いつも時間に追われている人は「月曜日の朝」の過ごし方が最悪だった。

いつも時間に追われている人は「月曜日の朝」の過ごし方が最悪だった。

Bu facebook
Bu twitter

「嫌いな曜日は?」と聞かれたら、きっと多くの人が「月曜日」を思い浮かべるはずです

総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティングによる『曜日に関する調査』で、1,000人のビジネスマンに同じ質問をしたところ、なんと69.5%もの人が、嫌いな曜日として「月曜日」と答えています。火曜日が21.9%、水曜日が16.4%と続いていますから、圧倒的な数字です。理由として挙がったのは「また今週も働かなければならないと思うから」「やる気が出ない」「忙しい」など。思い当たる人も多いことでしょう。

1週間の始まりである月曜日に “スタートの仕方” を失敗してしまうと、週の終わりに近づくほどに忙しさが増したり、残業を余儀なくされたりします。いつも時間に追われていると感じている人は、もしかしたら「月曜日の朝」の過ごし方に問題があるのかもしれませんよ。4つのNG例とともに、その改善方法をご紹介しましょう。

「月曜日を “二度寝” からスタート」はNG

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup