2歳の子におすすめ!しつけに役立つ絵本4選

2歳の子におすすめ!しつけに役立つ絵本4選

Bu facebook
Bu twitter

2歳児は、だいぶ運動能力も向上してきて、跳ねたり走ったりできるようになります。自我が芽生えはじめ、そろそろ「イヤイヤ」がはじまる時期かもしれませんね。そんな身も心も大きく成長中の2歳の子におすすめの、しつけに役立つ絵本を4冊、ご紹介します。

基本の生活習慣を学べる『こぐまちゃんおはよう』

 (34465)

 (34466)

タイトル:こぐまちゃんおはよう
著者  :わかやまけん(作)/もりひさし(作)/わだよしおみ(作)
出版社 :こぐま社

1970年に出版された、人気のベストセラー「こぐまちゃんえほん」シリーズ。この『こぐまちゃんおはよう』は、シリーズ15冊中の第1作目になります。
主人公のこぐまちゃんが、朝起きて朝食を食べ、トイレやお風呂に入り、最後には眠りにつく。
こぐまちゃんのお話を通して、「おはよう」から「おやすみ」までの、基本的な生活習慣を楽しく学べる絵本です。
色鮮やかなイラストとシンプルな繰り返しの文章で、お子さまを無理なく物語の世界へと誘ってくれることでしょう。

『ありがとう』の大切さを学ぶ絵本

 (34469)

タイトル:ありがとう
著者  :いもとようこ(作・絵)
出版社 :岩崎書店

主人公の猫の「にゃんた」くんは、田舎から遊びにきたおばあちゃんにお土産のクッキーをもらいましたが、正直なところあまり嬉しくありませんでした。「ありがとう」とは言ったものの、その言葉にはまったく心がこもっていなくて……。

にゃんたくんとおばあちゃんの触れ合いを通して、「本当のありがとう」の大切さを教えてくれる絵本です。
イラストは、かわいらしい画風で人気の絵本作家のいもとようこさん。
可愛らしい動物が主人公の物語に、子どもたちも楽しく物語に入っていけることでしょう。
「ありがとう」という、素晴らしい言葉の意味を、ぜひお子さまに教えてあげてくださいね。

歯みがきが楽しくなる絵本『はみがきしようね』

 (34472)

タイトル:はみがきしようね(はじめてのしつけ絵本)
著者  :さくらともこ(作)/宮尾怜衣(絵)
出版社 :小学館

リズムの良い歌うような文章と、可愛いキャラクターのイラストで、子どもが楽しく歯みがきができるようにと作られたしつけの絵本です。
歯みがきを嫌がるようなときは、サッとこの絵本を取り出して、歯ブラシを片手に楽しく読み聞かせてみませんか?
何事も「楽しいこと」が上達への近道です。最後はママも絵本の文章を口ずさみながら仕上げみがきをしてみましょう。

親子で楽しく歯みがきができる、そんなお役立ちの一冊です。

ユニークなトイレキャラが楽しい『おトイレさん』

 (34475)

タイトル:おトイレさん
著者  :きたがわ めぐみ(作)
出版社 :教育画劇

主人公はおトイレさん。おトイレさんは、子どもたちがトイレを上手に使ってくれると、思わずダジャレをもらす、ちょっと変わったトイレキャラクター。
子どもたちも物語に入っていくうちに、きっとおトイレさんの魅力にはまることでしょう。
可愛らしい声でおトイレさんのダジャレを真似してくれるかもしれませんね。

トイレトレーニングにはあせりは禁物です。
ときには絵本の力を借りて、楽しくトイレチャレンジしてみましょう。
トイレトレーニングをはじめようとしている方や、すでにチャレンジ中の方におすすめの一冊です。

基本的な生活習慣を身に着けるために絵本を活用しよう

朝起きたら「おはよう」。ご飯を食べたら歯みがきをする。言葉で言ってもなかなか身につかないことも、絵本を読みながら「楽しく」理解することで、自然と実行できるようになっていくものです。子どもに身につけさせたい基本的な生活習慣を、絵本を活用して楽しく学んでみてはいかがでしょう。

元のページを表示 ≫

関連する記事

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup