『○○のセンス』が磨かれる!粘土遊びの意外なメリットとは?

『○○のセンス』が磨かれる!粘土遊びの意外なメリットとは?

Bu facebook
Bu twitter
粘土遊び メリット

パパやママも幼い頃に遊んだことがあるだろう「粘土」。

実は昔から慣れ親しまれている粘土遊びは、子供の成長に良い影響を与えることがわかりました。それは一体どんなメリットなのでしょうか。

粘土遊びで子供の“科学的センス”が磨かれる!?

粘土は柔らかく、子供にも扱いやすいため、子供が頭の中でイメージしたものをすぐに表現できるのが大きな魅力のひとつです。

粘土で何かを作ってはそれをつぶしてまた違うものを作ったり、同じ形の粘土でも発想力を働かせて別の物に見立てたり…こういった遊びをくり返すうちに、子供の発想力が豊かになり、創造性も育まれます。

とりわけ粘土は、引っ張ったり伸ばしたりする中で“形がどういう過程で変化し、違う形になるのか”を確かめながら遊べるので、科学的センスを磨くのにも最適!

ヘラや型抜きなどを使って遊べば、形がさらにどう変化するのか、考えを発展させることもでき、自然と“因果関係をもとに結果を予想する力”が身につきます。

このような、変化の過程や結果を考えながら遊ぶ体験を積み重ねるうちに、子供の科学的思考力が磨かれるのです。

手指の発達、創造性や情緒の安定にも効果が◎

粘土遊びで身につく力はそれだけではありません。

粘土を指先でつまんだり、手のひらで丸めたりという作業は、手や指の発達を促すとも言われています。

また、子供が粘土に直接触って感じ取る“冷たさ”、“柔らかさ”などの感触は、大脳を刺激して活性化し、より意欲的な活動につながっていきます。

さらに、その独特の手触りや、“自由自在に形を変えていける”という粘土の特性は、子供に安心感や情緒の安定を与えるとも考えられています。

ですから、普段落ち着きがない子供も、粘土には集中して取り組めるのです。

情緒が安定すると、お友達と一緒に楽しみながら制作をしたり、できたものを見せ合ったりすることができるようになるので、コミュニケーション能力を育てることにも期待できます。

年齢別おすすめの粘土遊びの仕方とは?どんな粘土を選べば良い?

特別なルールもなく楽しめる粘土は、乳幼児からでもおすすめできる遊びです。

ここでは、年齢別のおすすめ遊び方やおすすめの粘土を紹介します。

0~1歳にはまず粘土を指でさわったり、ちぎってみたりすることで粘土の感覚を楽しませてあげましょう。

2~3歳になってからは、粘土を丸めたり、伸ばしてみたりと、少しずつ形を作れるようになります。パパやママが「これはリンゴかな?リンゴは何色?」「大きいのはどっち」などと言葉をかけながら一緒に楽しんであげましょう。

色が認識できるようになってくる4歳頃からは、いろいろな色やパーツを組み合わせた制作が楽しめるようになってきます。

子供が好きなフルーツや野菜などの身近なものを作ってみるのも楽しいですよ。

6歳頃からは手先も器用になり、粘土でより細かいパーツを作れるように。ヘラや型抜きなどを使いこなして、より本格的な形づくりが楽しめますよ。

年齢別の粘土の遊び方は、こちらの記事でも詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

粘土の選び方ですが、0~1歳の場合は何でもお口に入れてしまいますので、口に入っても安心な『小麦粘土』がおすすめです。

100均などでも手軽に購入できますが、小麦とお水さえあれば簡単に手作りもできるので、子供と一緒に粘土作りから楽しんでみるのもおすすめです。(小麦アレルギーにはご注意くださいね!)

小麦粘土の作り方は、こちらの記事で紹介しています。

3~4歳頃になったら、ずっしりと重量感もあり、手で思いきり触ることができる『油粘土』を使ってみることをおすすめします。

油粘土は固まらないので、気が向いたときに楽しめるのが良いですね!

小学校低学年くらいなら、作品として形を残せる『紙粘土』も使ってみましょう。

作品が残せる、色をつけることができるといった紙粘土の特性が、子供の創作意欲をかきたててくれるでしょう。

粘土は、1人でもお家で簡単に楽しむことができる遊びです。

これからの寒い日や雪の日などには、お家遊びの玩具としてぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

PHOTO/Evgeny Atamanenko/Shutterstock 参照/ マイナビニュース「子どもの感性や発想力を育む!年齢別おすすめ粘土遊び」 ならいごとキッズ「集中力が高まる!年齢別粘土遊びの方法って?」

関連コラム

子供の受験、いつがベスト?メリット・デメリットは?~中学校・高校編~
次期学習指導要領の目玉!新しい学習形態『アクティブ・ラーニング』とは?
ただの遊びじゃない!赤ちゃんを育ててくれる『いないいないばぁ』のメリット
ママ友づくりだけじゃない!「子育て支援センター」のメリットとは

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup