【医師監修】赤ちゃんや子どもの摂食障害、原因と治療法は?

【医師監修】赤ちゃんや子どもの摂食障害、原因と治療法は?

Bu facebook
Bu twitter
子どもの摂食障害は、思春期だけでなく乳幼児にも起きる可能性があります。今回は、赤ちゃんや子どもの摂食障害について、その原因や治療法をご紹介します。





この記事の監修ドクター

森若奈 先生

精神保健指定医、日本精神神経学会専門医、日本医師会認定産業医。精神単科病院、総合病院、クリニック、産業医等様々な場での経験を活かし、現在は予防医学や早期介入にも力を入れている。

女医+(じょいぷらす)所属。

赤ちゃんや子どもの摂食障害が増えている?!

摂食障害とは?
高齢化に伴い、高齢者の摂食障害(胃ろうなど) がクローズアップされる機会が増えています。その一方で、赤ちゃんや子ども(乳幼児)の摂食障害については、一般の理解も乏しいと言えるでしょう。確かなデータは存在しませんが、小児科医の中には感覚的に「子どもの摂食障害の相談が増えた」と感じている方もいるようです。

通常の摂食障害とは文字通り「摂食(ものを食べること)についての一連の働きがスムーズに機能しないこと」を指します。通常の摂食では、口に入れた食べ物を咀嚼し、飲み込み(「嚥下」(えんげ)し)、胃まで運ばれる、という流れがまず正常に行われる必要があります。加えて、胃にたどり着いた飲食物が、消化器官を介して、消化・吸収される必要があります。このいずれかの機能に問題がある状態を摂食障害(あるいは嚥下障害)と呼びますす。具体的には「子どもが口からものを食べたり飲んだりすることができない、あるいは食べたり飲んだりすることを拒否する」という状態になります。

患者数に関する大規模調査などが行われたことはありませんが「母乳を吸わない」「ほ乳瓶でも飲まない」「どんなに工夫しても食べ物を口にしてくれない」など、大変深刻な症状に心から心配するパパ・ママが全国に存在します。実際に、摂食障害のある乳幼児の親の会「つばめの会」も結成されています。(*)つばめの会の活動目標のひとつに「摂食・嚥下障害の乳幼児が適切な医療および福祉を受けられる社会になる」ということが掲げられていますが、現在、一般の理解はおろか医療関係者からの理解も得られず、悩んだり苦しんだりしているパパ・ママが少なくありません。保健師や小児科医も「機嫌の問題ではないか」「お腹がすいたら自然に飲む(食べる)のではないか」といった楽観的な見方をするケースがあり、適切な理解やサポートが受けられていない場合があるようです。乳幼児の摂食障害が存在することが広く一般にも認められ、子どもと保護者に寄り添ったケアの実施がいち早く望まれます。

(*「つばめの会」 http://tsubamenokai.org/)
赤ちゃんや子どもの摂食障害の症状
赤ちゃんや子どもの摂食障害では、以下のような症状が見られます。

・食べ物を丸呑みしてしまう

・食べ物を噛まない

・食べるとむせてしまう

・唾液や食べ物を気道で飲み込みこんでしまう(いわゆる誤嚥)

症状の発生や、持続については子どもごとに個人差があります。新生児の段階で摂食障害が認められる場合もありますが、何らかのきっかけで急に見られるようになるケースもあります。また、摂食障害がごく一時期の場合もある一方で、乳幼児期にまたがって続いてしまう場合もあります。
赤ちゃんや子どもの摂食障害の兆候
「この子はもしかして摂食障害ではないだろうか?」…パパ・ママがそのように感じても、子どもの場合は特にその兆候を見分けるケースが難しい場合もあります。単に食べ物の好き嫌いだけかもしれません。しかし、幼児で以下のような事柄に該当する場合には、一度医師に相談した方が良いでしょう。

・全体的に食べる量が少ない

・食べないことが頻繁にある

・排便に問題がある(うんちが出にくかったり、うんちをするときに痛そうに泣くなど)

・精神面に問題が見られる(よく泣く、怒りっぽい、人を避ける、無気力など)

・元気がない

健康診断などの際にも、上記のような兆候があれば伝えるようにしてください。特に、ビタミン不足が深刻ではないかなどについて、検査を勧められるケースがあります。
赤ちゃんや子どもの摂食障害の診断基準
乳幼児の摂食障害については、アメリカ精神医学会という団体が作成する「精神疾患の診断・統計マニュアル」を、診断基準とすることが多いようです。例えば、2013年発表の第5改訂版(DSM-5)を元に、子どもの摂食障害の診断基準を見ていきましょう。

・持続的に栄養エネルギーが取れない状態

・食物不足や文化的背景では説明出来ない

・身体疾患や精神疾患が関連しているなら、これ自体に注意を払わなければならないほど重症

特に、十分な量の食べ物を食べていない場合は発育や体重増加に問題がある可能性があります。もしくは、体重の減少が見られるかもしれません。しかし、仮に体重が正常であっても、食事が十分にとれていない場合は医師の診察を受けるべき、とされています。
摂食障害の原因は何か?

嚥下機能などの障害
摂食障害の原因のひとつが「嚥下(えんげ)障害」です。「嚥下」とは「ものを飲み込むこと」を意味しますが、医師によっては「食べ物を咀嚼し、飲み込み、胃まで運ばれるまで」を広く捉えるケースもあります。嚥下障害は高齢者に増加することで知られていますが、子どもの摂食障害においても一定数の原因を占めていると考えられます。例えば、経鼻、腸ろう、口腔ネラトン法、胃ろうなど、口以外から栄養を摂取する子どもが存在しますが、その多くが摂食障害・嚥下障害を伴うと考える専門家もいます。また、摂食障害を持つ子どもの多くは基礎疾患があり、全身における疾患を合併している、との説もあります。
精神的影響
幼児の場合、精神的な影響が摂食障害の原因となっている可能性も指摘されています。例えば、喉に食べ物を詰まらせたことで、食事に対する恐怖感を感じているケース。また、特定の食べ物を幼児が極端に嫌っているケース(匂い、味、食べた感触など)ほか、何らかの要因で幼児が精神的ストレスや恐怖心を感じている場合です。さらに、パパ・ママが重いうつ病や精神疾患などを患い、成長発育段階でのケアが不十分であった場合も、摂食障害の原因になりうるとも考えられています。
発達障害との関係
摂食障害など、食生活上の問題を抱えた子どもでは、発達障害を伴うケースも見られます。ただし、摂食障害と発達障害の因果関係は完全に解明されたとは言えず、データもまだまだ少ない状態と言えるでしょう。したがって「ウチの子は発達障害があるけれど、摂食障害にもなるのではないか」「子どもの摂食障害の原因が実は発達障害ではないか」と心配し過ぎたり、決めつけてしまう必要はありません。気になる点があれば摂食障害とは別に医師に相談し、判断を仰ぎましょう。
摂食障害の克服法や治療法

赤ちゃん・子どもとの接し方
摂食障害のある乳幼児の場合、空腹にした状態で食べ物を与えても食べてくれないことが多いです。そんな時、パパ・ママは子どもが衰弱し、場合によっては命を落とすのではないかとの不安のあまり、力ずくで食べさせようとすることがあります。しかし、これは問題解決を目指す上で逆効果と考えられます。特に、大人と同様にしっかりとしたマナーを身に付けさせようとしたり、全部食べさせようとすることも、摂食障害の訓練にとってはよくないと言えるでしょう。子どもにとって食べることを「辛いこと」「乗り切ること」にせず、あくまでも「楽しいこと」と認識してもらうことが、極めて大切です。
食べさせ方
子どもに摂食障害が疑われる場合には「家庭内で解決しようとしないこと」が大切です。家庭内では子どもの健康管理も大変ですし、あるいはあるがまま自然に任せておいても改善する保証はありません。できるだけ早く子どもの摂食障害に詳しい専門医やクリニックを受診すべきと言えます。

そして、子どもの食べさせ方で最も大切なことは「美味しい」「楽しい」など、食べることの楽しさを学ばせ、経験を積ませることです。子ども想いのママ、熱心なママほど「がんばって食べてもらおう」としてしまいます。しかし、この熱意が裏切られることでママのほうが精神的に参ってしまうこともあります。大切な事は「ママがどうしたいか」ではなく「子どもが何を求めているのか」という点です。子どもの目線に立って、気持ちに寄り添うことが大切です。
病院での治療法
まずは、体の疾患、器質的な問題による嚥下障害であるかを検査します。機能障害の種類によっては、歯科との連携が検討されるケースもあります。機能障害が認められない場合は、生活指導、栄養指導が実施されます。また、必要に応じてビタミン補給やカロリー輸液も実施されます。さらに、医師の判断によっては入院がすすめられるケースもあります。摂食障害に発達障害や精神疾患を伴う場合は児童精神科への受診も必要になることがあります。

なお、機能障害による摂食障害ではない場合、食べること(嚥下など)のリハビリが必ずしも積極的に行われるわけではありません。子どもの健康状態には注意しつつも、自発的に食べる意欲を育てることに重点を置きます。もちろん個人差はありますが、子どもの摂食障害に対するノウハウがある専門医のもとでは、小学校入学前くらいまでには、食べられるようになることが期待できるようです。
まとめ
子どもの摂食障害は、できるだけ早く治療を始めるのが望ましいと言えるでしょう。自我が芽生え、頑なに食べないという気持ちを強めてしまうと、治療が困難になることもあります。また、家庭内で解決しようとすれば、パパ・ママは苦労し、精神的にも追い詰められる危険性があります。摂食障害と考えられる場合は早めに信頼できる専門医を受診しましょう。

関連リンク
【医師監修】女性ホルモン「エストロゲン」を増やす4つの方法 | マイナビウーマン
お食い初めには何が必要? レシピと食べさせる順番は? 基本まとめ | マイナビウーマン
マザーズリュックの人気の秘密は? 選び方の4つのポイント | マイナビウーマン
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup