牛丼の付け合せはこれで決まり!おすすめの献立7提案

牛丼の付け合せはこれで決まり!おすすめの献立7提案

Bu facebook
Bu twitter
和食ファストフードとして人気の牛丼は、お家でも手軽に作れる人気メニュー。牛丼だけだと手抜きに見えがちですが、付け合わせを工夫することでゴージャスな献立が作れます。今回は、牛丼と相性ピッタリの、副菜や汁物などのおかずをご紹介!

一杯でボリューム満点の「牛丼」は、ランチやディナーに大活躍の料理ですよね。短時間で簡単に作れるのが魅力ですが、牛丼だけだと手抜き料理に見えてしまいがち。そこで今回は、メインの牛丼をより豪華に引き立ててくれる、おすすめのおかずたちを集めました。

そもそも献立の基本は、一汁三菜の5品。主食のご飯に、主菜、副菜2品、汁物を作ります。牛丼を作る場合はご飯と主菜が丼のひとつにまとまっているので、副菜2品、汁物を合わせると、しっかりとバランスのとれた献立に仕上がりますよ。

牛丼に合うおかずの基準

食べ応えのある牛肉に、濃い目の味付けが特徴の牛丼。食べたらそれだけで満足してしまった!ということがないように、箸休めに食べたくなるような、さっぱりとしたおかずを取り入れましょう。また、通常牛丼には玉ねぎしか使われないので、野菜をたくさん取り入れたおかずもおすすめです。

それではさっそく、栄養バランス重視、時短重視、節約重視など、シーンによって使い分けしたいタイプ別の献立たちをチェックしていきましょう!

栄養バランスのとれた牛丼献立

お肉とご飯メインの牛丼だからこそ、付け合わせには栄養バランスのとれたものを選びたいですよね。自分自身はもちろん、家族の健康を考える上でも、栄養バランスを重視するのはとても大切です。夜ご飯用の献立に、ぜひ取り入れてみてください。

1. たたきゴボウ

食物繊維たっぷりの、ごぼうを使ったおかずです。白ゴマをフライパンで炒ってからすることで、驚くほど香り豊かな仕上がりに。献立を考える上で、なるべく違う食感のおかずを組み合わせるのもポイントとして覚えておきましょう。

2. 小松菜とお湯葉さんの炊いたん

栄養価の高い緑黄色野菜として知られている、小松菜を使った煮浸しです。牛丼の味を邪魔しないように、薄口しょうゆとだし汁で上品な味付けに。小松菜以外にも、春菊、湯葉、油揚げなどが入っています。

歯ごたえのあるたたきゴボウ、柔らかな煮浸し、ジューシーな牛丼の、程よいバランスを味わってみてくださいね。

3. ふんわり卵のトマトスープ

副菜と味がかぶらず、栄養もたっぷりなトマトスープ。トマトといえば、有名なのがリコピンですよね。女性にとって嬉しい栄養素です。

サッパリとしているので、牛丼との相性もピッタリ!溶き卵をあわせることで酸味が和らぐので、トマトが苦手な方でも食べやすい味付けになっています。

10分以内!ちょっぱやでできる牛丼献立

ササッと作れる牛丼なので、付け合わせも時短レシピで合わせませんか?ひとつのレシピが10分以内ではなく、なんと3品合わせて10分以内で作れる驚きの副菜たちをご紹介します。パパっと作りたいランチや、忙しい日の夜ご飯などに必見です。

1. 水菜とツナのサラダ

キャベツやレタスは水にさらしたり、手でちぎったりとした処理に時間がかかりますが、水菜はさっと洗ったあと、食べやすいサイズに刻むだけでOK!

薄切りにした玉ねぎと油を切ったツナを和えて、レモン、塩、ブラックペッパーだけのシンプルな味付けでいただきます。ツナから旨みがでるので、見た目よりも奥深い味が楽しめますよ。

2. クリームチーズ昆布和え

クリームチーズと塩昆布を和えるだけの超簡単レシピですが、手抜き料理とは思えないほどおしゃれな味に仕上がります。調理時間は、なんとたった1分ほど!

一見組み合わせの悪そうな和と洋の2つの食材ですが、レストランで出てくるような絶品の味になりますよ。ワインやビールともよく合うので、即席おつまみとしても活用できます。

3. 柚子胡椒入り味噌汁

味噌、だしの素、乾燥のみそ汁の具を器に入れ、熱湯を注げばあっという間にできあがり。汁物は時間をかけないと作れないイメージがありますが、こちらのレシピなら1分もあれば作ることができます。

ワンランク上の味に仕上げるために、柚子胡椒を加えるのがポイント!ポットに入れたお湯があれば、火を使わずに作れるのも魅力です。
▼牛丼もパパッと作りましょう!

極限まで安く。節約できる牛丼献立

スーパーの特売で牛肉が安く手に入った!そんな日は、低価格の食材で作れる副菜を合わせて、節約の献立を作りましょう。安くたって見た目や味には一切妥協なしの、魅力的なレシピたちをご紹介します。牛丼以外の献立にも応用できちゃいます。

1. ちくわの大葉和え

ちくわの大葉和えは、節約だけでなく時短でも作れるひと品なので、弁当のおかずにもおすすめです。斜め切りにしたちくわを、刻んだ大葉、白ごまと混ぜて、醤油、砂糖、ごま油を和えてできあがり!

お家に常備してある定番の調味料を使うので、スーパーではちくわと大葉を買ってくればOKです。大葉の風味の効いた、さっぱりとした味わいに仕上がります。

2. もやしのナムル

低価格で買える食材といえば、もやしが定番ですよね。安いものなら1袋50円以下で買えるコストの低さとは裏腹に、ビタミンCや食物繊維などの栄養素が豊富で、コストパフォーマンスは抜群なんですよ。

そんなもやしは、ピーマンやにんじんなど冷蔵庫にあるお好きな野菜と合わせて、ナムルにアレンジ!火は使わず、レンジだけで簡単に作ることができます。

3. たまごワカメスープ

副菜で野菜も使い果たしてしまった!そんなときでも、乾燥ワカメと卵があれば、ほっこりおいしい中華スープが作れます。卵がなければ、ワカメのみで作ってもGood◎ ボリュームをアップさせたいときは、豆腐やキノコ、お好きな野菜をプラスして作ってみてください。

ボリューム重視の牛丼献立

お腹ぺこぺこの日には、食べ応えのある献立を!食べ盛りの子どもや男性でも満足できる、ボリューミーなおかずたちをご紹介します。メインには牛丼を作るので、お肉を使わなくても満腹感が味わえる副菜を選びましょう。

1. ナスアボカドグラタン

アボカドとナスのみで作る、肉なしグラタンです。森のバターとも呼ばれるクリーミーなアボカドと、口の中でトロっと溶けるジューシーなナスが絶品なんですよ。

グラタンというと作るのが大変そうですが、ひと口サイズにカットしたアボカドとナスに、オリーブ油、ピザ用チーズ、塩コショウをかけてオーブンで焼くだけととっても簡単!野菜しか使っていないとは思えないボリューム感です。

2. 厚揚げのエビマヨ焼き

干しエビを味噌マヨと混ぜて厚揚げに塗ったら、トースターでチンして完成!エビの香ばしい香りが口の中に広がり、まるでステーキを食べているかのようなジューシーな食感が楽しめます。

ボリュームばかりを重視するとカロリーが気になりますが、こちらのレシピは厚揚げをベースに作るので、ヘルシーなのも魅力です。

3. 鶏団子のみぞれスープ

お肉を使ったスープなら、メインの牛丼を邪魔せずボリューム感がアップ!市販の鶏団子を中華スープの中に入れるだけなので、手間をかけずにこだわりのスープが作れます。

水溶き片栗粉でトロミをつけると温度が冷めにくくなるので、寒い冬や、体を温めたいときにピッタリ。時間に余裕がある方は、鶏団子を手作りしても良いですね。

残させない!子供に人気の牛丼献立

ひとつの料理に集中しやすい子供は、副菜を食べずに丼だけを完食してしまうことがありますよね。そんな好きなものばかりを食べちゃう子供でも、喜んで食べてくれそうな副菜レシピを作りましょう。思わず手を伸ばしたくなる色合いや味を、意識して取り入れましょう。

1. ブロッコリーとパスタのサラダ

お子様ランチと言えばカラフルな色合いが多いように、子供が目を引くおかずを作るには、色合いがとっても大切。

ハム、ゆで卵、ブロッコリーでカラフルに仕上げたパスタサラダは、野菜嫌いの子供に食べさせたいときにもおすすめです。ドレッシングを使わずマヨネーズとレモン汁で和えるだけなので、とっても簡単に作れます。

2. 里芋の明太バターがけ

電子レンジで柔らかくした里芋に、明太バターをのせればできあがり。やわらかな歯ごたえで食べやすいですし、濃厚な明太バターで子供が大好きなクリーミーな味に仕上がります。

塩や砂糖などは一切使わず、使う材料は里芋、明太子、バターの3つのみ!子供から大人まで一緒に楽しめるのが嬉しいですね。

3. ベーコンのスープ

野菜しか使わないスープは子供が避けてしまいやすいので、ベーコンを加えて魅力的に仕上げます。見た目をポップにするために、コーン、にんじん、グリーンピースなどを使うのもおすすめ!

ベーコンと玉ねぎを炒めてから使うことで、旨みがスープに溶けこみ、味わい深くなりますよ。

牛丼弁当に入れたいおかずレシピ

冷めてもおいしい牛丼は、お弁当にも大人気◎ 一面に牛丼を敷き詰めると茶色だらけで味気なく見えてしまうので、おかずには彩りの豊かなものをチョイスしましょう。テンションの上がる豪華な牛丼弁当は、遠足や試験前など、特別な日に作ってみてはいかがでしょうか。

1. 大根とカニカマのサラダ

時間が経つとしんなりとしてしまうグリーンサラダはお弁当に向きませんが、栄養バランスを考えて野菜を使った副菜を作りたいですよね。

そんなときにピッタリなのが、大根とカニカマのサラダです。塩水につけてからしぼった大根は、時間がたっても水っぽくならず、シャキシャキの歯ごたえをキープ。カニカマとコーンでカラフルにするのがコツです。

2. アボカドのチーズグラタン

アルミカップで作れるアボカドのミニグラタンは、お弁当にピッタリのひと品。加熱しなくても食べられるアボカドは、チーズをのせたあとにトースターで焼き色がつくまで温めれば完成です。

限られた時間でお弁当のおかずを作るのは大変ですが、こちらのレシピは忙しい朝でも簡単に作れるのが魅力的!

3. ヒラヒラニンジンの甘辛煮

薄くスライスしたにんじんを、醤油と砂糖で甘辛く煮たおかずです。牛丼にはよく紅生姜がトッピングされますが、色合いが豊かになるように視覚的な効果を狙っているといわれています。

鮮やかなオレンジのにんじんを使えば、紅生姜代わりのアクセントに◎ スライサーのみでカットできるので、包丁いらずで作れます。

「あと一品」でいい人に捧ぐサイドメニュー

一汁三菜は大変けど、せめて一品だけでも付け足したいなら、こちらがおすすめ◎ 味、見た目、手軽さに重点をおいた、一品でもバランスよく仕上がるおすすめの3品をご紹介します。たった一品でも、作るのと作らないのとでは大違い!せっかく牛丼を作るなら、ひと手間かけてワンランクアップを目指しましょう。

1. ブロッコリーのみぞれ和え

熱湯で茹でたブロッコリーに、醤油で煮たキノコと大根おろしをトッピングすればできあがり。このひと皿で、サラダと煮物の両方を楽しむことができちゃいます。

コッテリな牛丼に合わせて、柑橘系の果汁を加えた、酸味のある味付けをチョイス!えのき、椎茸、しめじ、舞茸など、お好きなキノコで作ってみてくださいね。

2. ピーマンとベーコンのソテーマリネ

牛丼が引き立つような、カラフルな副菜をサイドに添えて。赤と緑のピーマンやベーコンを具に使い、ボリューム感も抜群なんですよ。

見た目は洋食のように見えますが、ポン酢を使って和風の味付けに仕上げています。具材を炒めたあとに、マリネして味を染み込ませるのがコツ!

3. ほうれん草のゴマ和え

とにかく簡単にあと一品作りたいという方は、ほうれん草のゴマ和えがおすすめです。熱湯でさっと茹でたあと、砂糖、醤油、酒と合わせるだけで完成!

ほうれん草には栄養がたっぷりありますし、牛丼の横にちょっとした小鉢があるだけで、心を込めて作ったような温かみが演出できます。

牛丼の日の献立、もう迷わない!

時短、節約、お弁当など、シーンによって使い分けできる7種の献立たちをご紹介しました。牛丼をメインにした組み合わせですが、天丼や親子丼などその他の丼や、味の濃い料理をメインに作るときにも応用できますよ。

メイン料理は決まっていても、主婦にとって頭を悩ますのが献立。相性の良い副菜や汁物を選ぶことで、牛丼の味をより引き立てることができます。ご紹介したレシピを参考に、ぜひ作ってみてくださいね。
▼あらかじめ作っておけば簡単◎
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup