子どものうんちの色が変!すぐ病院へ行くべき?

子どものうんちの色が変!すぐ病院へ行くべき?

Bu facebook
Bu twitter

これは先日のこと。2歳の息子のうんちが真っ白だったんです。だけど元気だし、ちょっと柔らかい程度でおなかを壊している感じでもない。

腸が未発達な子どものうんちは、食べ物に影響されやすいといいます。あれ? おかしい。そんなときはまず、何を食べたのかを思い出してみましょう。

健康なうんちはバナナ型で茶色の便!

健康なうんち バナナ型

そもそも、うんちの色は胆のうから出る胆汁という消化液の影響で茶色くなります。新生児の頃にうんちの色をチェックしなさい、と結構厳しめに言われるのはこのため。

健康なうんちは“茶色から黄土色でバナナくらいのうんち”といわれています。

うんちが白くなる原因は?

白いうんち 下痢

白いうんちといわれてまず思いつくのが『白色便性下痢症』とも呼ばれている『ロタウイルス』。私も息子のうんちを見たときにまず疑いました。

ロタウイルスの場合、水のような大量の下痢、激しい嘔吐が特徴で、秋~冬にかけて発生します。しかし下痢ではなかったため調べてみると 、“乳製品を食べ過ぎるとうんちが白っぽくなることがある”とのこと。確かにこの日、牛乳をたくさん飲んだ上にアイスクリームまで食べていました。

我が家の場合はしばらく様子を見て、うんちの色が元に戻ったのでおそらく食べ物が原因だったのだろうと思いますが、生後2週間~1カ月頃に白い便がでる場合、『先天性胆道閉鎖症』の可能性があります。生まれつき胆道がない、もしくは非常に狭い病気で、胆汁が消化管に分泌されないため便が白くなります。

この場合は速やかに診断してもらい、手術が必要です。体調と経過観察をした上で病院へ行くべきかを判断することをおすすめします。

いつもと違う、はサインです

うんちがいつもと違うと感じたら

食べ物の影響を受けやすいうんち。だけどうんちは健康のバロメーター。いつもと違うと思ったら体調や機嫌など、いつもと違うところはないかをチェックしましょう。そしてうんち以外にもいつもと違うと感じたら、速やかに受診をしましょう。

また、いつもと違うと感じたらうんちの写真を撮っておくのもオススメです。いざ受診するときに色味や形状の説明をするのに役立ちます。

しかし写真だけでは細菌やにおいまでは判断できないため、緊急度が高そうな場合はオムツを袋に入れて持っていくなど、現物を残しておくことが病名判断の決定打になることもあります。

いつもと違う色のうんちが出ると驚くママは、きっと私だけではないと思います。常々うんちの色には気を付けて!と言われながら育児してますもんね。

だけど、いつもと違うかどうかを判断できるのもまた、ママならではだと思います。心配なうんちが出たときの参考にしてみてください。

参照/
白クマ先生の子ども診療所「便の色がおかしいとき」
片山こどもクリニック「うんちの色」
Doctors me「ロタウイルス腸炎/乳児嘔吐下痢症」
和歌山市感染症情報センター「ロタウィルス下痢症について」
五の橋キッズクリニック小児科「よく下痢をします。成長に影響はある?(1才10カ月)」

関連コラム

いつから、どう始める?離乳食前期(5~8ヶ月頃)のよくあるお悩みQ&A
保育園ママは要注意!知っておきたい『冬の感染症』と予防・対策法まとめ
身をもって知った『ノロウイルス』『ロタウイルス』の怖さ!
「ママ、これなあに?」春の質問にあなたはいくつ答えられますか?
赤ちゃんの個性を知れば子育てがスムーズに!?話題の心理学『赤ちゃんともち』

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup