“産育食” を提案する「みらいたべる」が、神戸の郊外にカフェレストンをOPEN!

“産育食” を提案する「みらいたべる」が、神戸の郊外にカフェレストンをOPEN!

Bu facebook
Bu twitter

「トイロニ」は、神戸市北区に2016年11月25日にオープン。店内は、北欧のチェアと日本家屋がマッチ。ほっこりムードです。


兵庫県神戸市、六甲山の北側、澄んだ空気ののどかな街にオープンしたカフェレストラン「TOIRONI(トイロニ)」。古い日本家屋をリノベーションした店は、天井が高くゆったりとした雰囲気。大きな窓からは北神戸の街並みが眺められ、くつろぎの時間が流れています。

このお店は“産育食” コミュニティサイト「月とみのり」を運営する(株)みらいたべるが展開。2008年1月に神戸の街でスタートした小さな企業です。


(株)みらいたべる が運営するサイト「月とみのり」では、ママと赤ちゃんが同じ栄養を分け合って過ごす月日の食事、「産育食」を提唱。 http://tsukitominori.com/



“産育食” とは、「うみそだてる人の食」
「もう何もいらないくらい幸せなときも、ひとり寂しく肩を抱くときも、お腹はグーと鳴るものです。たべることは、“みらい” につながることなのです」と、代表の小附孝(こつきたかし)さんが、料理、食を主軸に始められました。

公務員、フレンチレストランのシェフ、役者など、さまざまなユニーク(?)な経歴を持つ小附さんは、給食会社で働いていた時に「産院食」に出会います。


(株)みらいたべる 代表 小附孝さん。


「妊婦さんが出産するための平均5日間の入院期間で、妊婦さんのための食事、出産後ママになってからの食事があることを知りました。それで、妊娠さんになった! と気づいてから出産そして授乳期まで、ママと赤ちゃんが同じ栄養を分け合って過ごす月日の食事を考えられたら…」。そんな思いで起業。

ママの食事が、母体の健康を守るとともに、そのまま赤ちゃんの栄養に…。そんな「うみそだてる人の食」を小附さんは「産育食」と名づけました。

妊婦さんたちに “やさしい料理” を

おすすめの「トイロニランチ」¥1,350(税込)。6品のおかず、旬の汁もの、季節のごはんのセット、バランスのとれた内容で人気を集めているそう。(1ドリンク付きは ¥1,550)


「栄養バランスを考えるのが大事と分かっているけれど、体調が悪くて食べられない。料理をするのも辛い…」、妊婦さんにはそんなときが多々あります。

そこで小附さんは、産院での食事づくりで培ったたくさんのレシピと、 最新の医学的研究に基づいた栄養学を背景に、産育食という考え方やサービスを社会に提案しています。

「我々は妊産婦さんが摂りたい栄養素が入った食事を、産育食と総称していますが、実は『産育食ってこういものです!』という実態はありません。妊産婦さんが摂取した方が良いもの、逆に食べてはだめなものなどをきちんと考えて私たちが作っている料理がやがて、それぞれの家庭でのスタンダードなメニューとなっていけばいいな、という思いで提案しています。

『トイロニ』のメニューもそんなふう。ていねいにカツオと昆布からとったお出汁で作る煮物やスープ、豆、芋、海草類も取り入れて、もちろん野菜もたっぷり! かと言って、お肉を控えめに…というわけではなく、そこはバランスを考えて作ってます」

「~せねばならない」ではなく「あ! おいしいな」を大切に

サラダプレートランチ¥1,350(1ドリンク付き¥1,550)。ローストチキンと野菜のデリのサラダ、スープ、パンなどがセット。野菜たっぷりでヘルシー! 彩りもきれいな一皿です。※税込価格


トイロニではランチも展開しています。メニューは「トイロニランチ」のほか、サラダプレートやパン&デリランチ、2歳以上の子どもが食べることができるキッズプレート850円(チーズオムレツ、ゴロゴロポテト&ソーセージ、お子さまカレー、白ごはん、スープ)、チーズケーキ、シフォンケーキ、タルトなどのスイーツ類も充実。


しっとり生地にバナナの香りが芳醇な「バナナシフォンケーキ」¥480、ふわふわ生地とクリームのバランスがよい「ロールケーキ」¥450、きび砂糖を使った素朴な甘味の「ブルーベリークリームチーズマフィン」、「ピーナッツチョコマフィン」各¥350、お子様の手のひらサイズの「シュークリーム」(自家製アイス付き)は¥350(テイクアウト用は1個¥95とお手軽価格)。スイーツ、ドリンクははすべてテイクアウトもOK。神戸「テントコーヒー」の豆を使用した「土鍋焙煎コーヒー」¥450、「ティールームマヒシャ」の茶葉を使用した紅茶¥450。 ※すべて税込価格


「『これを食べなきゃいけない、野菜をとらなきゃ』とか、『~~せねばならない』という義務にかられて食事をするのではなく、『あ!おいしいな』、『いろいろ食べられて楽しいな』と、食べてもらって、栄養も自然にバランスよくとれてしまう、そんなランチなんですよ」と小附さん。

例えば、切り干しダイコンのナポリタン風などアレンジの楽しい「トイロニ」の料理からヒントを得て、「家でも作ってみようかな?」とか「こういう食べ方もあるんだ!」とヒントや発見をみつけてもらえたら…とも話してくれました。


広々空間のテーブル横にベビーカーを横付けしたり、ベビーラックを利用したり、子どもと一緒に座れるベンチチェア席もあるので小さなお子様のいるママも安心。授乳やおむつ交換コーナーも設えられているのもうれしい限りです。

神戸の郊外カフェレストランで、親子で家族で、栄養バランスのとれたランチを食べながら、の~んびり過ごしてみてください。

「TOIRONI(トイロニ)」
兵庫県神戸市北区上津台1-5-2
tel. 078-983-3901
営業時間:10:00~18:00 火曜定休
駐車場:8台
http://miraitaberu.com/index.html

 
(いなだみほ)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup