【Siri】を使って親子で英語の発音練習してみよう!

【Siri】を使って親子で英語の発音練習してみよう!

Bu facebook
Bu twitter

【Siri】をご存知でしょうか?iPhoneの音声アシスタント機能である【Siri】。こちら、iPhoneの言語設定を英語に変更すれば、英語の発音練習に活用できるのです。自宅にいながら、ゲーム感覚で発音練習ができる大変便利な機能なので、使わない手はありません。【Siri】を活用した親子の発音練習方法についてご紹介します。

よく耳にするSiriってなあに?

photo by author (61399)

via photo by author
iPhoneを使用している方はよく耳にする【Siri(シリ)】。
でも実際のところ、どんなものなのかご存知の方は意外に少ないかもしれません。

【Siri】は2011年にiOS 5の主要な機能のひとつとしてはじめて発表された、音声認識と自然言語処理を用いた音声アシスタント機能の名称のことを指します。

ユーザーの声による入力を音声認識機能で解釈し、人工知能でその内容や文脈を読み取り、必要な情報を提供してくれたり、代わりに操作を行ってくれたりするのです。

質問に答えてくれるほか、電話帳を参照して指定した人に電話をかけたり、指定した場所までの道順を探したりと、あらゆる用途に利用することができます。まるで自分のプライベート秘書ですね。

その【Siri】の言語設定は簡単に変更することができ、現在、英語は9カ国にローカライズされています。言語設定を英語に変更し、英語の練習に活用する方法をご紹介しましょう。

さっそく英語に設定してみよう

photo by author (61401)

via photo by author
設定の仕方はとても簡単です。

①iPhoneの「設定」ボタンを押し、一覧の中の【Siri】を押します。

②一番上の【Siri】を右にスライドして“ON”へ。緑色になれば使える状態です。

③下にスクロールし「言語」を押します。

④最初「日本語」になっているので、自分が使用したい国の「英語」を選択します。

これで基本的な設定は完了。

ロック画面からでも【Siri】を使いたければ、「ロック中にアクセス」を“ON”に。
どこのボタンも押さずに“Hey Siri”と話しかけるだけで使いたければ、「“Hey Siri”を許可」を“ON”にします。また、【Siri】の声は、男性・女性と選ぶことができます。
(日本語に戻したい時は、「言語」を「日本語」に戻すだけです)

どんな風に使えばよいの?

photo by author (61463)

via photo by author
ホームボタンを長押しすると、上の画面が立ち上がります。
「マイク」ボタンをタッチして【Siri】に話しかけてみましょう。

筆者の場合、まず自分が使いこなすため、いくつかの質問を準備して、朝から寝るまで【Siri】に話しかけて練習してみました。

【朝】
・Good morning, Siri!(おはよう、Siri)
・Turn off my 6 alarm.(6時のアラームを止めてね)
・What's the weather like today?(今日の天気は?)
・What's the news for Japan?(日本のニュースは何かある?)

【日中】
・What's the temperature outside?(外の気温は何度かな?)
・Do I need to take an umbrella?(傘を持って行ったほうがよいかな?)
・Is there any sushi restaurant around here?(このあたりに寿司屋はある?)
・How long will it take to get there?(そこまでどのくらいかかる?)
・Play music.(音楽を再生してね)
・Check the email.(メールをチェックして)

【料理中】
・Show me how to make omelets.(オムレツのつくり方を見せて)
・Set the timer after 6 minutes.(6分後にタイマーをセットして)

【就寝時】
・Wake me up tomorrow at 7 AM.(明日の朝7時に起こしてね)

瞬時に返事を返してくれたり、自動で必要な操作をしてくれたり、本当に優れものでした!

どんなメリットが?

【Siri】を英語学習に使うことでどんなメリットがあるのでしょうか?
 (62840)

Sunny studio / Shutterstock.com

1.発音の練習になる

自分1人で発音練習をしていても、それが正しいのか、相手にきちんと伝わるのかがわからず、上達しているのかどうか不安になりますよね。発音が異なると【Siri】がうまく音声認識できず“I'm sorry.” “I can't answer that.”などと返事をしてくれるので、何度も繰り返し話しかけることで正しい発音が身に付き、自信に繋がります。

日本人が陥りがちな訛りにはいくつかあります。

①RとLの発音
日本語にはこれらの音はありませんので正しい舌の動かし方を練習する必要があります。
“Right”と“Light”を【Siri】に正しく認識してもらえるまで、子どもにも繰り返させてみましょう。

②カタカナ英語
英語だと思っていたカタカナ読みは実際は通じないものが多いです。子どもと一緒に、日本語に溢れているカタカナ英語を【Siri】に話しかけてみて、どれが正しいのか見つけてみるのも面白いでしょう。

③THの音
舌を上下の前歯で軽くはさんで出す音で日本語には存在しない音なので難しい発音です。“ I take a bath.”と“I take a bus.”で試してみると良い練習になります。

2.質問文をつくる練習ができる

自宅学習をしていると、英文を読み、理解する力はつきますが、自分から誰かに質問する機会はなかなかつくれません。難しい英文を読めても、簡単な質問文を瞬時につくることができない人も多いでしょう。

【Siri】に質問するとなんらかの反応を返してくれるので、その答えから質問文が正しかったのか見直しができます。どのように質問したら望む答えが返ってくるのか、質問の仕方をいくつか考えることもバリエーションを増やす練習になります。

3.英語を話す抵抗感が減る

いきなり外国人に英語で話しかけるのは勇気がいりますよね。勉強はしていても、自分が英語を話すこと自体に抵抗感や恥ずかしさを感じてしまうこともあるでしょう。誰も回りにいない自宅で、友だち感覚で【Siri】に話しかけることで、英語を話すことに慣れて、実際の外国人との会話でも自信を持って話せるようになります。

子どもと一緒に楽しみながらやってみよう

 (62839)

筆者は、6歳の長女と一緒に【Siri】を英語学習に活用しています。

長女は、学校では週3回英会話クラス、自宅では週1回Skype英会話をしていますが、なかなか自分から質問をする機会はないようです。覚えた英語で【Siri】に話しかけてみると、聞き取ってもらえないこともあるのですが、諦めず何度も繰り返しています。

自分の英語に反応してもらえるのが嬉しいようで、「【Siri】さん今何しているかな?」と、今ではまるでお友だちのような感覚で楽しんでいます。

皆さんも、ぜひ子どもと一緒に楽しみながら使ってみませんか?

元のページを表示 ≫

関連する記事

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup