おうちで英語を学ぶポイントをご紹介!6歳編

おうちで英語を学ぶポイントをご紹介!6歳編

Bu facebook
Bu twitter

英語は中学で教科に取り入れられており、さらに低学年化が進み小学校でも必修となっています。小学生になって慌てないためにも、英語は小さい頃から慣れておくと安心。そこで小学生となる6歳の子どもにピッタリの、おうちで簡単に英語を学ぶポイントや方法をご紹介していきます。

子どもの将来のために必要な英語とは

 (33401)

 (33402)

6歳といえば小学校に入学する年齢ですよね。英語はすでに小学5年生から必修となっており、さらに2020年には“小学3年生からの必修化”と“小学5年生からの教科化”がスタートします。世界的にも英語はスタンダードな言語として認知され、国際化が進む現代においてより必要性が増しています。子どもの将来のためにも、早いうちから英語に触れておく環境が必要となっています。

6歳からは“ルールづくり”がポイント!

 (33405)

英語を学ぶためにはさまざまなことが吸収しやすい、早いうちから英語に触れておく環境がとても大切です。6歳からでも早すぎることはありません。むしろ早いことには問題はなく、日本語とおなじように赤ちゃんのときから触れておくとより覚えやすくなります。基本的には5歳編と方法やスタンスは変わりません。6歳からは少し進めて英語に触れさせる環境作りだけではなく、パパとママが英語で話しかけた際には英語で答える“ルールづくり”がポイントです。もちろん最初は難しい会話を求めてはいけません。“Hello”に対し“Hello”や、“Please”、“Thank you”といった程度の単純な会話のキャッチボールで十分です。

絵本『オックスフォード・リーディング・ツリー』

Amazon.co.jp: Oxford Reading Tree Special Packs ORT Trunk Pack A (Stage 1 More First Words, Stage 1+ First Sentences, Stage 2, 3, 4 Stories Packs) 5 CD packs: 洋書 (33408)

タイトル:Oxford Reading Tree Special Packs ORT Trunk Pack A (Stage 1 More First Words, Stage 1+ First Sentences, Stage 2, 3, 4 Stories Packs) 5 CD packs
出版社 :Oxford University Press (Japan) Ltd.

5歳編でもCD付きの絵本をご紹介しましたが、さらにステップアップしてみるのもポイントです。将来的には英語の本を読ませたいと考えるなら、少し高価になってしまいますが『オックスフォード・リーディング・ツリー』がオススメです。英語教材にピッタリなレベルごとにわかれており、ステップアップしていく楽しみもあります。またストーリーが続いているため、子どもがハマってくれる可能性もあります。

子どもの目標を考えてレッスンを取り入れましょう

 (33412)

小学校までに英語に触れさせる環境を整えたら、お子さまのために次のステップを考えましょう。まず覚えておいてほしいポイントは、子どもは“やっていることができるようになる”ということ。それは“やっていないことはできない”ということでもあります。お子さまの英語力を小学校で通用するレベルにするのか、英会話ができるようにするのか、はたまた国際社会で通用する人に育てるのかによって方法が変わってきます。たとえば英会話ができるようにするためには、家庭のレッスンと合わせて英会話教室に通うのがベストです。ネイティブな言葉で話すためには、ネイティブな言葉をしゃべれる先生にレッスンを受けましょう。そして必ず教室で習ったことはおうちでも使うのがポイントです。

6歳からはさらなるステップアップを目指しましょう!

6歳のお子さまにオススメしたいおうちで英語を学ぶポイントや方法をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。5歳までには自然と英語に触れる環境を整え、小学校に入学する6歳からはさらステップアップを目指してみましょうね!

元のページを表示 ≫

関連する記事

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup