いざという時に役立つ常備菜5選、お弁当のおかずにもピッタリ!

いざという時に役立つ常備菜5選、お弁当のおかずにもピッタリ!

Bu facebook
Bu twitter
毎食、丁寧に作るのもいいのですが、たまには手を抜きたい日もありますよね。そんなときに役立つのが常備菜です。ランチや夕食、お弁当のおかずとして大活躍してくれますよ。

そこで今回は、いざという時に役立つ常備菜を5つご紹介。

■食べ応え十分! しっかりレンコンのきんぴら
食べ応え十分! しっかりレンコンのきんぴら

出典:E・レシピ


パパッと簡単に常備菜を作りたいときは、こちらのレシピがオススメ。レンコンとピーマンで作るきんぴらです。

作り方は、フライパンにゴマ油を強火で熱し、水気をきったレンコンを加え、半透明になるまで炒め合わせます。さらにピーマンを加えてサッと炒め合わせた後、調味料の材料を加え、汁気がほとんどなくなるまで炒めましょう。最後に白ゴマを全体にからめれば完成です。

副菜にもなり、お弁当のおかずにもピッタリ! 1食分ずつ小分けにしてラップに包んで、冷凍庫に入れておけば、1か月くらい冷凍保存ができます。

■おつまみにもなる、アレンジしやすい牛すじのみそ煮込み
おつまみにもなる、アレンジしやすい牛すじのみそ煮込み

出典:E・レシピ


やや濃い味の料理が恋しくなったら、こちらのレシピを作るといいかもしれません。アレンジしやすい牛すじのみそ煮込みです。肉厚な牛すじ肉を使うと、食べ応えがあり、大満足できますよ。お好みで材料に大根やニンジン、コンニャク、ゴボウを加えても美味しくいただけそうです。ネギを散らしてからいただくのもいいでしょう。

ビールや日本酒のおつまみとしても最適です。また、うどんにかけたり、コロッケのタネに加えるのも◎。3~5日程度であれば冷蔵保存ができますよ。ぜひお試しください。

■ダイエット中にも最適、ヘルシーなキャベツとシメジの塩麹もみ
ダイエット中にも最適、ヘルシーなキャベツとシメジの塩麹もみ

出典:E・レシピ


余ったキャベツをどうにかしたい、と思ったときに作りたいのがこちらのレシピ。日を増すごとに旨味が増すキャベツとシメジの塩麹もみです。キャベツとシメジ、塩麹だけで作れて手間いらず。発酵調味料の塩麹を使用しているため、食物繊維たっぷりでヘルシーです。ダイエット中に食べるのもいいでしょう。

ツナやドライトマトを加えれば、簡単にアレンジができます。豚コマ肉と一緒に炒めたり、スープに加えても美味しくいただけそうです。肉料理や魚料理のつけ合わせとしても活躍してくれますよ。4日ほど冷蔵保存が可能です。

■ご飯との相性もバツグン! みんな大好きな半熟卵のみそ漬け
ご飯との相性もバツグン! みんな大好きな半熟卵のみそ漬け

出典:E・レシピ


常に冷蔵庫にストックしておきたいのが、こちらの半熟卵のみそ漬けです。作り方は簡単で、合わせみその材料を混ぜ合わせ、ラップに4分の1量ずつぬり広げ、ゆで卵を包んで冷蔵庫で一晩以上置けばオッケー。ときどき、半熟卵の向きを変えることで、全体にムラなく味がつきます。また、漬けておく時間が長いほど、味がつき、卵黄もねっとり濃厚になりますよ。

ラーメンやおにぎりの具材にしたり、サラダにのせて食べても美味しいです。家族から好評で、食卓に欠かせない常備菜になる可能性も大。3~5日程度であれば冷蔵保存ができます。

■サッパリ美味しい、シンプルな調味料で作る塩肉ジャガ
サッパリ美味しい、シンプルな調味料で作る塩肉ジャガ

出典:E・レシピ


素材の旨味を活かした常備菜を作りたいのなら、こちらのレシピをお試しあれ! サッパリとした味わいの塩肉ジャガです。調味料によってジャガイモの甘みが引き出され、何度も作りたくなる美味しさ。ご飯がどんどん進みますよ。

ボリュームアップしたい場合は、材料にニンジンやインゲンを加えるのもいいでしょう。塩肉ジャガをマッシュしてコロッケのタネにしたり、キッシュの具材にすることもできて便利。食パンにのせ、マヨネーズをかけてからトーストしても美味しくいただけます。冷蔵庫で3~5日程度であれば保存可能です。

今回ご紹介したレシピは、どれもお弁当のおかずやおつまみにもなり便利です。多めに作っておき、冷蔵庫や冷凍庫にストックしておくと、いざという時にも助かります。週末にまとめて作るのもいいかもしれませんね。

(木下あやみ)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup