ふりかけ以外断固拒否の長男…「偏食、直さなきゃ」の重圧を救ってくれた先生が神対応すぎる!

ふりかけ以外断固拒否の長男…「偏食、直さなきゃ」の重圧を救ってくれた先生が神対応すぎる!

Bu facebook
Bu twitter

大好物のふりかけご飯以外は断固拒否!長男の偏食がストレスに…

重度自閉症の長男は幼い頃から食べ物に対するこだわりがありました。

おかずには手をつけずひたすら白米ばかりを食べ続けるのです。それもただの白米ではダメで、お気に入りのメーカーのふりかけをたっぷりとかけたものしか口にしないのです。

パンも食べず麺類も受け付けないその姿を見ていると、次第に危機感が募っていきました。

このままでは一生、他のものが食べられない!

あるとき私はふりかけを隠しておくことにしました。食卓についた長男は、ふりかけのない白ご飯を見つめると不快そうにし机をどんどん叩きます。

「ふりかけはないよ。ごはんとみそ汁を食べるんだよ」私がそう言うや否や、長男は怒りをあらわにし置いてあったみそ汁をテーブルにぶちまけました。

ふりかけ以外断固拒否の長男…「偏食、直さなきゃ」の重圧を救ってくれた先生が神対応すぎる!の画像

Upload By シュウママ

「なんてことするのっ!」

思わず私が大声を出すと、長男は泣き出しました。そしてその日は夜中まで一口も食べようとしなかったのです。

根負けしてふりかけご飯を出してやると、長男は笑顔で食べ始めました。この子はずっとふりかけだけを食べ続けるんだろうか――不安が徐々に募っていったことを覚えています。

ふりかけ以外断固拒否の長男…「偏食、直さなきゃ」の重圧を救ってくれた先生が神対応すぎる!の画像

Upload By シュウママ

療育施設での初給食もやっぱり食べない。どうなる長男VS.先生!?

そんな日々の中長男が療育の通所支援に通うことになりました。

私はあらかじめ長男の偏食のことを先生に話しておいたのですが、先生は笑顔で「ここに来る子は大半が偏食なんですよ。大丈夫。シュウくんの偏食は絶対直してみせますから」力強く言って下さいました。

その言葉にほっとしましたが正直『あの頑固な偏食が直るわけない』と私は心の中で思っていたのです。初給食の日、やはりというべきかトレイに置かれたごはんとおかず、スープを長男は警戒心いっぱいの目で見ています。

ふりかけ以外断固拒否の長男…「偏食、直さなきゃ」の重圧を救ってくれた先生が神対応すぎる!の画像

Upload By シュウママ

イライラした様子の長男の背後に先生はぴたりとくっつき「シュウちゃんはどれが好きかな?」と言いスプーンにスープをのせて長男の口元へ持っていきます。長男はイヤイヤして飲もうとしません。

その姿を見ながらやっぱりダメか…そう思ったときです。

目からウロコ!長男が初めてスープを口にした!

先生は立ち上がり、棚からふりかけを出して長男のご飯にかけてくれました。

「ちょっとずつ慣らしていきましょうね」先生は私の方を振り返って言いました。ふりかけご飯を見て長男は目を輝かせ必死になって食べ始めました。食べている最中、先生は横からすっと自然に長男の口にスープを流しこみました。

ふりかけ以外断固拒否の長男…「偏食、直さなきゃ」の重圧を救ってくれた先生が神対応すぎる!の画像

Upload By シュウママ

あまりに先生の動作が自然だったからでしょうか。家では嫌がるスープをごくりと飲み干す長男。思えばこれが初めてスープを口にした瞬間だったでしょうか。結局その日、長男はごはんとスープを見事完食することができたのです。

「食べることは幸せ」給食の時間が長男の偏食を変えてくれた

それから1か月2か月と経つうち、連絡帳には「今日はシュウちゃん完食しましたよ!」という文字が見られるようになりました。

ふりかけ以外断固拒否の長男…「偏食、直さなきゃ」の重圧を救ってくれた先生が神対応すぎる!の画像

Upload By シュウママ

確かに家でもおかずが食べられるようになってきている・・そう思った私は親子通園の日、先生がどんな風に食べさせているのか様子を見させていただきました。

先生はまず長男が苦手にしている野菜を細かくスプーンでつぶしました。

ふりかけ以外断固拒否の長男…「偏食、直さなきゃ」の重圧を救ってくれた先生が神対応すぎる!の画像

Upload By シュウママ

米粒ほどの大きさになった野菜をこっそりご飯に混ぜて、違和感なく食べられるようになったら少しずつ野菜を大きくしていきます。

それでも食べない野菜があった時は、小皿にほんの少しだけ載せて、長男が一口でもかじったり、なめられただけでも力いっぱい褒めて下さるのです。

ふりかけ以外断固拒否の長男…「偏食、直さなきゃ」の重圧を救ってくれた先生が神対応すぎる!の画像

Upload By シュウママ

先生は「嫌な感情を残したまま食事を終えたらいけない。食事は楽しいことなんだよって思わせなきゃいけないんです」そう教えてくださいました。

「偏食は自分のせい」と一人で抱え込むお母さんにも伝えたい先生の言葉

「ありがとうございます。母親の私がやらなきゃいけないことだったのに」

思わず私が言うと先生は「お家ではね、どの子もお母さんに甘えるんですよ。でも集団の中だと甘えが許されない。だから不思議と食べられるようになるんです。子ども同士で一緒に伸びていくんです」

ふりかけ以外断固拒否の長男…「偏食、直さなきゃ」の重圧を救ってくれた先生が神対応すぎる!の画像

Upload By シュウママ

優しい笑顔で応じて下さいました。

私のせいだ、私がふりかけを出してわがままを許したせいだ――。そう思って自分を責めていただけに、この言葉はふわっと私の心を温めてくれたのです。お子さんの偏食に一人で悩まれてるお母さんに、どうかこの先生の言葉が届きますように。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup