多すぎても少なすぎてもダメ。文章が劇的にスマートになる「接続詞」の効果的な使い方

多すぎても少なすぎてもダメ。文章が劇的にスマートになる「接続詞」の効果的な使い方

Bu facebook
Bu twitter

なかなか文章がまとまらない。
書き終えた文章を読み直しても、何だか歯切れが悪く感じる。

そういうことで悩んだことはありませんか? 文章を書くというのは簡単なようで、実はそう簡単ではありません。しかし、その文章の読みやすさが内容の印象にまで深く影響を与えてしまうことは、心理学の領域ですでに証明されていることです。

では、どうしたら読みやすく気持ちの良い文章を書くことができるのでしょうか。その鍵を握っているのは、実は「接続詞」なのです。

どうして接続詞が大事なのか

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup