娘がいじめを受けていると知ったとき。親は学校とどう関わるべきか

娘がいじめを受けていると知ったとき。親は学校とどう関わるべきか

Bu facebook
Bu twitter

子どもが学校でいじめられている…親として正直な気持ち

娘ががいじめを受けていると知ったとき。親は学校とどう関わるべきかの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10186008131

娘は現在小学校6年生。広汎性発達障害の診断が出ていますが、小1からずっと普通級に在籍し、苦手な授業だけ支援級へ通っています。
これは1年前、娘がいじめに遭っていたときのお話です。

ある日、大好きなおばあちゃんと2人で遊びに行くことがあり、その時にふと「学校でいじめにあっている」と娘が話したのだそうです。

「まさか娘が…!?」

この話を聞いた直後、私は正直信じられませんでした。娘の様子について、妻は「最近元気がなさそう」と言っていましたが、私は異変に全く気付かなかったからです。

これまで娘は、登校を嫌がったり体調が悪くなったりすることもなく、普通に学校に通っていました。驚きつつも、学校でどんなふうにいじめられるのか聞いてみたところ、「お友達から避けられる…」とのことでした。

学校に問い詰めた事実。見えてきたのはいじめの実態だった

娘ががいじめを受けていると知ったとき。親は学校とどう関わるべきかの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10272003021

いじめを知った私は、事実を確かめるために学校に連絡を取りました。

まず私は、娘のことについては何でも連絡して欲しい、と伝えていたので「なぜいじめについて、こちらが問い合わせるまで何も連絡がなかったのか?」と問い詰めました。担任の先生は「すみませんでした」と謝罪していました。

そして、これまでのことを確認すると、以下のような状況がみえてきたのです。

●いじめは夏休み明けから始まっていた(この時点で、約2ヵ月間続いていたことになる)
●学校はいじめを把握していて、学級会を2度開き、クラスで話し合っていた
●最初関わっていた生徒は数人、アンケートを取ると、いじめに実際に関わっていたのはクラスの半数の人数だった
●いじめは、娘に対して「気持ち悪い」と言う、無視する
●話し合いをしたにも関わらず、まだ何の変化もない

学校と同じ方向を向き、整えていったいじめへの態勢

娘ががいじめを受けていると知ったとき。親は学校とどう関わるべきかの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10132104304

起こってしまったことは仕方ありません。
私は担任に、2度も学級会を開いてくれたことについて感謝を伝えました。

いじめがあったのは事実ですが、ただ一方的に学校を攻めるよりも、それまでの学校の対応を評価すべきと考えていました。

こちらも歩み寄りの姿勢を示すことで、学校側も柔軟になり「親と学校が共にいじめに対処していこう」という雰囲気ができたような気がします。

その直後から、約2ケ月ほど学校を休ませました。娘にいじめについて詳しく聞くと、「みんなと話すのが嫌。戻るのが嫌」と言っていました。

また、自宅ではリラックスしてもらいたかったので、できるだけ普段通り接することにしました。

親と学校、双方が建設的になることで出てくるアイデア

娘ががいじめを受けていると知ったとき。親は学校とどう関わるべきかの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10272002543

それからは、月2回ほどのペースで学校側と話し合いを行いました。

学校では校長先生のアイデアで、学年全体にアンケートを取り、いじめを見聞きしたか?どんないじめがあったのか?など、詳細な調査をしてくださいました。

また、「いじめに関わっていたクラスに影響力のある子は、クラス委員にさせるのはどうですか?」と、私から学校側へ対策を提案することもありました。

学校に全てをお任せするのではなく、親も自分の意見をはっきり主張することが大事なのでは?と思います。

しかし、感情的に我を通すのではなく、建設的な姿勢で誰もが納得できる策が提案できると、学校も意見を受け取りやすくなるかもしれません。

アンケートの結果で見えてきた原因。これがきっかけで子どもたちにも変化が

娘ががいじめを受けていると知ったとき。親は学校とどう関わるべきかの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11017003446

その後、アンケートの結果が出てきました。

多かったのが、「授業中、なぜ一部の子たちは支援級に抜けていくのか?」「支援級ってどういう子が行くところかわからない」という回答でした。

このことから私は、「娘だけではなく他の支援級に行っている子は、周りの理解が得られていないのでは?」と校長先生に話しました。

すると校長先生は、「支援級について、支援級の先生から個々のクラスに説明する機会を設けましょう」と言ってくださいました。

説明会の後、児童からは「支援級に行っている子について事情がよくわかった、これからは優しくしようと思う」という声が増えました。

この時点で学校は3学期を迎えていました。いじめが発覚してから約半年です。
娘はまだ、クラスには通えていませんでした。しかし、支援級にだけは通えるようになっていました。

1日に1時間だけ支援級に通い、学校には徐々に馴染めるようにしていきました。
また、当時から仲の良いお友達に協力してもらい、支援級に遊びに来てもらっていました。

その後まもなく春休みとなり、6年生にあがるときにはクラス替えがあったため、このタイミングで通常どおり登校できるようになりました。

いじめを悪にすることは簡単。しかし、理由を探れば解決策も見えてくる

娘ががいじめを受けていると知ったとき。親は学校とどう関わるべきかの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11017016442

あれから1年が過ぎ、娘は元気に学校に通えています。
その後、いじめられている様子はありません

実は、娘をいじめていた子どもたちからは説明会の後、娘あてで手紙や絵をもらっていました。子どもたちには反省の色が窺え、娘に対しての理解も深まったようでした。

この一件で特別仲の良いお友達が増えた訳ではありませんが、それでいいと思っています。娘には、何の問題もなく安心して学校に通える環境があれば、それでいいです。

子どもがいじめに遭っているというのは、親としては衝撃だと思います。相手の子や家庭、学校に対しても憤りを抱く方もいるかと思います。

私自身も、最初の学校の対応には納得がいかず、感情的になりました。
しかしこうした問題は、いじめっ子本人や自分たち親、学校が成長するチャンスでもあると思うのです。

学校との連携では冷静になり、子どもの自己肯定感や自尊心を守るためにも、建設的な話し合いや提案ができるといいですね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup