貯めてなんぼか使ってなんぼか!? 働きざかりのお金の座談会

貯めてなんぼか使ってなんぼか!? 働きざかりのお金の座談会

2017年12月1日公開

Bu facebook
Bu twitter
「お金」の話はとっても気になることですが、人にはなかなか気軽に話すことができない話題でもあります。そこで今回は、クレディセゾンが運営する「SAISON CHIENOWA」とソニーネットワークコミュニケーションズが運営するウェブメディア「マネチエ」のみなさんと共同で、各々のクレジットカード明細を持ち寄る座談会を開催。みなさんの家計を覗きながら、消費の傾向や気をつけると良いポイントをファイナンシャル・プランナーの八ツ井慶子さんに鑑定していただきました。仮面をつけているから話せるお金の失敗談に八ツ井さんが失笑しつつも、それぞれが抱えるお金の悩みに具体的なアドバイスをいただきました。

文:安田博勇 撮影:合田和弘
プロフィール
八ツ井慶子(やつい けいこ)
ファイナンシャル・プランナー。2013年「生活マネー相談室」を設立。「しあわせ家計」づくりのお手伝いをモットーに、これまでの家計相談は1,000世帯を超える。著書に『レシート○×でズボラなあなたのお金が貯まり出す』(プレジデント社)など。個人相談、執筆、講演活動を中心に、雑誌や新聞、テレビなどメディア出演多数。「生活マネー塾」主宰。


【クレディセゾン】
仮面レッド:女性(34)既婚
うさぎ(紺スーツ):男性(30)既婚
うさぎ(グレースーツ):男性(41)既婚

【ソニーネットワークコミュニケーションズ】
仮面イエロー:女性(30)既婚
仮面ブルー:女性(32)既婚
うさぎ(黒ニット):男性(34)独身
コツコツ貯蓄型も浪費型も、感じている将来への不安
独身から子育て中まで、おおよそ30〜40歳の社員が集まった座談会。お金の使い方に関して<コツコツ貯蓄型>と<浪費型>のメンバーに大別できます。

<コツコツ貯蓄型>……将来に向けてコツコツと貯蓄しているタイプ。

共働きの仮面レッドさんは、住宅ローンを支払いながら、老後に対する不安から個人年金や学資保険を活用し、計画的に貯蓄しています。

<浪費型>……あまり貯蓄を考えることなく浪費を繰り返してしまう浪費型。
うさぎ(紺スーツ)さんからは「その場のノリで8万円する登山用時計を購入したが、登山をしないから使ってない」「ランチのとき、なんとなく100円追加してご飯を大盛りにするけど残してしまう」など衝動的にお金を使ってしまった数々のエピソードが……。「最近、ゲームアプリに課金することはやめたものの、自分のムダ遣いに不安を感じるので、買いものをする前に奥さんに相談するようにしました。奥さんから『何故それを買いたいの?』と聞かれても、答えられないことが多かったです」とのこと。

八ツ井さんからは、「ものを買うことに価値を置いているのでは? 買うことで欲求は満たされないので、『何故買いたいのか?』を考えることは大事ですね」と、アドバイスをいただきました。

また、参加者唯一の独身者うさぎ(黒ニット)さんは「基本的に一定額以上の買い物をするときにクレジットカードを使っているので、明細上の利用金額は多くはないですが、将来については漠然とした不安を感じています。ライブやフェスのチケット代・音楽のダウンロードなど、趣味の音楽を中心にお金はあるだけ使ってしまい、貯金はほとんどありません。何に使ったかも、あまり覚えていません」と話します。

一方で、明細書を元にまとまった金額の利用内容を尋ねられると「あ、この4万円は雨がっぱですね。フェスで雨が降ったときのために。高いけど、5年くらいは使うつもりですよ。改善はしたいですが、『変わりたい』と思うほどの強いモチベーションはないです」とのこと。

印象的だったのは、多くのメンバーが「将来への不安」を感じていたことでした。<コツコツ貯蓄型>に分類された仮面レッドさんは、「将来的にかかるだろう親の介護費用と、子どもの教育費用を考えると、どこまで貯蓄すれば良いかわからない」と話します。<コツコツ貯蓄型>の仮面ブルーさんも同様に「夫が自営業なので、年金にプラスする貯蓄をどこまで備えておけば良いか不安」とのこと。

八ツ井さんはそんな参加者の不安に対し、こう話します。「将来のことは誰にもわかりませんが、わからない限り不安はゼロにはなりません。だからと言って、何もしなくていいのではなく、できることはコツコツ行うことに尽きます。心配する方は結局いくら貯蓄しても不安なままでしょう。老後は突然やってくるものではありません。毎日の延長線上にやってきますが、なんだかんだ毎日のお金の使い方と向き合うことが大切です」

うさぎ(黒ニット)「僕もゲーム課金はやめました!」
私たちは老後のために今を生きているのではない
さらに八ツ井さんは続けます。「『老後資金はいくら必要ですか?』とよく聞かれますが、自分が何歳まで生きられるかなんて本当のところはわからず、将来にかかる老後のお金を予測して計算するのは困難ですよね。それよりも、リタイアまでにいくら貯められそうかを計算し、貯められそうな額をMy老後資金として自分の老後を描くといいです。よりよい老後を描きたかったら、今の家計を見返して、ムダを無くしていきましょう。

ただし、老後を過度に不安がり、いまの時点で解消しようとするあまり、節約や貯蓄ばかりで人生をつまらなくしてはもったいないでしょう。私は節約や資産運用より、『日々のお金の使い方』が一番大事なリテラシーだと考えています。ムダ遣いでもなく、切り詰めるでもなく、日々のお金の使い方をコントロールすることです」

八ツ井さんが説明してくれた家計の仕組みは、とてもシンプルでした。すなわち、入ってくるお金(収入)と出て行くお金(支出)があり、その差し引きでお金がストックされ、これを一生涯繰り返す、という構造です。

「なぜ貯蓄が難しいかといえば、収入と支出のお金の流れが違うためです。お給料など定期的に生じる収入に比べ、支出は必要に応じて生じるもので、時期や金額がずれることがあります。いまの収入の一部を貯めて、将来の支出に備えないといけません。パズルのように出入りするお金を調整するわけですね。それが家計管理です」(八ツ井さん)

お金はあくまで道具であり、使うためにあるもの。そう考えれば、お金を使うことも、いまの自分もしくは、将来の自分への投資として行うべきものなのかもしれませんね。

八ツ井さん「お金を増やすことよりも、『お金をどう使うか』の方が大事です」
お金に対する価値観の違いで夫婦が一番ぶつかるのは、子どもの教育
さて、結婚してお子さんもいるご家庭が多かったこの座談会。女性メンバーは皆さん共働きで、それゆえのお悩みが「お金に対する夫婦間の価値観の違い」でした。ほかの女性メンバーと同様、<コツコツ貯蓄型>である仮面イエローさんは「固定費以外の出費については閉じられた状態」で、将来に向けたお金の備えに関しても「夫婦間でギャップがある」と悩みを打ち明けました。

夫婦間でお金の使い方をどこまで共有すべきか? そんな議題のもとで、八ツ井さんはこんなヒントを提示してくれました。

「夫婦共通の口座に、毎月決まった額を入金して、その残金をそれぞれのお小遣いに充てているというケースが多いようですが、お小遣いを定額にし、残りを家計や貯蓄にまわしてみてはいかがでしょう。お互いの裁量で使える額が一定になることで、余計なストレスを抱えず、結果的に有意義な貯蓄ができると思います」と言う八ツ井さん。

さらに、「夫婦間のお金に対する価値観の違いが、けんかに発展することはどこの家庭でもよくあることです。実はそのぶつかりあいでもやっかいなのは、子どもの教育費です。互いのお小遣いのことであれば、話し合うか、最後は『勝手にどうぞ』で済むのですが、子どもの教育となれば何らかの妥協点を見つけなければなりません」とのこと。

夫婦でそういったことを話し合う場合に、気をつけるべきポイントについても伺いました。「将来への不安を妻側が大きく感じるケースは多いのかもしれません。けれど、『不安に感じていない』という夫の価値観も尊重してあげましょう。その上で、自分には不安があることを伝えてほしいと思います」
家計は、夫婦間で言語化できないものをなくすのが「吉」
座談会メンバーのうさぎ(グレースーツ)さんは「前妻がかなりの浪費家で、家計は常に赤字。ボーナスで補填している状態だった。そのときの体験をきっかけに、現在まで1円単位の家計簿をつけるようになった」といいます。その甲斐あってか「競馬での負けが続いて、プライベートの蓄えは赤字に陥りながらも、家計の方は管理はバッチリ。貯蓄も相当できている」のだとか。座談会参加メンバーの中で唯一、「お金に関する不安は特に感じていない」と話していました。過去のお金に関する失敗から、行動を変えた一例といえるのではないでしょうか。

うさぎ(グレースーツ)「体が覚えてしまっているので、今も家計簿をつけ続けています」
夫婦間でお金に関する不安の大きさが違う場合は、相手を尊重しつつ話し合いを重ねていく。そうしてお互いが「なんとなく感じている」という不安を言語化し、かつ、解消していくことが、夫婦円満を保ちながら「お金をコントロールできる人」になっていく近道なのかもしれません。

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup