夫の転勤リスク「ついて行く? それとも単身赴任?」メリット・デメリット

夫の転勤リスク「ついて行く? それとも単身赴任?」メリット・デメリット

Bu facebook
Bu twitter

©taka- stock.adobe.com


「この春から、夫の転勤が決まった…」。

夫の転勤について行くにしても、行かずに単身赴任となるにしても、家族にとって大きな環境の変化となることは間違いありません。

今回は、夫の転勤についていく場合、逆に妻子は残って単身赴任となる場合、それぞれのメリット・デメリットを考えていきましょう。

■夫の転勤「ついて行く? それとも単身赴任?」

夫から「転勤が決まった」と告げられたとき、心の中にはさまざまな不安や疑問がわきあがってくると思います。

「家はどうするの?」

「ついて行くなら、子どもの学校は?」

「私の仕事はどうなる?」

「ついていった赴任先で、私ができる仕事はあるの?」

といった疑問から、

「今の環境や状況が、変わってしまうのかも…」

「今と同じ生活を送ることはできない?」

というような不安ではないでしょうか。

安定している今の状態を変えたくはない。思いもしない変化に、自分は対応できるのだろうか…。そうした変化への不安は誰しもあるものです。

また、転勤期間がはっきり決まっていない、そもそも戻って来られるかどうかもわからないこともありますよね。現在の生活をどこまで残していくのか? といった問題に頭を悩ませることも少なくないでしょう。

■転勤夫についていく場合の「メリット・デメリット」

では、夫が転勤する場合、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

まずは、家族全員が転勤先へついていく場合のメリット、デメリットを考えてみましょう。

赴任先についていく場合のメリットは「家族の絆が強くなること」です。ほとんど知らない土地に住み始めるとなると、最初、頼れる存在は家族だけになりますよね。そうなると、何か問題や心配事が起きたときは家族一丸となって問題に対処せざるを得なくなります。

「自分たちだけで乗り切るしかない!」という思いが強まり、家族一人ひとりが考え、行動していく機会が増えます。その結果、団結力が深まっていくわけです。家族以外の人に頼るという選択肢がなくなるデメリットによって、家族の絆が強まるメリットが大きくなるのでしょう。

また、夫目線で考えると、仕事をする場所は変わりますが、家に帰れば今までと同じ家族の空間があるので安心できます。リラックスできる場所があると、仕事にも不安なく打ち込むことができるでしょう。

一方、デメリットとしては「ほとんどの場合、妻は仕事をやめなければいけない」「赴任先で就ける仕事があるかどうかわからない」などがあげられます。

また、夫とは違い、妻はご近所づきあいや地域と関わる機会がこれまで以上に増えることも…。子どもが園や学校に通うとなればなおさらです。

そうなると、土地の人となじめるかどうかといった不安も妻は抱えることになるでしょう。






■夫が単身赴任する「メリット・デメリット」

©taka- stock.adobe.com


では夫1人で単身赴任し、夫以外の家族は今まで通りの生活をすることを選んだ場合、どんなメリット・デメリットが考えられるのでしょうか。

大きなメリットは「妻自身が仕事を続けられること」と「子どもが転園・転校しなくてすむこと」ではないでしょうか。

妻は今まで通りキャリアを築き続けることができますし、子どもに環境の変化を強制せずにすむので「新しい園や学校でやっていけるかな」「友だちができるかな」というような心配や悩みが生まれることもありません。

また、妻にとって一番大きなメリットといえるのが「夫の世話がなくなる」こと。夫が家にいないということは、単純に大人1人分の食事の用意、洗濯などの家事がなくなるだけではありません。

例えば、夫の帰りが遅くなったら夜食やお風呂の準備をして待ったり、スーツやシャツをクリーニングに出したり、出張の時は荷作りしたりと、通常の家事のほかに夫の世話は意外とあります。それがなくなればずいぶんと楽になる、と感じる人は多いのではないでしょうか。

反対に、夫が単身赴任するデメリットとしてあげられるのは「夫の健康や生活の管理ができない」こと。

食生活や運動習慣などを把握してコントロールできないため、「揚げ物やお肉ばかり食べていないかな」「汚部屋になっているかも」「ちゃんと洗濯しているのかな」と心配になってしまうでしょう。

また、夫が不在であることに妻が慣れすぎ、たまに夫が帰って来たときのお世話を面倒に感じてしまうというデメリットも。夫が家にいないことが日常になってしまい、夫への関心、愛情が薄れてしまうことは夫婦関係に大きなダメージを与えます。コミュニケーションをとることの大切さを忘れないようにしてほしいですね。

■夫の転勤=ワンオペ育児となる「リスク」

夫の転勤について行く、あるいはついて行かない。そのどちらを選んでも共通しているのは「ワンオペ育児になるリスクがある」ということです。

転勤について行ったら、夫は仕事、周囲は知らない人ばかり。一方、ついて行かないとしても、一番子どものことを相談したりお世話をお願いできる夫は遠方で頼れない…。

自分ひとりしかいない状況とは、どんな状況なのか。少し想像しておくだけで、いざとなったとき、パニックに陥ることなく落ち着いた対処が可能になるでしょう。

しかし、「これからは自分がしっかりしないと!」と気負いすぎるのは禁物です。ひとりで育児をすることになっても母親役、父親役、どちらもこなそうとがんばらなくて良いんです。できることには限界があると、最初から良い意味で開き直りましょう。

困ったときは「さあ、どうしようか?」「この方法でやってみようかな?」と、スルリとすりぬけていくような感覚で向き合えると気持ちも楽になると思います。

「去る者日々に疎し」。この言葉は「親しかった人も遠く離れてしまうと、次第に親しみが薄れる」という意味です。もし、転勤について行かないと決めたなら、離ればなれになっても夫婦関係に亀裂が生じないよう、上記の言葉をぜひ思い浮かべてみてください。

例え夫であっても、今ここにいないというだけで、次第に存在感が薄まってしまう。夫の単身赴任はある意味、夫婦の絆が試されているときといえるかもしれません。

夫の単身赴任後は、今以上に直接コミュニケーションをとり、夫不在が当たり前にならないようにする「努力」が欠かせません。夫婦でいることの意味を見失わないように、そして子育ては「なるようになる」と気負いすぎない。こうした心構えが大切でしょう。



(佐藤栄子)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup