子連れで行ってみたい!仙台七夕まつり2017

子連れで行ってみたい!仙台七夕まつり2017

Bu facebook
Bu twitter

夏の一大イベント、七夕祭り。そのなかでも、最も有名なのが「仙台七夕まつり」ではないでしょうか。仙台七夕まつりは8月に行われるので、夏休み中のお子さまと訪れるのにピッタリ。そこで、今回はその概要と魅力をご紹介します!

毎年200万人が訪れる伝統ある祭典

 (51972)

仙台七夕まつりは、毎年200万人以上の観光客が訪れる七夕祭りです。地元では「たなばたさん」の愛称で親しまれ、愛されている行事です。

その歴史は古く、仙台藩祖伊達政宗公の時代から受け継がれてきたといわれます。大変歴史のある伝統行事ですね。

豪華絢爛なお祭りで、期間中は街の中心部や商店街が色とりどりの飾りで埋め尽くされます。

仙台七夕まつりの開催日程と場所

 (51974)

仙台七夕まつりは、8月に開かれます。七夕の行事はもともと、現在の8月にあたることが多い、旧暦の7月7日に行われていました。そのため、当時の季節感に合わせようと、現在の暦の7月7日に1カ月を足して、8月6日~8日に開催されるのです。

【開催期間】
2017年 8月6日〜8日

【開催地】
宮城県仙台市中心部および周辺商店街(2016年度の情報)

【アクセス】
・JR・仙台市地下鉄仙台駅 徒歩すぐ
・駐車場 なし

仙台七夕まつり - 伊達政宗公の時代より続く、日本一の七夕。

仙台七夕まつり - 伊達政宗公の時代より続く、日本一の七夕。

仙台七夕まつりの魅力とは?

 (51973)

仙台七夕まつりの中心は、「笹飾り」と「おまつり広場」です。

「笹飾り」と呼ばれる巨大な七夕飾りは、お祭りの象徴。商店街を彩る笹飾りは、実は毎年新たに作られており、祭りに参加する団体や企業が何カ月もかけて準備しているのです。それぞれ特徴があるので、違いをチェックしてみるのも楽しいですね。

「おまつり広場」では、多彩なステージイベントが祭りを盛り上げます。七夕の歴史と伝統を学んだり、仙台グルメを味わったりすることもできます。

夜におすすめなのが、「瑞鳳殿七夕ナイト」。瑞鳳殿は仙台藩祖伊達政宗公をまつる霊廟で、七夕期間中は約1,200本の竹灯篭が灯されます。美しいイルミネーションによる、なんとも幻想的な夜を楽しめます。

子連れにおすすめのスポットは?

 (51975)

おまつり広場では、七夕体験ができます。願い短冊コーナーがあるので、お子さまと一緒に願いごとを書いてみてはいかがでしょうか。七夕おどりに参加したり、ステージイベントを観て楽しんだりするのもいいですね。

ただし、お昼前後の時間帯は、大変混雑します。なるべく午前中の早い時間帯や夕方などを狙うようにすると、ある程度混雑を避けることができるでしょう。

今年の夏休みはぜひ仙台へ

夏の風物詩として取り上げられることも多い、仙台七夕まつり。
今年の夏休みは、お子さまと一緒に仙台七夕まつりへ出かけてみてはいかがでしょうか?

きらびやかな笹飾りを楽しんで、七夕について学び、短冊に願いを込める。きっと、お子さまにとって素敵な思い出となることでしょう。

元のページを表示 ≫

関連する記事

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup