習いごとで失敗だらけの息子が自らスイミングスクールへ!挑戦の前に、親子で交わした約束とは

習いごとで失敗だらけの息子が自らスイミングスクールへ!挑戦の前に、親子で交わした約束とは

Bu facebook
Bu twitter

習いごとには、苦い思い出ばかり

習いごとで失敗だらけの息子が自らスイミングスクールへ!挑戦の前に、親子で交わした約束とはの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11021000862

息子の習いごと探しは、私にとっての黒歴史ナンバーワンです。

小さな頃から手が不器用で、身体の動かし方も不器用だった息子。苦手なことだらけの息子の将来を心配するあまり、「発達障害に良い」とか「発達を促す」とか言われる習いごとを、次から次にやらせたことがあります。

しかしどんな習いごとも長続きはしませんでした。さらに悪いことに、息子にとって「習いごと=苦手なことを無理やりさせられる」という認識になってしまい、息子は習いごとに連れて行かれるたびに自信を失っていくという結果になってしまったのです。

やりたくないことをさせられるとき、息子はよく奇声を発したり、その場から逃げ出したりしていました。そのたびに、先生にも周りの父母にも「あちゃ~…」「あの子は毎回大変だよね…」という白い目で見られているのを感じ、いたたまれなくなったものです。

この失敗経験を経て、私は3つのことを心に強く決めました。

1つ目は、「息子が十分に成長して、自分の意思でやりたいと言うまでは、習いごとはさせない」
2つ目は、「苦手なことを克服させるために習いごとをさせることはしない」
3つ目は、「『発達に良い』『発達障害に良い』といった文言に振り回されない」

一生習いごとをやらないことになっても、後悔はしない。もう習いごとに飛びついて、息子を傷つける結果になるのだけは絶対にしたくない…!失敗から学んだ決心は固かったのです。

同級生のお友達がダンスやサッカーを習って楽しそうにしている姿を見ていても、私に焦る気持ちはまったくありませんでした。

初めての息子の「やりたい」

習いごとで失敗だらけの息子が自らスイミングスクールへ!挑戦の前に、親子で交わした約束とはの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28057000721

もう「習いごとは一生やらなくても良い」と考えていた私。

ところが、息子はある日突然「スイミングスクールに通いたい」と言い出したのです。私にとっては青天の霹靂(へきれき)もいいところです。

息子の動機はよく分かりません。学校のプールで顔をつけられず、苦戦したことが悔しかったのかもしれません。しかし、私は動機よりもむしろ、息子のこんな言葉に注目しました。

「サッカーとか野球は怖いけど、スイミングなら僕でも出来るような気がする」

運動が苦手で、運動の時間になると不機嫌になってしまう息子。そんな息子が、「これなら出来るような気がする」と思えたことがどれほど貴重なことか私には分かります。それでも息子の気持ちを試したくて私は2週間ほど、いいともダメとも答えを出しませんでした。すると2週間の間、息子は毎日「お母さん、スイミング申し込んでくれた?」と聞いてくるようになりました。

「苦手なことを克服させるために習いごとをさせることはしない」と決めていた私ですが、息子の自発的な挑戦の意欲を感じ取り、スイミングスクールへ通うことを本気で考え始めたのです。

スイミングに伴う数々の困難

息子は突然新しい場所で新しい経験をすることが苦手なので、まずは短期教室に通って様子を見ることにしました。そして、全部で4日間の短期教室を見ているだけでも、息子の発達障害の特性がいろいろと困難をもたらしている様子が見て取れたのです。

習いごとで失敗だらけの息子が自らスイミングスクールへ!挑戦の前に、親子で交わした約束とはの画像

Upload By 林真紀

まず、触覚過敏。息子は、自分の身体に突然触れられるのが苦手です。触覚過敏があるため、くすぐったくて我慢ができなくなってしまうのです。スイミングのコーチは、泳ぎのフォームを教えるために、どうしても身体に触る必要があります。息子は泳いでいる最中に突然触られると、パニックになってしまいます。

習いごとで失敗だらけの息子が自らスイミングスクールへ!挑戦の前に、親子で交わした約束とはの画像

Upload By 林真紀

また、息子はボディイメージが弱いという特性があり、自分の身体のどこがどういう風に動いているのかを感じることが苦手です。特に水の中に入ってしまうと身体の感覚が鈍るようで、手足の動きがバラバラになってしまいます。

そして交わした約束とは

習いごとで失敗だらけの息子が自らスイミングスクールへ!挑戦の前に、親子で交わした約束とはの画像

Upload By 林真紀

4日間の短期教室でも数々の困難が判明した息子。その困難については、本人もしっかりと理解していました。

しかし、そのうえで息子は私に「それでもやりたい」と言ったのです。

触覚過敏については先生にお話しして、予告をしてから触るようにしてもらえばだいぶ楽になること、ボディイメージの弱さについては、風呂場や部屋でイメージトレーニングをすれば頑張れそうだということ。本人のこの言葉を聞いて、私は息子を引き続きスイミングスクールに通わせることに決めました。

そしてスイミングスクールに通うと決めたときに、息子と固く約束したことがあります。それは、「進度は気にせず、長く続けることを目標にすること」「周りの子たちと進度を比較しないこと」の二つでした。それが守れるのであれば、スイミングスクールに通っても良いよ、と言いました。

これは、習いごとに限らず、発達障害のある子どもを育てるうえで大切なことかもしれません。息子としたこの約束は、実は私が自分自身と約束していることでもあります。息子を育てながら、周囲と比較して、泣きたくなるようなことがたくさんありました。けれども、この約束を自分自身としたときから、私は息子を育てることが楽しくなりました。

だから、私は息子が新しいことを始めるようなときには、都度この約束を息子と一緒に確認しています。自分自身の中でも約束を結び治し、笑顔で息子を見守れるように、決意を新たにしているのです。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup