唐揚げはふわトロに!? おでんに入れたい「変わり種食材」3つ!

唐揚げはふわトロに!? おでんに入れたい「変わり種食材」3つ!

Bu facebook
Bu twitter
おでんの具材と言えば、大根、卵、こんにゃく、はんぺんなどが定番ですよね。ご家庭によってもさまざまなバリエーションがあるかと思いますが、今回はありそうでなかったおでんの「本気の変わり種」を3食材をご紹介します!

冬の代表といえばおでん!

冬に食べたいものといえば「おでん」ですよね。でも、毎回おなじ具材だと飽きてしまうことも。そこで今回はいつもとはひと味違う、本当に変わり種のおでんの具材でおでんを楽しんでみました♪

いつものおでんにプラスしたい変わり種

いつも通り作ったおでんに変わり種をプラスするだけですよ。今回使用する変わり種をご紹介します。

今回の変わり種

・たらこ
・アボカド
・冷凍からあげ
※分量はお好みでOKです。

作り方

1. おでんをいつも通り作ったら、たらこ、ひと口大に切ったアボカド、冷凍からあげを入れて、蓋をして弱火で煮ます。具材に火が通ったらできあがり!

変わり種のおでんの具を実食!

プチプチがたまらない!たらこ

プチプチ食感がたまらないたらこ。だしの味が染みて、とっても美味!そのままではもちろん、ご飯にのせてもおいしいですよ。

たらこのうま味が、おでんの汁にも溶け出て、おでんが全体的に魚介風味になります。たらこの外皮を破って、中身をほぐして食べるのもおすすめ♪

意外と合う!アボカド

食べるまで不安でしたが、アボカドの濃厚な味におでんの出汁が加わっておいしかったです!おでんの出汁と一緒に煮込むことにより、アボカドがさらにとろ〜っとした舌触りに♪

おでんと一緒に煮込みますが、アボカドは熟しているものを使用するのがよいかと思います。

めちゃ旨でお酒に合う!冷凍からあげ

冷凍からあげをそのままおでんに入れましたが、簡単でめちゃ旨!おでんの出汁を吸った衣はとろっとして、お肉はふわふわ食感に……♪

もちろん手作りのからあげでもおいしく作れると思いますよ。汁の中でグツグツ煮込むのもおいしいですが、おでんの上にのせて蒸気で解凍しながら、食べるときに汁を付けて食べるというのがおいしかったです!

おでんは懐の深い料理だった!

いかがでしたか?おでんの変わり種を3つご紹介しました。どれもとってもおいしかったです♪

おでんは、地域や家庭によっても具材も異なりますよね。どんな具材もおいしく変身してくれるおでんなら、冷蔵庫に眠る食材も有効活用できそうです!今回ご紹介したのはもちろん、みなさんも新たなおでんの具材を発見してみてくださいね。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup