料理女子なら知っている? 野菜・果物別、正しい保存方法

料理女子なら知っている? 野菜・果物別、正しい保存方法

Bu facebook
Bu twitter
使おうと思って冷蔵庫から出した野菜がしなびていてガッカリ……なんていう経験はありませんか? 野菜を腐らせず最後まで使いきれば、それだけで随分と節約にもなりますよね。そこで今回は、新鮮さを保ち、長持ちさせる野菜・果物の保存方法を紹介します。

■【トマト】
完熟のトマトは冷やしすぎると味が落ちてしまうので、冷やしすぎないようポリ袋などに入れて冷蔵庫へ。トマト同士が詰まって当たると、そこから傷みやすくなってしまうため、重ならないように置きます。まだ固く熟していないトマトは、常温の日の当たる場所で追熟させることもできます。

■【キュウリ】
乾燥にも水分にも弱いため、水気をふき取ってから新聞紙やキッチンペーパーなどに包んでポリ袋などに入れて、密閉せずに冷蔵庫へ。ヘタの部分を上にして置くと、より長持ちします。冷やしすぎると苦味が出るので注意しましょう。

■【キャベツ】
芯の部分から傷むので、芯をくり抜き、濡らしたキッチンペーパーなどを詰めて、ポリ袋などに入れて芯の部分を下にして冷蔵庫で保存します。切断面が多いと呼吸が増えて、味や栄養価が落ちてしまうため、外側の葉からはがして使っていくのが鮮度を保つコツです。

■【レタス】
芯の部分に湿らせたキッチンペーパーなどを当て、新聞紙に包んでからポリ袋などに入れて、冷蔵庫へ。新聞紙の代わりに、外側の葉を捨てずに使うと、より鮮度が保てます。とはいえ、日がたつと風味も落ちるので、早めに使い切るようにしましょう。

■【白菜】
冬場の旬のころなら、カットされていなければ新聞紙などに包んで、日の当たらない風通しの良い涼しい場所に、葉先を上にして立てて置いておくだけで結構長持ちします。使う時は、使う分だけ外側の葉からはがしていくこと。カットされたものは、鮮度が落ちやすく傷みやすいので、ラップにきっちりと包んで冷蔵庫で保存し、数日で使い切るようにします。

■【大根】
葉を付けたままで保存すると、葉に水分や栄養がとられて早くしなびてしまうので、買ったらすぐに葉を切ります。乾燥に弱いため、濡れた新聞紙に包むかラップで包んで冷蔵庫で保存します。

■【人参】
水気に弱いので、水滴がついたままビニール袋に入れておくのはNG。水分を拭き取って、新聞紙やキッチンペーパーで包んで、冷蔵庫で保存します。できれば、茎の部分を上にして立てるとよいでしょう。

■【ホウレンソウ】
乾燥させないよう、濡れた新聞紙やキッチンペーパーなどに包んでポリ袋で密閉し、葉先を上に立てて冷蔵庫に保存します。

■【しいたけ】
冷蔵庫の野菜室は湿度が高めですが、しいたけは湿気に弱いので、新聞紙やキッチンペーパーなどに包んでから、ポリ袋やラップでしっかり密封して保存しましょう。ポイントは、石づきが上になる状態で置いておくことです。

■【桃】
基本的には常温で保存します。冷やしすぎると甘味が落ちるので、食べる2~3時間前に冷蔵庫へ。まだ熟していない桃は、新聞紙などにそっと包み、風通しのよい場所で数日置くと柔らかい桃になります。

■【リンゴ】
水分の蒸発を防ぐため、ポリ袋に密封して冷蔵庫か、風通しのいい冷暗所で保存します。リンゴは冷やすと甘味が増すそうです。また、成長ホルモンのエチレンを出すので、ほかの果物や野菜と一緒に置いておくと、ほかの野菜・果物が早く傷んでしまうので注意が必要です。

■【ミカン】
風通しがよく、3~8度の涼しい場所での保存がベスト。箱の場合は、ふたを開けたままにしておき、腐ったミカンはすぐに取り除きます。傷みやすい下にあるものから食べるようにしましょう。

本文中には冷蔵庫としか書いていませんが、基本は野菜は野菜室(普通の冷蔵室より温度も湿度も高め)、です。玉ねぎ、ジャガイモ、サツマイモ、サトイモなどは、涼しくて風通しがよく日の当たらない「冷暗所」で保存するのは何となく分かっているものの、「冷やしすぎ」がダメな野菜・果物も多いのですね。その野菜・果物に合った保存方法で、おいしく長持ちさせましょう。

文●坂本 佑

関連リンク
汚部屋がスッキリ部屋に変わる! 簡単お片付けの新ステップ
女性の一人暮らしでも安心して住めるお部屋を探そう
残りものの野菜を再利用? お家で簡単プチガーデニング
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP