職場活性につながる? パパママの職場を体験するファミリーデーを関西支社で開催

職場活性につながる? パパママの職場を体験するファミリーデーを関西支社で開催

2018年12月10日公開

Bu facebook
Bu twitter
クレディセゾン関西支社では、「働きやすい職場環境をつくる」というスローガンのもと、社員の声をもとにさまざまな取り組みをしています。今回、職場体験の実施希望の声が多くあり、関西支社で初めてファミリーデーを開催しました。

文:坂田 陽亮(CHIENOWA)
関西支社で初めてのファミリーデーを開催
私が所属している関西支社では、「家族に自分がどんな場所で、どんな仕事をしているのかよく伝えられてない」「子どもにクレジットカード会社で働いている。と話しても理解してもらえない」など、会社と家庭の距離がとても遠いものになってしまっている。と声があがりました。

そこで、パパとママがどんな場所で、どんな人たちと、どんな仕事をしているかを、子どもたちに実際に見て感じてもらおうと「関西支社ファミリーデー」を実施することにしました。
子どもたちの笑顔に社員も活力をもらい、職場活性につながる!
当日は2歳から12歳までの親子15組38名が参加。まずは、働いている会社のことを知ってもらうため、一緒に働いている社員の人数や当社から発行しているクレジットカードについて説明しました。当社から発行しているクレジットカードの一例として「JAPANカードセゾン」を挙げたところ、サッカー日本代表のロゴがデザインされているカードがかっこいいと、子どもたちからとても良い反応があり嬉しかったです。クレジットカードの仕組みの説明では、まだ小学校にあがっていない子どもには少し難しそうでしたが、みんな集中して説明を聞いてくれました。

オリエンテーションでは、まだまだ緊張が解けていない様子(筆者が司会を担当)
続いては、初めての名刺交換体験です。事前におうちで作ってきてもらった自作の名刺を準備して、まずはひとりずつパパとママの上司、同僚と名刺交換をしてもらいました。それまで、お友達や親と楽しそうに話していた子どもたちは、自分の順番が来ると一転、緊張した面持ちで、初めての名刺交換に臨みました。たくさんの人たちに見られながらも初めての名刺交換を終え、子どもたちもホッと一安心したようです。

受け入れ側の社員も、普段、大人しかいないオフィスに子どもたちが来たことで、いつもとは違った穏やかな空気につつまれ、自然と笑みがこぼれます。

みんなに見守られながら、初めての名刺交換
世界に1枚だけのクレジットカード!? カード作成体験に挑戦
続いては、カード台紙に思い思いのデコレーションをして、クレジットカードに見立てたオリジナルのカード作りです。子どもたちはお絵かきをしたり、持参したシールを貼り付けたりと、とても楽しそうに作っていました。

コドモカード作成中の子どもたち。みんな真剣です。(左)
出来上がったコドモカード(右)
そして最後は、子どもたちが作ったオリジナルカードを使って、電子決済(電子マネー)の利用体験です。本来は電子マネーをチャージしたICカードでないと決済はできませんが、今回は子どもたちに電子決済を疑似体験してもらうため、電子マネーをチャージしたICカードに、子どもが作ったオリジナルカードを重ねて体験しました。

「ピッ」と音が鳴っただけで商品が買えてしまうことに、子どもたちは少し呆気にとられたようです。次世代を担う子どもたちに、電子決済の利便性を少し早めに体験してもらいました。

初めての電子決済にドキドキ
参加してくれた親からは、「いつか職場を子どもに見せてあげたいと思っていたから、すごく良い機会だった」「いつも働いている職場で子どもが楽しそうにしているのを見て嬉しかった」「受け入れてくれた社員のみなさんが、とても温かく迎えてくれて、ありがとうございました」などたくさんの感想をもらい、子どもたちからは「大きくなったら、お父さんやお母さんの会社で働きたい」「また明日も行きたい」など本当に嬉しいコメントをもらいました。

参加した親や子どもからだけでなく、一緒に働いている社員からも「普段見ることのできないパパやママの一面を見ることで、今まで以上に身近に感じることができた」「子育ての大変さを実感した」と、相互理解が深まるきっかけとなりました。

今回、パパやママからの声でファミリーデーの開催を実現しましたが、実際にやってみると、親子の関係だけでなく、一緒に働く仲間をもっとよく知ることができ、本当にやってよかったと実感できました。今後も「働きやすい職場環境をつくる」というスローガンのもと、関西支社一同で良い職場作りをしていきたいと思います。

プロフィール

坂田 陽亮(さかた ようすけ)
株式会社クレディセゾン 関西支社所属。2015年入社の4年目。

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup