イタリアの教育法『レッジョ・エミリア・アプローチ』に学ぶ、子供の自主性と感性の伸ばし方

イタリアの教育法『レッジョ・エミリア・アプローチ』に学ぶ、子供の自主性と感性の伸ばし方

Bu facebook
Bu twitter
レッジョ・エミリア・アプローチ

近年教育者の間で注目されている教育法、『レッジョ・エミリア・アプローチ』をご存知でしょうか? 日本でもこの教育法を取り入れた園や学校が増えてきていて、家庭でも取り入れられやすいのが特徴なんです!

今回は、世界中で注目を集める『レッジョ・エミリア・アプローチ』の教育法をご紹介します。

“個”を活かす教育法『レッジョ・エミリア・アプローチ』とは?

レッジョ・エミリア・アプローチは、イタリアの地方都市であるレッジョ・エミリア市発祥の幼児教育実践法です。個々の意思を大切にしながら、子どもの表現力やコミュニケーション能力、探究心、考える力などを養うことを目的としています。

1991年には『世界で最も優れた学校10選』に選出されたことで、この街の教育法が世界中の教育者に注目されるようになりました。

それではこの教育法の特徴について、くわしく見ていきましょう。

自主的で感性豊かな子供を育む3つの特徴

レッジョ・エミリア・アプローチには次の3つの特徴があります。

自主性を養う『プロジェクト活動』で子供の自主性を高める

レッジョ・エミリア・アプローチには、子供たち・保育士・保護者が一緒になって1つのテーマを掘り下げる『プロジェクト活動』という取り組みがあります。

例えば、展覧会で「何を作るのか」「個々に作るのか、みんなで一緒に作るのか」などは保育者が決めるのではなく、保育士と子供たちが意見を出し合い、対等に話し合いながら進めていきます。

『アトリエ』のある環境で創造性を育む

イタリアのレッジョ・エミリアでは、プロの芸術に触れる機会を多く与え、子供たちがいつでも自由に創作活動ができる“共同広場”が用意されています。

『ピッツァ』や『アトリエ』などと呼ばれる共同広場では、自然の枝や小石、本格的なドラムセットやパソコンなどさまざまな教材が用意されていて、いつでも自由な発想で創造的な活動ができるようになっています。

記録を活かす『ドキュメンテーション』で学びを活かす

子供たちや保育士の会話や活動の様子をメモや録音、写真、動画などに記録し、みんなが目にする場所に掲示する、『ドキュメンテーション』という取り組みがあります。

作ったものや書いたものを全て掲示板に張り出すことで、子供たち自身で次の学びに活かす“振り返り”ができるようになっています。

レッジョ・エミリア・アプローチで重視されているのは、教育者と保護者と子供とが対等な関係にあること。全ての活動において“大人が教える”のではなく“一緒に参加する”ようにすることで、子供の個性が尊重され、自信をもって意見を言える、感性豊かな子供が育つそうです。

参考にしたい!創造性を育む遊びのアイデア

レッジョ・エミリア・アプローチでは、次のような創造性を育む活動をしているようです。どれも家庭の中でも実践できそうなものばかり。日常生活の中で、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

果物や野菜の変化を学ぶ

オレンジやかぼちゃなどさまざまな野菜や果物の朽ちていく過程を観察し、創造性を育みます。朽ちていく過程で見られる色や形の変化はさまざま。

例えば「オレンジは何色?」という質問に対して「オレンジ色」という答えでだけでなく「緑色」などもさまざまな答えが出てきます。100人いれば100通りの捉え方があるということですね。

光や影の変化を楽しむ

漫画を手描きするときに使われるライトテーブルや、オーバーヘッドプロジェクターを使い、プラスティック片などを配置したり、重ね合わせたりすることで、光や影、色の変化を楽しみます。それを見て子供たちがいろいろなストーリーを考え、創造力を身につけます。

廃材からおもちゃを作る

布や糸、木片やビーズなどを自由に使って、自分の好みのおもちゃを作ります。「今日は○○を作りましょう」と指定されて作るのではなく自分が何を作りたいのか、何を使って作るのか考える力を身につけます。

レッジョ・エミリア・アプローチ、いかがでしたか? ご家庭でも取り入れられるヒントがあったのではないでしょうか。もちろんこれらの活動の過程では、上で紹介したような “意見を出し合う”、“尊重する”といった『プロジェクト活動』や、活動の様子を記録して振り返りを行う『ドキュメンテーション』の取り組みも、ぜひ取り入れてみてくださいね。

自分で考え行動する力を身に付けることは、これからの社会でとても大切なことですよね。ぜひこのレッジョ・エミリア・アプローチの教育理念を参考にしてご、家庭でも“個”を尊重する教育を実践してみてください。

PHOTO/Olga1818/Shutterstock 参考/ 保育士のお仕事レポート「今話題!レッジョ・エミリア・アプローチの”個”を活かす用事教育法 Chiik!「日本と違う!レッジョエミリア教育のココがすごい!」 経済プレミア「「100人100色」を徹底するイタリア幼児教育」

関連コラム

3歳までにたくさんの『色』に触れよう!子供の色彩感覚の伸ばし方
子供の幸福度No.1!オランダ発祥『ピラミッドメソッド』で子供の自主性を育てよう!
子供の自主性を引き出す『かきくけこの法則』とは?
人の気持ちがわからない?便利なスマホに潜む罠!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup