美容皮膚科医が教える! ニキビの予防徹底ガイド

美容皮膚科医が教える! ニキビの予防徹底ガイド

Bu facebook
Bu twitter
出来ては治るを繰り返すニキビ。もう二度と出来ないように、予防法を美容皮膚科医の鈴木稚子先生に伺いました。食事、生活習慣、洗顔、スキンケアなど徹底して、ニキビを予防していきましょう。



■ニキビを予防するために発生原因を知ろう

そもそもどうしてニキビはできてしまうのでしょうか? 発生メカニズムを知ることも大事な予防策です。鈴木先生に詳しく解説してもらいました。

毛穴の中に皮脂が溜まるのが、ニキビの原因です。肌が脂っぽければニキビはもちろんできやすいですが、たとえ皮脂が多くても、毛穴の中に溜まらなければニキビはできません。乾燥肌でも、皮脂が毛穴からきちんと排出されなければ、ニキビができてしまいます。

皮脂は、天然の保湿因子として必要ですが、過剰にできすぎると排出しきれないため、毛穴の詰まりの原因になります。多くの場合、皮脂分泌が増えるのは男性ホルモンの影響です。思春期は皮脂分泌が活発になりますが、20歳前後でホルモンバランスが安定すると皮脂分泌も落ち着きます。

大人になるとニキビの主な原因は「古い角質の蓄積」と「肌の乾燥です」。肌の代謝が悪くなることで、ターンオーバーが遅くなり、古い角質で毛穴をふさいでしまいます。また、ターンオーバーの低下によって起こる「肌の乾燥」は毛穴をふさぐ角質を厚く、堅くし、毛穴詰まりを起こします。毛穴に皮脂がたまると、毛穴の常在菌であるアクネ菌が繁殖し炎症を起こします。それがニキビです。

■皮膚科医が教えるニキビ予防策

できる前に予防したいのがニキビです。ニキビ発生のメカニズムが分かったところで、それに対する予防策を教えてもらいましょう。

◇ニキビを予防する生活習慣

ストレスや睡眠不足は、男性ホルモンの分泌を促し、皮脂の過剰分泌と、角質を厚くさせます。

◇ニキビを予防する食事

動物性脂肪、糖質の摂り過ぎると、皮脂腺を刺激するため、ニキビの原因となる皮脂分泌を増やしてしまいます。高GI食といって、炭水化物の中には食後の血糖値を急速にあげるものがあります。血糖値を下げるために分泌されるインシュリンにも、男性ホルモンを刺激する作用があるため、皮脂量が増えてしまいます。

皮脂分泌をコントロールする働きのあるビタミンB2とB6が不足すると、皮脂の過剰分泌を起こす場合もあります。コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは、ビタミンBの吸収を妨げるため、摂り過ぎると肌のターンオーバーを乱します。結果としてニキビの原因になります。

また、アルコールは皮脂腺を刺激し、皮脂の過剰分泌を起こします。

いずれも、適度な量と頻度を考慮して摂取する分には、それほど悪影響はありませんが、気をつけたいところです。

上記のようなものに気をつけて食事をすることで、ニキビ予防が期待できるでしょう。

◇ニキビを予防する洗顔方法

クレンジングをしないでメイク汚れが残ると、毛穴に詰まりになりますので、クレンジングは優しくしっかりと行ってください。

洗顔の際、洗顔料を使って何度もごしごしと洗ってしまうと、本来必要な皮脂まで奪い、「肌の乾燥」を引き起こします。さらに、肌のバリア機能が低下し、刺激から肌を守るために角質が厚くなってしまうのです。

洗顔は1日2回程度にとどめ、タオルでの拭き取りも軽く肌に当てて水分を吸い取りましょう。

◇ニキビを予防するスキンケア

保湿が不十分で角質層の水分が不足したり、肌が紫外線に当たると、ターンオーバーが乱れ、古い角質が剥がれずに角質が厚くなりニキビを引き起こします。

また紫外線によって生じる活性酸素の影響で、ターンオーバーが乱れることも、毛穴詰まりの原因になります。ニキビ予防のためにも保湿と、紫外線対策は1年中行いましょう。

■まとめ

ニキビはできてから対処するよりも、できる前に予防できるのが一番です。今回、鈴木先生に教えてもらった、予防する生活習慣、食事、洗顔方法、スキンケアを徹底して、ニキビを作らないように日頃から気をつけていきましょう。

(監修:鈴木稚子)

関連リンク
“老け見え”の原因! ほうれい線はどうしてできるの?
皮膚科医が教える! ほくろが増えやすい人の特徴
【診断】自分の肌に自信ある? 「すっぴん力」診断
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup