瓶の蓋が固すぎて開かない!誰でもできる簡単な開け方ガイド

瓶の蓋が固すぎて開かない!誰でもできる簡単な開け方ガイド

Bu facebook
Bu twitter
ジャムの瓶の蓋を開けようと思ったらカチカチで開かない。料理中に調味料の瓶の蓋がカチカチで開かない。かたくて開かなくなった瓶の蓋にイライラさせられたことは、誰にでもあるのではないでしょうか。瓶の蓋が開かなくなる理由と、その対策を解説します。

瓶の蓋が開かない!

食事中や、料理中に瓶の蓋があかなくてイライラしたり、困った経験は誰にでもあると思います。時間のない朝ごはん中にに、ジャムの瓶の蓋があかなくなってしまった時のイライラなんて最悪ですよね。でも、そんな時も瓶の蓋があかなくなる原因と、その解消方法を知っていれば意外にすんなりとあいてしまうこともあるんです。知っていればちょっと得をする、いざというときに役立つ生活の知恵をご紹介します!

瓶の蓋があかなくなるのはなぜ?

知らないうちにカッチカチになってしまう瓶の蓋。その原因って一体何なのでしょう。主な原因は2つ考えられます。
・冷蔵庫で冷やされるうちに、蓋が収縮してキツくなってしまった。
・内容物が瓶の口やその周りに付着して、接着剤のように固まってしまっている。
確かに、冷蔵庫内でしばらく放っておいた瓶の蓋ってカチカチに堅くなってしまっていることが多いような気がしますよね。ほとんどの物質は、暖かいところでは膨張し、寒いところでは収縮する、という性質があるので、瓶もそれに習って収縮して蓋がキツくなってしまっているのです。また、ハチミツやジャムなどの糖分と粘度が高いものは特に、瓶の縁についてカッチカチになってしまうことが多いようです。

あかなくなった時の対処法

瓶の方に力を入れてひねる

「蓋をあける」と言うからには蓋をひねることに気を取られがちですが、それが瓶の蓋をあけにくくしている大きな原因なんです。円形のモノは、直径が大きいものほど大きい力をかけることができます。瓶はそのほとんどが蓋の直径よりも、瓶の直径の方が大きいですよね?なので蓋に力をかけてひねるよりも、瓶に力をかけてひねる方が大きい力がかかるので、瓶の蓋があけやすくなるんです。瓶の蓋があかない!という時にはまず試してほしい方法です。

瓶の底を叩く

それでもあかない時は、タオルの上に瓶をさかさまに置いて、瓶の底を叩いてみましょう。瓶に衝撃を与えると、蓋と瓶の間に空気が入るので蓋があきやすくなります。底でなくても、蓋の縁を金づちなどでトントン叩くと、同じように瓶と蓋の間に空気が入るのであきやすくなります。瓶が割れてしまわない程度に、いろいろな衝撃を与える方法を試してみると、もっとあけやすい方法が見つかるかもしれません。

膝を使う

膝を立てて、その上に瓶を置いて固定する方法です。膝の上だと瓶がすべりにくくなるので、力が逃げていかず開けやすくなります。ちなみにズボンの上から滑ってしまう可能性があるので、直接膝の上に置いてやってみてくださいね。

手首を固定してひねる

手首をひねるのではなく、腕全体の力を使うようなイメージで瓶の蓋をあけてみましょう。まず瓶を持って両腕を前方にピンと伸ばします。もちろん、片手は蓋、もう片方の手は瓶本体にかけてください。そのまま手首をひねらないように意識し、肘だけを曲げて身体の方に瓶を引き寄せます。力の弱い女性でも、この方法を試すと意外とすんなりあけられることが多いみたいです。

それでも開かない時は

蓋を温める

湯せんによって温めることによって、収縮した蓋を広げると同時に、瓶の口の周りにこびりついて固まった調味料などを溶かします。しかし、温める際に水分が瓶の中に入り込んでしまう恐れがあるので十分に注意しましょう。

ゴム手袋を使う

手がすべらないようにゴム手袋を着用して蓋を回してみましょう。すべることによって逃げてしまっていた力が、ギュッと留まるので、あけやすくなります。

輪ゴムを巻く

蓋の周りに輪ゴムを何本か巻きつけるのも効果的です。先ほどのゴム手袋をはめるのと同じ原理で、力が逃げにくくなります。

バターナイフやドライバーをうかう

バターナイフやマイナスドライバーなど、先が細く、丈夫なものを蓋と瓶の間に差し込んで浮かせるようにしながら、蓋を回してみましょう。蓋と瓶の間に空気が入るのであけやすくなります。力が入りすぎて怪我をしたり、瓶を壊したりしないように注意しましょう。

最終手段は……

キリなどで蓋に小さな穴をあけましょう。蓋の周りなどを金づちで軽くたたいていると、だんだん瓶の中に溜まった空気が抜けてくるのでそうすると蓋があきます。蓋に穴が開いてしまうのでその後の気密性を考えると、新しい瓶につめかえることをおすすめします。
また、あかなくなった瓶などの蓋を簡単に開けるためのグッズもホームセンターなどで販売されているようです。叩いたり、温めたり、輪ゴムを巻いたりするのなんてめんどくさい!というあなたはひとつ持っておくとよいかもしれませんね。

あかなくなるその前に

「瓶の蓋があかない!」と困ることのないように日頃から、瓶を長期間放置しないように心がけましょう。ときどき蓋をあけてみたり、意識することによって、知らないうちに賞味期限が切れてしまった!というような事態も防げます。またハチミツやジャムなどは、しまう前に瓶の口部分をキッチンペーパーなどでふき取るようにするとよいかもしれませんね。

カチカチの瓶の蓋もこれで怖くない!

カチカチの瓶の蓋をあける方法はいかがでしたか?カチカチになってしまうと、何となく使う気が無くなって捨ててしまっていた人も多いのではないでしょうか。輪ゴムやドライバーなど身近なもので意外なほど簡単にあくので、あけかたさえ知っていれば最後までおいしく使い切ることができますね。これから大掃除の季節ですが、冷蔵庫の大掃除の際に、蓋がかたーくなってしまった瓶を見つけた時にはぜひ試してみてくださいね!
▼日常で使える裏技はこちらもおすすめ!
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup