砂糖には賞味期限がない!? 上手に保存すれば半永久的に使えるらしい

砂糖には賞味期限がない!? 上手に保存すれば半永久的に使えるらしい

Bu facebook
Bu twitter
残った砂糖をそのまま保存していたら、カチカチに固まったという経験はありませんか?そもそも砂糖って賞味期限があるのでしょうか?今回は、砂糖の賞味期限や保存方法、固まった砂糖を元に戻す方法をご紹介します。

砂糖の保存はいつまで可能?

日々の食卓やお料理に欠かせない砂糖。毎日のように使うご家庭も多いでしょう。コーヒーや紅茶に入れたり、スイーツなどに使用したりするのはもちろん、煮物や炒め物など、砂糖を少しプラスすれば料理に旨みやまろやかさが加わってより一層おいしくいただけます。 そんな砂糖ですが、実は間違った方法で保存していませんか?そこで、今回は砂糖の性質や賞味期限、適切な保存方法についてをいくつかご紹介します。ご家庭の代表的な調味料のひとつなので、知っておくときっと役に立つはずですよ!

砂糖には賞味期限がない!

実は、砂糖には賞味期限がないことをご存じでしたか。砂糖はJAS法でも賞味期限の表示を省略できる食品に定められている食品で、明確な賞味期限がないのです。そのため、長期にわたり使用していても、間違った保存方法をしていなければ基本的には変質することもなく、いつまでもおいしくいただける素晴らしい食品なのです。 では、間違った方法とはどういったものなのでしょうか。間違った方法で保存した砂糖を食べてしまうと、どういったことになるのでしょうか。

砂糖の保存に適した場所

砂糖は温度変化にとても敏感な調味料なので、温度の高い場所での保存はおすすめできません。また、湿気や乾燥にも敏感な調味料なので、冷暗所での保存もよくありません。 開封前の砂糖の保存場所は常温で直射日光の当たらない、空気の乾いた場所が適しています。「毎日使うものだから・・・」と、シンクの近くに置かれている方も多いかと思いますが、シンク周りは水気が多く、すぐにカチカチに固まってしまいます。比較的手が届きやすい、キッチンの上の戸棚等がおすすめですね。

開封後の保存の仕方

一度開封してしまった砂糖の保存方法はしっかりと密封できる容器に移し替えることが重要。また、冷暗所で保存する方法が一番です。 砂糖は湿度の変化に弱く、湿気にも乾燥にも弱い食品。私たちがよく直面する、あのカチカチに固まった砂糖の塊は、一度湿気を含んでしまい、その後乾燥することによって起こるのです。そのため、湿気が入らないようにあらかじめ密閉容器に移し替え、湿度の低い冷蔵庫などの冷暗所に保存する方法が良いですね。

袋に残った砂糖の保存の仕方

袋に残った砂糖をそのまま保存する場合は、空気の入らないように輪ゴムなどでしっかりと縛り、冷暗所で保存することをおすすめします。 袋のまま保存するよりも湿気や乾燥から守れる方法としては、ジップ付きの袋に移し替えるか、買ってきた袋のまま、さらにジップ付きの袋に入れ、しっかりと袋内の空気を抜いた上で封をし、冷暗所で保存する方法です。 ひと手間かかりますが、一度購入すればしばらく使える砂糖ですので、少しでも良い状態で長く使えるよう、あらかじめジップ付きの袋に移し替えておいた方が良いでしょう。

虫やダニに注意して!

基本的に砂糖そのものは虫やダニが発生しにくい調味料とされていますが、袋のまま保存する場合は袋に小さな穴が開いていたり、開封口がきちんとしまっていなかったりする場合があります。 冷蔵庫などで保存している場合、庫内は乾燥しているので虫やダニもわきにくい状態なのですが、シンク下や湿気の多い所で保存をしていると、まれに虫やダニがわいてしまう原因となるため注意が必要です。袋で保存する場合は穴が開いていないか確認し、しっかりと封をして保存するようにしましょう。

冷蔵庫での保存方法

冷蔵庫で保存する場合は、乾燥を防ぐためにも密閉容器に入れて保存する方法が一番です。冷蔵庫内は思っている以上に乾燥しています。先ほどもご説明した通り、砂糖は乾燥すると固まってしまう性質を持っています。密閉容器で保存した場合、湿度変化を最小限にとどめることができるため、あのカチカチになった塊の状態を避けることができます。 ただし、冷蔵庫から出した砂糖をそのまま常温で置いておくと、容器内に結露が発生してしまいます。この結露は砂糖の湿気や変色の原因となるので、注意してくださいね。

冷凍保存について

結論から言うと、砂糖も冷凍保存が可能です。ですが、砂糖は湿度変化にとても弱い調味料なので、冷凍庫のような場所から出し入れを繰り返した場合、大量の結露が発生し、湿気や変色の原因となります。 冷凍保存であれば長期保存も可能ですが、そもそも砂糖には賞味期限がありませんので、わざわざ温湿度差の激しい冷凍庫に保存する必要はないかと思います。基本的には、常温で、湿度差のないところで密閉して保存しておけば問題ないでしょう。

固まってしまった砂糖の戻し方

数日ぶりに砂糖を使おうと容器や袋を開けた瞬間、あのカチカチに固まってしまった砂糖の塊を見つけてしまった時には本当にショックですよね。どうすれば元のように戻せるのでしょうか。 そもそもカチカチになってしまう原因は、一度湿気を帯びてしまった砂糖が乾燥したことによります。そのため、多少の水分を補ってあげることで元のように戻せるのです。また、それ以外にもいくつか復活させる方法がありますので、その方法をいくつかご紹介いたします。

水分を加える

固まってしまった砂糖に霧吹きで全体的に水分を与えて、密封します。しばらくすると、固まっていた砂糖がサラサラによみがえります! ですが、水分の加えすぎには注意してください。あまりかけすぎると、ベチャベチャになってしまい、元のような砂糖には戻らなくなってしまいます。霧吹きで水分を与える時は様子を見ながら少量ずつ試してください。

食パンを入れる

ちぎった食パンを固まった砂糖に入れるという方法です。食パンの水分が砂糖にまんべんなく行き届き、サラサラの砂糖に戻ります。 入れる食パンの量は砂糖1kgに対して食パン1枚程。食パンを入れてから5~6時間放置しておいてください。食パンの代わりにバターロールなど、他のパンも利用できます。パンが乾燥してしまっている場合には、霧吹きで軽く湿らせてから固まった砂糖の中に入れてください。砂糖がサラサラに戻れば、パンはカビの原因になりますので必ず取り除きましょう。

キャベツの葉を入れる

キャベツの葉を固まった砂糖に入れるという方法です。砂糖1カップにキャベツの葉1/3枚程度を入れて5~6時間放置します。こちらの方法も原理はパンを使った場合と同じで、キャベツ自身がもっている水分を砂糖に吸収させる方法です。食用としては使えない外側の固い葉も問題なく使えますので、ムダがなくて良いですね。 キャベツの葉を入れる場合は、キャベツが直接砂糖に触れないように、お皿を一枚かませるなどの方法をとってください。こちらもパンと同様、砂糖がサラサラに戻ったらキャベツの葉は取り除いてくださいね。

電子レンジで加熱する

固まった砂糖を1分程様子を見ながら電子レンジにかける方法です。これは、砂糖同士をくっつけていた微量な水分を加熱することで飛ばし、サラサラに戻すという原理です。 ですが、砂糖に熱が加わり過ぎると溶けてしまったり、飴状になってしまうので、電子レンジにかける時は、様子を見ながら行ってくださいね。

グラニュー糖を入れる

こちらはカチカチになった砂糖を戻すといった方法ではなく、そもそも砂糖を固まりにくくする方法です。 まだ砂糖がサラサラのうちにグラニュー糖やヨーグルトについてくる顆粒状の砂糖(実はこれもグラニュー糖を顆粒状にしたもの)を混ぜておくと固まりにくくなります。グラニュー糖は上白糖よりも固まりにくい性質をもっていますので、固まりにくくする予防策としては効果が見込めます。 それでもカチカチに固まってしまった場合は、同量の砂糖を入れ足すか、上記にあげたいずれかの方法をお試しくださいね。

変色は捨てるサイン!

砂糖は基本的には賞味期限がなく、長期保存が可能な食品ですが、開封・未開封に関わらず、湿気で溶け出すような状態になったり、部分的に変色したりした場合は廃棄の目安と思って良いでしょう。 また、黒砂糖にも賞味期限はありませんが、黒砂糖は他の砂糖に比べて、精製度が低い砂糖なので、風味が変わることがあるようです。黒砂糖に関してはおいしく食べるためにもなるべく早く使い切った方が良さそうですね。

上手に保存すれば砂糖は半永久食品

砂糖には賞味期限がない、乾燥に弱いといった話など、初めて耳にすることもあったのではないでしょうか。 湿度変化に弱い砂糖を固まらせずに使い続ける方法としては砂糖を密封容器に入れ、空気に触れさせないことが一番上手な保存です。ですが、それでもなかなかすぐに使い切ることができず、固まってしまうこともあるかと思います。そんな時は、ここでご紹介したサラサラの砂糖に戻す方法を試してみてくださいね。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup