排卵チェッカーの種類、正しい使い方とポイントとは?

排卵チェッカーの種類、正しい使い方とポイントとは?

Bu facebook
Bu twitter
妊娠の可能性を高めるには、自分の排卵日をできるだけ正確に予測し、そこで集中的に性行為を行うことが重要ですが、そのために便利なアイテムが「排卵チェッカー(排卵検査薬)」です。ここでは、排卵チェッカーがどういうものなのかや、正しく使うためのポイントなどをご紹介していきます。
排卵日を把握して妊娠率を上げよう

避妊具を使わずに、パートナーと性行為を重ねていれば、妊娠できる日が自然に訪れると思っている人も多いかもしれません。しかし、排卵された卵子の寿命は12〜24時間、女性の体内に入った精子の寿命は射精後2〜3日と、それぞれにタイムリミットがあるので、いつでも受精できるわけではありません。

妊娠しやすいのは、排卵の3日前から排卵後の1〜2日といわれており、妊娠の成功率を高めるためには、このタイミングで集中的に性行為を行うことが大切です。そこで重要になってくるのが、女性が自分の排卵日を把握しておくこと。排卵日を予測する方法には、「基礎体温表をつける」「子宮頚管粘液(おりもの)の状態をチェックする」などの方法もありますが、比較的に簡単にでき、精度が高いといわれているのが、市販の「排卵チェッカー(排卵検査薬)」を利用する方法です。

排卵チェッカーにはどんな種類があるの?

排卵チェッカーには、大きく分けると、「尿で調べるタイプ」と「唾液で調べるタイプ」の2種類があります。

尿で調べるタイプの排卵チェッカー
排卵の直前になると、卵胞を刺激して排卵を促す作用を持つ「黄体化ホルモン(LH)」の分泌量が急激に増えます。尿で調べる排卵チェッカーは、この黄体化ホルモンの尿中濃度から排卵日を予測する検査薬です。

このタイプの排卵チェッカーには、唾液で調べるタイプのものより判定がしやすいというメリットがあります。しかし使い捨てなので、すぐに妊娠できなかった場合は、毎月費用がかかってしまいます。

唾液で調べるタイプの排卵チェッカー
女性は、体の周期的な変化にともなって、唾液の状態も変化し、排卵日が近づくと、唾液の中にシダ状の結晶が現れます。唾液で調べるタイプの排卵チェッカーは、ガラスに塗った唾液を付属の顕微鏡で観察し、結晶ができているかどうかで排卵日を予測する検査薬です。

このタイプの排卵チェッカーは、電池交換ができるので、何度も繰り返し使用できるというメリットがあります。しかし見方にコツがいるため、慣れるまでは、うまく確認できないという人もいるようです。

排卵チェッカーの正しい使い方

ここからは、一般的な薬局などでも見かけることが多い尿で調べるタイプの排卵チェッカーの使い方をご紹介していきます。
いつからチェックすれば良い?
排卵チェッカーは、次の生理予定日の17日前から使い始め、毎日ほぼ同じ時間に検査するのがよいとされています。排卵は、一般的に次の生理予定日の14日くらい前にあるといわれており、「生理予定日の17日前」というのは、つまり排卵日の3日前ということです。

自分の生理予定日や生理周期をきちんと把握するためには、まずは基礎体温表をつけ、そのうえで排卵チェッカーを利用することをオススメします。

生理周期が不規則な場合は?
生理周期が不規則な人は、最近の2〜3周期の中で、もっとも短かった生理周期を目安にしましょう。そして、「前回の生理開始日+最近の2~3周期の中でもっとも短かった周期-17日」が、排卵チェッカーを使い始める日とします。

排卵後も陽性反応ありに注意!?
黄体化ホルモンは、数日をかけて徐々に増えてくるので、陽性反応が2〜3日程度続いても、特に心配する必要はありません。しかし、それ以上に陽性反応がずっと続く場合は、すでに妊娠している可能性が考えられます。また、分娩後や流産後、人工中絶後、妊娠したときに胎盤をつくる絨毛細胞の病気(胞状奇胎や絨毛がん)、内分泌障害、閉経期、不妊治療のために薬剤投与を行っているときなども、陽性反応が続くことがあります。そういった場合は、なるべく早めに婦人科を受診するようにしましょう。

陽性・陰性の線の見分け方にも注意
排卵チェッカーの検査結果の見方は、「コントロールライン」と「テストライン」などと呼ばれる2本のラインの濃淡から判断するのが一般的です。

・陽性反応…2本のラインがどちらも濃い、もしくは、テストラインがコントロールラインより濃い場合は陽性反応です。48時間以内に排卵が起こる可能性が高いので、パートナーと性行為をするタイミングを持ちましょう。

・陰性反応…テストラインがコントールラインよりも薄い、もしくはテストラインが表示されない場合は陰性反応です。翌日以降も、陽性反応が出るまで検査を続けましょう。

・エラー…1本もラインが表示されない場合は、エラーということになるので、新しい排卵チェッカーで再検査を行いましょう。

ただし、排卵チェッカーの判定結果の見方は、製品によっても異なるので、購入した製品の説明書をよく確認してください。

まとめ

排卵チェッカーには、いろいろな製品があるので、ご自分にとって使いやすいものを選びましょう。また、せっかく排卵チェッカーを購入しても、使い方が間違っていると意味がなくなってしまうので、今回ご紹介した内容を参考に、正しい方法で検査を行っていきましょう。

関連リンク
共働きでも大丈夫! 夫との家事分担のコツ&時短テク | マイナビウーマン
育休期間と取得までの流れは? 出産後の職場復帰に向けてママ・赤ちゃんの準備 | マイナビウーマン
簡単チェック! 家族で海水浴へ行く時の持ち物&便利グッズ | マイナビウーマン
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup