【医師監修】人工授精の成功率はどれくらい? 妊娠の方法とメリット・デメリット

【医師監修】人工授精の成功率はどれくらい? 妊娠の方法とメリット・デメリット

Bu facebook
Bu twitter
不妊に悩む人への治療方法のひとつである人工授精。名前は比較的に一般的ですが、実際にどんな治療方法なのかよく分からないという人も多いのではないでしょうか。人工授精とはどんなものなのか、基本的な知識やそのメリット・デメリットを知り、不妊治療をするうえでの参考にしましょう。







この記事の監修ドクター

フラワーベルARTクリニック 丸田英 先生

愛知県名古屋市にある不妊治療専門「フラワーベルARTクリニック」です。不妊治療に関心はあるけど何から始めればよいか、どうすればよいか分からない、自分がどういう状態にあるのか不安…という方はぜひ一度お気軽にご相談ください。一人でも多くの方に当院を選んで良かったと思っていただけるよう、スタッフ一同、皆さまのご来院を心よりお待ちしております。
http://www.flowerbell-art.jp/
人工授精ってどんなもの?

人工授精という言葉のイメージから自然妊娠とは全く違うもののように聞こえ抵抗を感じることもあるかもしれません。しかし、実際は自然妊娠に近い治療法ともいえます。
人工授精とは
人工授精とは、一言でいえば採取した精子を人の手によって子宮の奥に入れる治療方法です。卵子と精子の出会う確率を高めるものですが、卵子を子宮に入れた後の受精・着床に至る流れは自然妊娠と同じ流れになります。具体的には、女性の排卵の時期にあわせて、あらかじめ採取しておいた精子を管を通して子宮内の奥へ直接注入していきます。通常は、排卵期にあわせて性交をもつタイミング療法の次のステップとして行われる治療法です。自然妊娠に近い治療法なため、赤ちゃんへの影響や副作用もほとんどありません。ただし、卵管が通っている必要があるのはもちろん、卵管のなかで自然に受精が行わなければ妊娠には至りません。
人工授精と体外受精の違い
人工授精と体外受精の違いについて、よく分からないという人も多いでしょう。言葉が似ているため混同されやすい治療法ですが、実は大きく異なります。人工授精は卵子と精子とが体内で出会う確率を高めるだけの治療法である一方で、体外受精は卵子と精子が受精するまでを体の外で人工的に行い、その受精卵を子宮に戻します。つまり、体外受精のほうがより人の手の加わった不妊治療ということになります。
人工授精の適応

人工授精をするためにも、適応、不適応があります。それらをよく把握したうえで、かかりつけ医と相談し、自分たちにあった治療方法を選択していくことが大切になります。
人工授精に向いているケース
人工授精に向いているケースとしてはいくつかのパターンがあります。例えば、卵子は正常なのだけれど、精子減少症や精子無力症などで精子の数や運動面で何らかの問題があり自然妊娠が難しい場合、あるいは子宮頸管にトラブルがあって精子が通りにくい状況にある場合、女性の体が精子を異物として認識・反応してしまう抗精子抗体が陽性のケースなどが考えられます。また、子宮内膜症性不妊症や卵管性不妊症などの場合は、排卵誘発と併用することにより 有効だという報告もなされています。一般的には卵管通過障害がなく、タイミング療法を6周期以上行っても妊娠できなかった場合の次のステップとして人工授精が選ばれる場合が多いでしょう。
人工授精に向いていないケース
人工授精に向いていないケースもあります。人工授精は精子が子宮の奥に入ることを人工的にサポートする治療法です。タイミング法で妊娠しないときには卵管に問題がある可能性もあり、例えば両方の卵管がふさがっている両側卵管閉塞の場合、手術をして妊娠の可能性を広げます。自分たちの体の状態や費用などあらゆる面を検討しながら、医師とともに不妊治療の選択をしていきます。
人工授精の成功率

人工授精を選ぶうえで必ず気になるのがその成功率。ただし、患者の状態や病院によってもばらつきがあるので、成功率といっても一概に全ての人に当てはまるとはいえません。また、人工授精によって妊娠できなかった場合のことも考えておく必要があります。信頼できる病院、医師に相談のうえ、決断していきましょう。
人工授精が成功する確率
一般的に、人工授精による妊娠の成功率は平均として10%前後程度といわれています。タイミング療法の1回あたりの妊娠率が約3~5%というものに比べれば高いとも言えますが、人工授精だけで飛躍的に妊娠率があがるというわけではありません。人工授精を何度行うか、また何度行って結果が出なければ体外受精に移行するかなどは、病院の判断や患者の意向によります。厚生労働省が行った調査によると、人工授精を5~6回経ても妊娠できなければ、それ以上続けても人工授精による妊娠は難しいということがわかっています。原因としては様々ですが、卵管内で受精ができていないか、卵子の質が低下しているなどがあげられます。その場合は医師と相談のうえ、体外受精など次の治療法へと移行するケースが多いといえます。いずれの場合も、疑問や不安がある場合には、その都度医師にしっかりと相談するようにしましょう。
人工授精の方法

実際に人工授精を行うと決めた場合、どのように進められるのでしょうか。病院によって多少の違いはありますが、基本的な流れをご紹介します。
人工授精の進め方
生理初日から5日目くらいまでに人工授精を行うか、排卵誘発剤を使うか、完全自然排卵 にするかなどを検討します。人工授精は排卵前日から当日に行います。したがって人工授精行うと決めた場合、まずはあらかじめ基礎体温や血液検査、超音波検査などをしてできるだけ正確な排卵日の予測を行います。超音波では卵胞の大きさや子宮内膜厚を計測します。血液検査ではエストロゲンを測定します。

排卵日を予測したら人工授精を行う日を決め、自宅や病院で精液を容器に採取します。精液は病院で洗浄や検査を経て、元気のよいものを集め濃度を高めます。その作業にかかる時間は30分から1時間程度です。その後、医師がその精子を細い管を使って子宮の奥へ注入します。その時間は1、2分程度で痛みも基本的にはありません。注入された後の過程は自然妊娠と変わりません。

人工授精を行った2日後ほどに排卵が行われたかを調べます。そして黄体ホルモンを数度補充し、着床を高めていきます。基本的に妊娠に至ったかどうかは、次の生理の有無で判断されます。人工授精で妊娠した人の多くは4回~6回目までに成功しており、人工授精を続けるかどうかの1つの目安となります。人工受精後の安静などは特に必要ありません。入浴を含め、通常どおりの生活をして大丈夫です。
精子の提出方法
精子は病院から渡される専用の容器に採取します。病院か自宅で採取しますが、精液を自宅で採取する場合には、当日の3、4時間以内に採取したものを持参します。人工授精予約時に病院に提出し、検査や遠心処理を待ちます。
人工授精のメリット・デメリット

人工授精を選択するかしないかを判断するうえで、メリット・デメリットを知っておく必要もあります。医師と相談の上、自分たちにあった治療法であるかをじっくり考えた上で決断するようにしましょう。

人工授精のメリット
妊娠しにくい理由の1つに、子宮内が細菌が入ることを防ぐために弱酸性に保たれていることがあります。このため、弱い精子は卵管まで到達できず、妊娠に至らないケースがあるのです。その点、人工授精では子宮の奥に精子を直接届けるため、受精の確率を高めることができます。

また、人工授精の大きなメリットとして男女ふくめ、体への負担が少ないことも挙げられます。検査や準備などはありますが、注入は短時間で済ますことができ、基本的に痛みもありません。人工授精には入院も必要なく、病院により3~30分程度安静にしているところが多いようです。その後帰宅して普段通りの生活を送ることができます。あわせて、赤ちゃんへの影響もなく、先天性異常の発生率は自然妊娠と変わらないと言われています。
人工授精のデメリット
人工授精のデメリットは、子宮の奥に精子を注入した後は自然妊娠と同様の過程となるため、人工授精単独の治療で飛躍的に高い成功率を期待することはできません。また、患者の体の状況や病院などにもよっても成功率にバラつきがあるので、判断しにくいということもあります。

副作用として考えられるリスクとしては、腹膜炎があります。通常は精液の中にあるばい菌は子宮頚管によって直接子宮内へ入ることはありません。しかし、人工授精の場合は洗浄された状態とはいえ直接精液を注入するため、ばい菌が子宮内に入ってしまう可能性があります。そのばい菌が子宮や卵管内に入り広がってしまうと、腹膜炎になってしまう危険もあるのです。

そのため、予防処置として抗生剤の服用を勧める病院もあります。また、排卵誘発剤を使用した人工授精を行った場合、双子などの多胎をはじめ、卵巣の腫れや胸水・腹水などを招く卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になる可能性が高まることがあります。カテーテルを使用する際の出血や感染の危険もないとは言い切れません。

そういった副作用のリスクのほかに、費用がかかるというデメリットもあります。日本では人工授精は保険診療の対象になっていません。病院にもよりますが、人工授精の料金は一回あたり2万円前後かかることが多いようです。さらに、排卵を合わせるための点鼻薬 などで数万円別にかかることもあります。1度の人工授精で妊娠に至ることはあまりなく数度と繰り返すたびに数万円という費用がかさむという現実も踏まえる必要があります。

まとめ
不妊治療については人工授精をふくめ、いろんな選択肢がありますが、情報もさまざまで自分たちに合った治療法がどんなものなのか判断するのが難しいでしょう。どの治療法にしても1度で妊娠に至るとは限らず、精神的にも費用面でも大変な思いをする人も多いようです。また、不妊治療の辞めどきを判断するのが難しくなるというケースも多々。不妊治療は非常にデリケートな問題です。まずは信頼できる病院や医師を見つけ、不安な点に関してパートナーと一緒に確認、相談することが大切といえそうです。

関連リンク
「葉酸を多く含む食品」の上手な調理法&3つのレシピ | マイナビウーマン
【医師監修】妊娠初期に気をつけること 体の状態・食事・過ごし方 | マイナビウーマン
【医師監修】授乳中の便秘、原因とすぐにできる効果的な解消法 | マイナビウーマン
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup