1歳の赤ちゃんでも楽しめる海遊び♪ママが気をつけるべきポイントとは?

1歳の赤ちゃんでも楽しめる海遊び♪ママが気をつけるべきポイントとは?

Bu facebook
Bu twitter

本格的な夏がやってくると、やっぱり海が恋しくなりますね! しかし、子ども連れで海にお出かけとなると、いろいろと準備や心構えが必要です。

特に、1歳くらいの小さな子どもの海水浴デビューには、気をつけたいこともたくさん。ポイントをしっかり押さえて、子どももママも、楽しく海を満喫しましょう♪

1歳からでもOK!海デビューに適した年齢とは?

海に行ける年齢に、明確な決まりはありません。短い時間で、海辺をお散歩して、海風を感じたり波の音を聞いたりするのは、低月齢でもOK。砂浜で遊ぶには安定したお座りができるようになった7ヶ月頃からがいいですね。

海水浴など、波打ち際まで行くのであれば、1歳くらいでしっかり歩けるようになってから、というママが多いようです。

しかし、海は1歳くらいの小さな子どもには刺激が多い場所。暑さや海水はもちろん、強い日差しや海風、海水浴場の混雑など、大人は大丈夫でも小さな子どもには刺激が強すぎる場合があります。

子どもの負担にならないよう、その対策をしっかりとしておけば、子どもと一緒に海遊びが楽しめますよ。

日焼け対策、そして水分補給をしっかりと!

まず、気をつけたいのが“日焼け”。子どもの皮膚は薄く、刺激を受けやすいので、海の強い紫外線を直接浴びるのは刺激が強すぎます。

また、海は日差しをさえぎるものがなく、砂浜や海に日差しが反射して、通常よりも日焼けしやすいので、子どもはもちろん、ママやパパも注意が必要ですよ。

子どもの年齢や肌に合った日焼け止めを必ず用意し、こまめに塗り直しをするようにしましょう。

また、帽子はもちろん、水着や水遊びパンツの上にラッシュガードや長袖シャツを着ることも忘れずに。肌の露出はできるだけ少なくした方が安心ですよ。

休憩場所は、できるだけ風通しの良い場所で、なるべく日陰を選ぶようにしましょう。日陰がない場合は、パラソルや簡易テントを設置して。砂浜は砂が熱くなっていて暑いので、ベビーカーを持って行き、そこで休憩するのもいいですね。

海の家を利用するのもひとつの手です。お出かけ前に情報をチェックしておきましょう。また、肌が弱い子どもには、海水も刺激が強いので、遊び終わったら必ず水で洗い流しましょうね。

そして、日焼け対策と一緒に忘れてならないのが水分補給。

子どもだけでなく、ママやパパも十分に意識して、水分補給をこまめにするようにしましょう。熱中症対策に子ども用の経口補水液などを準備していくのもいいですね。

遊ぶ時間帯と滞在時間にも気をつけよう

小さな子どもの場合、海で遊ぶ時間にも気をつけてあげたいですね。オススメは朝。8時や9時から遊ぶことを目標にお出かけしましょう。

特に、11時から15時くらいまでは、日差しがかなり強いので、小さな子どもは避けた方がいいようです。人気の海水浴場は周辺の混雑も予想されるので、朝早く行動するのは移動時間の短縮にもなり、子どもへの負担も減りますよ。

1歳くらいの赤ちゃんの場合は、海に入る時間や滞在時間も短めにすることをオススメします。

あたたかい海水でも、体温調節機能が未発達な子どもは、すぐに冷えてしまいます。海水に浸かっている時間は、1回に2~3分程度、長くても5分程度を目安にして、遊んだら休憩を繰り返すと安心です。

もし、身体が冷えすぎているなど、子どもに異変があれば、すぐに海からあがりましょう。

関連コラム

海は紫外線ケア万全に!プールは6ヶ月からデビュー
夏らしくて使えるアイテムばかり♪ダイソーの『ガールズトレンド研究所』コラボ第4弾が発売決定!
どうしてダメなの!?学校がプールでの日焼け止めを禁止するワケ
デートに使える!おもしろ企画がいっぱいの「海水浴場」での新しい遊び方って?
3歳までが大事!“気持ちを言葉で伝えられる子”に育てる声かけのコツ

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup