シェフが6つの疑問に答える!ゆで卵の本当に正しい作り方

シェフが6つの疑問に答える!ゆで卵の本当に正しい作り方

Bu facebook
Bu twitter
「ゆで卵」は卵をゆでるだけと、とってもシンプルで簡単な料理ですが、結局どれが正しい作り方なのかは知らないかも。そこで今回はみなさんが疑問に思うであろうゆで卵のあれこれをご紹介したいと思います。あなたのゆで卵ライフが変わるかもしれませんよ。

プロが教える「ゆで卵」の正しい作り方

この記事は、三越伊勢丹が運営する、らしさに出会える、食メディア「FOODIE」の提供でお送りします。
卵をゆでるだけの「ゆで卵」はとってもシンプルな基本の料理。人によっていろんな作り方があるけれど、結局どれが正しい作り方なのかは、意外に知りません。やっぱり失敗せずに、美味しく作りたい! そこで、今さら聞けないゆで卵の作り方について、疑問に思っていたあれこれを、伊勢丹新宿店の料理のプロ・鈴木理繒シェフに教えてもらいました。

Q:卵は冷蔵庫から出して、すぐにゆでる?

A:卵は常温に戻してからゆでるのがおすすめ。常温に戻すことで、卵の温度が水の温度と近くなり、ゆでる時間が短縮できるというわけです。 冷蔵庫から出したばかりなら、ボウルに水をはって卵を入れ、10分くらいおくといいでしょう。

Q:卵は水からゆでる? お湯からゆでる?

A:卵は水からゆでるのがおすすめ。お湯に入れてゆでるよりも、水に卵を入れたほうが温度差があまりないので、ひび割れる心配が少なく、ゆでる時間が少し短くなります。 ゆでる水の量は卵の半分の高さくらいでもOKです。ただし水が少ないので、必ずふたをしてゆでてください。

Q:黄身を真ん中にするコツは?

A:水が沸騰するまで箸で卵を静かに転がすと、黄身が真ん中にきます。 卵の半量ほどの水でゆでる場合、沸騰したらふたをしてゆでましょう。

Q:とろとろ卵、半熟卵、固ゆで卵を作る、時間の目安は?

右から時計回りに、「とろとろ卵」「半熟卵」「かたゆで卵」

A:卵は水からゆではじめ、プクプクと気泡が立って沸騰したら、中火にして時間を計ります。 「とろとろ卵」なら約5 分、「半熟卵」なら7~8分、「固ゆで卵」なら約9分。 ただし、どんな鍋でゆでるか、メーカーごとの火力の違い、ガスかIHなど、家庭の環境によって微妙に変わるので、時間はあくまで目安です。

Q:卵の殻をツルンとむく方法は?

A:ゆで卵を急冷するのがコツ。ボウルに氷水を用意し、ゆであがった卵をすぐに取り出して、氷水につけてしっかり冷まします。 このとき、卵の殻にヒビを入れるとよりむきやすくなります。ゆでたては殻の中身が膨張しているので、急に冷水に入れるとキュッと締まり、殻との間に隙間ができてむきやすくなるのです。 ちなみに、新鮮な卵ほど殻がむきにくいです。

Q:ゆでている途中で、白身がはみ出さないようにするには?

A:ゆでる水に酢大さじ1くらいを入れてから、ゆでるといいでしょう。 お湯の中で卵がぶつかって卵の殻が割れることがありますが、酢はタンパク質を凝固させる力があるので、殻が割れても白身を湯に出さずに固めてくれます。

おまけ・「鶏肉とねぎのうま煮、半熟卵入り」のレシピ

鶏肉とねぎを煮た煮汁にゆで卵を入れるだけ。ひと晩おけば美味しさアップ!

「ゆで卵を使って、わが家でよく作るレシピをご紹介します。ひと晩おくと鶏のうまみが卵にしみて、朝食やお弁当のおかずにピッタリです」と鈴木シェフ。 黄身がトロ~っとした半熟卵を使うと、よりごはんがすすむおかずに。お酒のつまみにもなりそうです!

材料(2人分)

ゆで卵(半熟卵)…2~3個 鶏もも肉…1枚 長ねぎ…1本 しょうが…1/2かけ  サラダ油…大さじ1 砂糖…大さじ4 だし汁…1カップ(200cc) 酒…大さじ2 しょうゆ…大さじ5 みりん…大さじ2

作り方

1.鶏肉は一口大に切る。長ねぎは3~4cm長さに切る。しょうがは薄切りにする。 2.鍋にサラダ油と長ねぎを入れて中火にかけ、焼き色をつける。鶏肉としょうが、砂糖、だし汁を加えて中火にかけ、鶏肉に火が通るまで煮る。酒、しょうゆ、みりんを加えてひと煮立ちしたら火を止める。 3.2.にゆで卵を加えてキッチンペーパーをかぶせ、粗熱がとれるまでおく。できれば一晩以上おくとよい。
提供元:
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup