「ランドセル買う?買わない?」ぎりぎりまで決められない親心とは?

「ランドセル買う?買わない?」ぎりぎりまで決められない親心とは?

Bu facebook
Bu twitter

「ランドセル買う?買わない?」ってどういう意味?

小学校に入学する時にほとんどの子がランドセルを買ってもらうと思います。

私も長男が生まれた時、この先待っている楽しみな行事の一つにランドセルの購入がありました。ランドセルの購入は小学生になるまで無事成長してくれたお祝いの意味もあると思います。ランドセルを背負った姿を見るのを楽しみにしている家族も多いのではないでしょうか?

『光とともに…』(戸部けいこ/著)の中に、何度かランドセルを買うか買わないか、という話題が出てきます。特に印象的なのは、就学を前にするママの「うちはもうランドセル買ったよ」という言葉。

「ランドセル買う?買わない?」ぎりぎりまで決められない、障害ある子の親心の画像

Upload By モンズースー

「ランドセル買う?買わない?」ぎりぎりまで決められない、障害ある子の親心の画像

Upload By モンズースー

これを読んだとき「ランドセル?皆買うんじゃないの?」と少し不思議でした。

「ランドセル買う?買わない?」ぎりぎりまで決められない、障害ある子の親心の画像

Upload By モンズースー

ランドセルを買うかは「特別支援学校へ進むかどうか…」

「ランドセル買う?買わない?」ぎりぎりまで決められない、障害ある子の親心の画像

Upload By モンズースー

「ランドセル買う?買わない?」ぎりぎりまで決められない、障害ある子の親心の画像

Upload By モンズースー

支援を受ける子のママ達と話す中で、特別支援学校ではランドセルを使わないと知り納得しました。

ランドセルを買うかどうかは「特別支援学校へ進むかどうか…」という意味だったのです。

ランドセルを買ってあげたい親心。でも障害児の進学先はなかなか決まらないことも

「ランドセル買う?買わない?」ぎりぎりまで決められない、障害ある子の親心の画像

Upload By モンズースー

最近では6月ごろから新作が販売されるランドセル。

周囲がランドセルの購入の話をしていますが、まだその時期には発達の遅れのある子たちは就学先が決まっていません。光くんのように、3学期になっても特別支援学校か地域の小学校か進路が決まらず、ランドセルが買えなかったという子の話も以前聞きました。

来年1年生になる長男。どうなるランドセル問題

「ランドセル買う?買わない?」ぎりぎりまで決められない、障害ある子の親心の画像

Upload By モンズースー

来年就学を迎える長男。「進路が決まる前に買っていいのかな?」「地域の小学校に入学できると考えて大丈夫なのかな?」と我が家でも複雑な気持ちです。

そんな中、同じような境遇のママが「特別支援学校に決まったら好きなカバンが選べるから楽しみ」と話してくれました。

周囲と形は違うかもしれないけど、それぞれ成長を祝う環境があるのだと気づかされました。

※このコラムは『光とともに・・・~自閉症児を抱えて~』の場面の中から発達障害の事例を取り上げてご紹介しています。秋田書店『フォアミセス』誌でも掲載しています。よかったらお手にとってご覧くださいね!

http://www.akitashoten.co.jp/formrs

フォアミセス|秋田書店

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup