記憶の片隅に保存されて、皮肉なことに、学習面の力が向上してきたことで、ある日突然分かってしまうことが出てきたようなのです。

私が知る限り、長男の周りには、優しい子、温かい先生が多かったと信じています。それでも、小学校5年間の中で定着してしまった「勉強のできない子」という自分のイメージが、今の彼の足かせとなっているのです。

そして、「自分に合った方法なら、できる」ことに気づいた長男は、今までの自分自身にも憤り、一つの小さなミスから、過去のミスや失敗の体験のイメージが、次々と芋づる式に思い出されて、何度もその時のイヤな気持ち、悔しい気持ちを味わい直してしまうのです。

過去の自分に、負けないで欲しい。時間をかけて大事に育ててきた「学びたい」きもちの芽が、つぶれないで欲しい。そう祈るように願っています。

しかし、同時に私は、「家での勉強は楽しい。効率がいい」という長男に、「それでもみんなと同じ学校で、同じように勉強したほうがいい」という、前向きで合理的な理由を、なかなか見つけられずにいます。

世界に目を向けてみれば…

どうか、LD(学習障害)のある子には「できる子」として接してあげて下さい。の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10337001075

一方、世界に目を向けてみれば…

個性を尊重する風土のあるアメリカでは、習熟度別クラス編成や飛び級制度、約200万人の子ども達が学ぶギフテッド・2E(著しい能力の凸凹がある、二重に例外的なタイプの子)教育も含めた特別支援教育プログラムなどがあり、強い個性も「社会的資源」と捉え、大事にされる受け皿があります。

LDに対する理解が深いイギリスでは、「SEN(Special Educational Needs=特別な教育的必要性 )」のある生徒に対して、通常の教室の中で学習アシスタントの方の配置などがあり、個別の教育計画(IEP)を元に、一人ひとりのニーズに合わせた学び方で学んでゆけるバックアップ体制が整っているのだそうです。

また、特別支援教育に限らず、教育先進国と言われるフィンランドでは、1クラス20人以下の少人数のクラス編成、勉強の苦手な子への補修制度、小学校から大学までの学費無料など、得手不得手や親の経済力などで学力の差が出ない「平等」な手厚い教育で、成果を上げているようです。

教育移住先として人気で、「イエナプラン教育」に代表されるオランダなどでは、多国籍な環境の中、ダイバーシティ(多様性)を認め、学校や学習内容に選択肢が多く、学区や学年や教科書の枠に縛られない、自由度の高い教育を行っています。

また、ホームエデュケーション/ホームスクーリングの考え方が普及していて、学校に通学せず家庭を拠点とした学習を行っていくことが、公的に認められている国・地域も多くあります。

https://www.amazon.co.jp/dp/4054041647/

参考書籍「ギフテッド 天才の育て方 (ヒューマンケアブックス)」 杉山登志郎・岡南・小倉正義 (著)

http://www.fashionsnap.com/the-posts/2016-02-13/the-education-of-finland-is-proud-of-worlds-best-scholastic-ability/

TRiPORTマガジン「学力世界一の国"フィンランド"と日本の教育方法の違い」

http://www.futoko.org/kodomo/page1115-240.html

不登校新聞「オランダの教育を知る」

https://www.amazon.co.jp/dp/4903192024/

参考書籍「子どもは家庭でじゅうぶん育つ―不登校、ホームエデュケーションと出会う」東京シューレ (著, 編集)

宝石を捨てないで。30年の過去と未来

どうか、LD(学習障害)のある子には「できる子」として接してあげて下さい。の画像

Upload By 楽々かあさん

こういった状況の中、今の日本の子ども達は、30年前、私が小学生だった頃と同じように、大人数の教室で、一斉に前を向いて座り、教科書の順に添って一律に進められる、読み・書き・計算中心の授業を受け、宿題は相変わらず、音読・漢字書き取り・計算ドリルをしています。

もちろん、この方法の全てが悪い訳ではなく、日本の子ども達は平均的に学力が高く、伝統的な教育方法が「合っている」子も、数多くいるのだと思います。でも、それが「合わない子」だって、もはや「例外的」とは言えない程、一定の割合の人数、通常の教室にいるのです。

私は、うちの小学校の先生方が、毎日夜遅くまで残業しながら頑張っているのを知っているので、親と現場の先生方の努力だけでは「これ以上」に期待できることには限りがあるように思えます。

そして、一律に「みんなと同じように」が強く求められる中では、LDがある子に限らず、個性が強く、人と違った発想ができる子、特定の分野に高い好奇心・探究心が持てる子、自己主張でき行動力がある子ほど、つらい想いをしがちなのではないでしょうか。

以前より、欧米に比べ「30年遅れている」とも言われて来た日本の特別支援教育。

現在「発達障害」などの言葉が広まり、LDのある子を巡る状況は少しずつ良い方向へ進んでいます。また、新しい学習指導要領の普及・実践で期待できる部分も大きいとは思ってはいますが、「もしも」こういった子達への教育の受け皿が整うまで、あと30年もかかるのだとしたら…。

長男は今の私と同じ年齢になっているのです。その時の彼は、どんな人生を送ってきているのでしょう。

本当に学びたいことを、専門の教育機関で学べるチャンスはあったでしょうか。
進学や就職活動で、苦手さや成績表や学歴が、足かせになってはこなかったでしょうか。
温かい日差しの当たる場所で、毎日を楽しんで過ごしているでしょうか。

私は、モノを大事にする文化のあるこの国で、今を生きるLDのある子を始めとする、個性の強い子ども達に、折角の長所を「活かす・伸ばす」支援教育や、ひとりひとりのニーズに合わせ、多様な学び方を受け容れる公的な受け皿が整っていないことは、宝石を捨てるように、モッタイナイことだと思うのです。

そして、子ども達は、日々成長し続けてゆくのを、大人の都合で待ってはくれません。

今スグ誰もができるLD対応…それは「できる子」として接すること

どうか、LD(学習障害)のある子には「できる子」として接してあげて下さい。の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10337001034

それでも、特別な資格も、誰の許可も要らない、今スグ、誰もができる「LD対応」があります。

どうか、LDのある子を、「勉強のできない子」だなんて、決めつけないで下さい。
その子に合った学び方なら、「できる子」なのだと、心から信じてあげて下さい。

見かけ上のテストや成績表では表現しきれない、旺盛な好奇心や探究心、そして「学びたい」気持ちを誰よりも持っているのです。

だから、どうか、お願いです。

LDのある子には、例えテストが何点でも、今から、「できる子」として接してあげて下さい。

http://www.rakurakumom.com/illustration

記事中のイラストの一部は「楽々かあさん公式HP」より、無料ダウンロードできます。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup