簡単!アイロンいらずの「制服」の洗い方

簡単!アイロンいらずの「制服」の洗い方

Bu facebook
Bu twitter

簡単!アイロンいらずの「制服」の洗い方

LION お洗濯マイスター

山縣 義文やまがた よしふみ

簡単!アイロンいらずの「制服」の洗い方

「制服」のお洗濯は「時間がかかる」「型くずれする」と思っていませんか?

ライオンが行った調査によると、「時間がない」「型くずれが心配」「洗い方がわからない」などの理由で、制服をクリーニングに出している家庭が多いことがわかりました。

制服の洗濯は「普段の洗濯物」と同じ程度の時間でできる

「時間がかかりそう」などの先入観がある制服の洗濯ですが、洗濯機のコースなどに気を付けるだけで、普段の洗濯物と洗い方や時間は変わりません。最近の制服はひと昔前とは違い、形状記憶に優れているので、型くずれの心配もありません。
手のかからない洗濯物なので、制服は月1回程度のお洗濯をおすすめします。
今回は、1回のお洗濯で汚れがすっきり落ちて、型くずれも直っている様子をご紹介します。

<制服(上着)の洗濯前・洗濯後の変化>
汚れて白っぽく見えていた上着は、脱水後には本来の黒の色がさえて、シワや型くずれもさほどありませんでした。この程度のシワや型くずれは、干し方を工夫することで簡単に取り除くことができます。

洗濯前
脱水直後

<制服(スカート)の洗濯前・洗濯後の変化>
スカートは「洗濯前」には横に広がっていたプリーツラインがくっきりキレイによみがえり、横の広がりも消えました。

洗濯前
洗濯後

「制服」のお洗濯のポイント

お洗濯を始める前にポイントを整理しておきましょう。「制服」のお洗濯のポイントは、次の4つです。

1.汚れのつきやすい部分は前処理
2.洗濯ネットに入れる
3.洗濯機のドライコースなどでやさしく洗う
4.脱水後は形を整えて干す

制服を「洗う前」に

それでは制服を洗う手順についてご紹介します。

まずは洗濯機に入れる前の準備についてです。

1. 洗濯表示を確認する

裏面についている洗濯表示をチェックして、家庭で洗えるかどうかを確認します。
※洗濯表示は2016年12月1日に改定されました。

洗濯表示を確認
新・洗濯表示に「洗濯おけ」や「手洗い」の記号がついている場合は、家庭で洗えます。従来の絵表示に「洗濯機」マークや「手洗い」マークがついている場合は、家庭で洗えます。
新・洗濯表示や従来の絵表示に「洗濯おけに×」がついている場合は、家庭で洗えません。

洗濯表示に関する詳しい情報は、こちらをご覧ください。
難しくない!新しい洗濯表示(洗濯マーク)を覚えて上手にお洗濯

2. 洗剤を選ぶ

洗濯表示だけでなく、タグの注意書きも確認して、適切な洗剤を選びます。

なお、洗剤の中には漂白剤入りのものがありますが、下記の記号(漂白処理ができない)がついている場合には、「漂白剤入りの洗剤」は使用できません。

洗剤は色あせや型くずれを防ぐ、おしゃれ着用洗剤(アクロン)がおすすめです。

3. 汚れのつきやすいエリ・袖・裾には「前処理」を!

制服は黒っぽくて汚れが目立ちにくいものが多いのですが、着用し続けていると、エリには汗や皮脂汚れ、袖口にはそれに加えて鉛筆汚れなどが、また、ズボンの裾には泥はねがつくなど、汚れているものです。汚れがつきやすい部分には、汚れに適した部分洗い剤をつけて「前処理」をしておくようにします。

汚れによって、以下の部分洗い剤の種類を使い分けることがおすすめです。

部分洗い剤の種類

1. エリや袖口の汚れ ⇒「エリそで用」の部分洗い洗剤、もしくは液体の一般衣料用洗剤
2. ドロ、鉛筆の芯汚れ ⇒「ドロ用」の部分洗い洗剤、もしくは液体の一般衣料用洗剤
3. 食べ物のシミ ⇒「シミ用」の部分洗い洗剤、もしくは液体酸素系漂白剤

また、洗濯表示のタグに「中性洗剤使用」の文字や絵表示に「中性」と記載されている場合、「ウールの混紡率が高い」ものは、「中性のおしゃれ着用洗剤」の原液をつけて前処理すると良いでしょう。

4. 制服は必ず「洗濯ネット」に入れる

型くずれが少なく、しわがつかないように洗うため、制服は必ず「洗濯ネット」に入れて洗濯します。制服をネットに入れる時のポイントは、次のとおりです。

制服の上下は別々の洗濯ネットに

洗濯ネットは、なるべく洗濯槽の底の大きさ程度のものを!

ネットの大きさに合わせてたたんでから入れる

上着
上着

上着は、ボタンを外し、袖を前身頃の上に置き、内側に二つ折り

スカート
スカート

スカートは、しわがつかないようヒダをそろえてネットに入れ、ネットが小さい場合には二つ折り

ズボン
ズボン

ズボンは、ネットの大きさに合わせ、二つ折りか三つ折りに

洗濯機で「制服を洗う方法」

次に縦型全自動洗濯機で「制服を洗う方法」をご紹介します。

1. コースを選択

洗濯機の「手洗いコース」または「ドライコース」などの「やさしいコース」を選ぶ

2. しっかり押し沈める

しっかり押し沈める

制服が水に浮かないよう、手で押すなどして洗剤液にしっかり沈めてから洗濯を始めましょう。

制服の上下が同じ色の場合には、色の違いが生じないよう、同じ洗剤液の中で一緒に洗う

3. 脱水は短時間に設定する

脱水でできるしわを抑えるために、洗濯機で設定できるもっとも短い時間に設定しましょう。

制服を「干す」時のポイント

最後に「干し方」をご紹介します。以下のいずれの場合も、短時間脱水をしたあとは、制服の「形を整えて」から干します。

干し方のポイントは、次のとおりです。

形を整えて干す

上着

上着

肩を持って振りさばき、厚みのあるハンガー(なければハンガーにタオルを巻いて厚みを出す)にかけて干します。ボタンは外してエリの形を整え、しわが寄らないように身頃の位置を調節し、ハンガーの中心にかけます。袖口には、ぐるぐると巻いたタオルをおもり代わりに入れて、しわを防ぎます。

セーラー服

セーラー服

セーラーカラーや袖口についている白線部分は、縮みが目立ちやすいため、指先で軽く引っ張って伸ばして整えます。

ズボン・スカート

ズボン

ズボンは、ウエスト部分を筒状につるして干します。ズボンの裾にも、上着の袖口と同様に巻いたタオルをおもり代わりに入れておくと、しわを防ぐことができます。

スカート

ヒダのついたスカートは、ウエストと裾を持って縦方向に軽くピッピッと引っ張りながら、プリーツの形を整え、しわを取り、ズボンと同じようにウエスト部分を筒状にして干します。

「日頃のお手入れ」のポイント

毎日着用する制服は、なかなか頻繁に洗うことがむずかしいものです。だからこそ、「日頃のお手入れ」をしっかり行って、気持ち良く着用できるよう心がけましょう。

1.着用後はハンガーにつるし、湿気を取る

2.洋服ブラシでホコリを取る

3.ニオイやしわ予防のために「しわ取り消臭スプレー」を使用する

4.菌やウイルスが気になる場合には「菌やウイルス除去効果」のあるスプレーを使用する

5.ちょっと香りを楽しみたい時は、香り付けミストで

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup