解決法が見つからなくても、話すだけで楽になれた。発達障害育児を支えた戦友

解決法が見つからなくても、話すだけで楽になれた。発達障害育児を支えた戦友

Bu facebook
Bu twitter

デジャブ!?療育友達の家で見つけたもの

解決法が見つからなくても、話すだけで楽になれた。発達障害育児を支えた戦友の画像

Upload By 荒木まち子

解決法が見つからなくても、話すだけで楽になれた。発達障害育児を支えた戦友の画像

Upload By 荒木まち子

発達障害の娘は二歳の頃から親子教室に通っていました。何度か通ううちに親同志のつながりもでき、お互いの家に遊びに行く事も度々ありました。ある日、娘と同じ年の女の子の家に遊びに行くと、机の上に塗りかけの塗り絵がありました。あまりにもきれいに塗れていたので、どうしてこんなに上手なのかとたずねると…

解決法が見つからなくても、話すだけで楽になれた。発達障害育児を支えた戦友の画像

Upload By 荒木まち子

あるある談義に花が咲いたのでした。

あるある!涙ぐましい努力にも共感

解決法が見つからなくても、話すだけで楽になれた。発達障害育児を支えた戦友の画像

Upload By 荒木まち子

障害の種類や程度に多少の違いはあれど、未就園児で行くところもなく、同世代の子とうまく遊ぶことができない子どもを育てている。そんな同じ境遇の親同士だったからか、辛いことも笑い話にできました。

問題解決に至らなくてもいい。話すだけで楽になれた

「うちの子、赤ちゃんを見ると触りたがるから、相手の親御さんにビックリされちゃうの」
「男の人が苦手で、男の先生がいると療育にならないんだ」
「ルールを守らない子が気になりすぎて、自分もルールが守れなくなる」
「暗くなっても公園から帰ろうとしない」

これといった解決方法が見つからなくても、お互い口にするだけでよかったのです。おすすめの公園の話、○○式学習法を試した感想、親向けのセミナーで得た情報など、話は尽きることがありませんでした。

話をしている最中に子どもが急に大声を上げたり騒ぎだしたりしても、お互い察することができるので「あぁ、何か気にいらないことがあったのね」「これかな?」「あぁ、はいはい、これね」と気兼ねなく対応できます。

当たり前じゃないことが当たり前。困ってるけど、どうしようもない。それでも少しでも辛さを減らすための工夫を考える。あの頃の私達にとって、そんな時間を共有することは無くてはならないものでした。

後ろめたさを共有すると、心が軽くなった

解決法が見つからなくても、話すだけで楽になれた。発達障害育児を支えた戦友の画像

Upload By 荒木まち子

幼稚園の慣らし保育プログラムでは朝、連絡帳に朝食の内容を記入して提出するのですが、毎回しっかりと朝食をとることが難しかった娘。「果物だけじゃ恰好がつかないよなあ」と思い、”牛乳”や”パン”など、朝食のメニューを盛って書くことがちょくちょくありました。

他のお母さん達の「うちも盛ってる!」「リンゴジュースだけだった時、”朝食:果物(りんご)”って書いたことがあるよ(笑)」「朝起きて、ここに来れてるだけでも凄いことだよ!」などホッとする(?)言葉に、後ろめたさがぐっと減ったことを覚えています。

必死だった時間を共有した戦友とのつながり

未就園、未就学の頃は将来の不安など感じる余裕もなく、ただ毎日を必死に過ごしていました。

娘が小学生になった時、主人の転勤で引越しをしたわが家。住んでいるところは離れてしまったけれど、今でも彼女とは、手紙や年賀状で、お互いの子どもの様子を伝えあっています。

それぞれ、さまざまな危機も乗り越え、なんとか無事に(?)過ごした19年。あっという間だったような気もしますが、いろんなことがありすぎて覚えていないというのが正直なところかもしれません。

そんな子ども達も来年は成人式を迎えます。

常に「いい親」でいるのは、とても大変です。しんどくなったら愚痴や弱音を吐いてガス抜きをすることも大切です。そしてたくさん話をして最後に少しでも笑えたら、私達はまた前に進むことができるのだと思います。

子どもの人生はこれからの方がずっと長いはず。苦労と笑いを分かち合った「戦友」とのつながりはこれからもずっと続くことでしょう。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup