お留守番で防犯力トレーニング!何歳から始める?何に気を付ける?

お留守番で防犯力トレーニング!何歳から始める?何に気を付ける?

Bu facebook
Bu twitter
子供の留守番は何歳から

子供にお留守番をさせる時期はご家庭の方針によってさまざまですよね。ベネッセの調査によると、はじめて子供だけで留守番させた年齢は小学1年生が最も高いという結果がでました。

両親の仕事の都合など、やむを得ずというケースで子供にお留守番をお願いしないといけないとき、どういうことに気をつければいいのでしょうか?

鍵の持たせ方には要注意!子供に防犯意識を伝えよう

鍵の持たせ方に気をつける

ズボンのポケットに鍵だけをそのまま入れる、というような今にも落としてしまいそうな持たせ方は避けましょう。ベルトにチェーンで鍵をつなぎ、ポケットの内側に入れるなどして紛失してしまわない工夫が必要です。

鍵を人に見られない・見せないようにする

 “鍵を子供が持っている”とわかってしまうことは“子供が一人で家にいる”と知られてしまうことにつながります。くれぐれも鍵は人に見せるものではなく、また見られないようすることも伝えましょう。

先ほど述べたように、チェーンを付ける際にも、できるだけ目立たない位置につけるようにしておくことが必要です。

鍵の大切さを教える

鍵は犯罪から身を守るためにも本当に大事なもので簡単になくしてしまうことがないようによく言い聞かせておくことが大切。ただどんなに気をつけていても落としてしまったということもあるので、失くしてしまった時にどうするかも決めておくと良いですね。

ひもを使って首からぶら下げるのはNG

安心だからとひもを使って鍵を首からぶら下げておくのはやめましょう。遊んでいる時に遊具に引っかかってケガをする恐れや、“鍵を持っていること”を周囲に教えているも同然、とても危険です。

鍵のあけ・しめ方も練習する

普段慣れていない鍵の開け閉めはお留守番の時だけ急にやっても上手くはできないもの。事前にしっかりと子供と一緒に鍵の使い方を確認し練習しておきましょう。もし鍵が上手く開かなかった時の対処法も同時に話し合っておくと子供も安心してお留守番ができますよ。

留守番の約束事を決めておこう!

留守番中、家の中で一人で過ごすことにもいろいろな危険性が潜んでいます。各家庭の事情や子供に合わせて留守番のルールを話し合っておくとよいでしょう。

例えば、

  • 誰かきてもドアを開けない
  • あらかじめ決めた電話以外には出ない
  • 火は使わない
  • 何かあったらママ・パパの携帯に連絡する

などのルールは徹底しましょう。宅配便が来ることもあるかもしれませんが、子供に対応させるのは避けたほうが安全です。

親側でも刃物やライターを手の届かないところに片づけておく、などのことはしておきましょう。

子供の留守番、一体いつからなら大丈夫!?

子供の精神的な発達は人それぞれ違うので、年齢や学年で留守番をさせることを判断すると子供にとっては大きな負担になってしまうことも。

留守番の時になにを、どこまで教えておくかと考える際に、鍵の扱い方というのが1つの大きなステップです。鍵がきちんと扱えないうちは、やっぱりまだ留守番させるには早いといえるでしょう。

鍵の重要さを子供が理解できているか? がポイントで「あれとこれができればもうひとりで留守番できますよ」ということではありません。

留守番は、子供の防犯力をあげる良いトレーニングになりますが、ひとつ間違えると事故や、事件につながることもあります。留守番の危険性はしっかりと認識して、親子で安全に、ゆっくり焦らずに取り組んでいくことが大切です。

お互いに安心できる状態でお留守番にチャレンジしたいですね。

PHOTO/Dean Drobot/Shutterstock 参照/ ベネッセ教育情報サイト「約束事がポイント子どもだけのお留守番」 セコム子供の安全ブログ「【気になる!子どもの防犯特集(3)】子どもに留守番をさせていますか?」 セコム子供の安全ブログ「安全のプロのママと話そう!【6】子供だけでお留守番させるときの注意点について教えて」 セコム子供の安全ブログ「小学生のための「安全な鍵の持たせ方」」

関連コラム

紙の絵本とは違う効果も!?デジタル絵本の魅力とは
10年後、ロボットに仕事を奪われないために!子供に身につけさせたい能力
習わせて後悔!?親が不満を抱えている子供の習い事ランキング
親の期待が子供の学力を伸ばす!?『ピグマリオン効果』を子育てに取り入れよう!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup