ウサギを飼ったら、ペット保険に加入したほうが良いの?

ウサギを飼ったら、ペット保険に加入したほうが良いの?

Bu facebook
Bu twitter

近年では、実にさまざまな種類の生き物がペットとして、家族の一員になっています。小鳥や熱帯魚、トカゲなどを飼っているご家庭もいるようです。そんな中で、今回はウサギを飼育する場合の保険について、コラムを書きたいと思います。

■ウサギもペット保険に加入できるの?

ペットも人間と同じように怪我をしたり、さまざまな病気にかかったりします。もちろん、ウサギも同じです。たとえ、小さなウサギであっても、怪我や病気を治療するための費用がかかります。犬や猫にペット保険があることは、イメージできるかと思いますが、そもそもウサギにもペット保険はあるのでしょうか?

近年のペットの多様化を受けて、一部のペット保険では、犬や猫以外の動物(主に小動物や鳥類)への適用を行うようになりました。保障内容は、「入院保険金」「通院保険金」「手術保険金」「診断書費用保険金」などで、犬や猫と同じように保障を受けることができます。
日本アニマル倶楽部
ペットライフジャパン

■ペット保険には、必ず加入したほうが良いの?

では、ペットを飼っているご家庭は、必ずペット保険に加入すべきなのでしょうか?

答えは、「NO」です。もちろん、「万が一に備えたお守りとして加入しておきたい」「突然の出費には対応できないかも……」とお思いの方は、ペット保険への加入をおすすめいたします。しかし、蓄えがしっかりあって、急な高額出費にもすぐに対応できるという方は、加入を急がなくても良いと思います。

何はともあれ、ペットが重い病気にかかってしまったけれど、治療費を出してあげられないから死なせてしまった……なんてことだけはないようにしたいですよね。最後に後悔が残ってしまうと、これまで過ごしたペットとの素敵な時間も、悲しい思い出になってしまいますよね。やはり、万が一に備えなければならないのは、人もペットも同じです。今一度、ご自身の大切な人・ペットのための備えがきちんとできているか、この機会に確認してみてくださいね!1番大切なのは、最期まで責任を持って飼うことができるかということ。「ウサギは飼育しやすいかどうか」「人に慣れやすいかどうか」など、お店の店員やブリーダーの方に確認して、じっくり検討してから飼うようにしましょうね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup