更年期障害になったら健康保険は適用される?保険には加入できる?

更年期障害になったら健康保険は適用される?保険には加入できる?

Bu facebook
Bu twitter

40代~50代女性に多いといわれる更年期障害。40代目前の30代女性にとっては、他人事とはいえないですよね。いざ更年期になってしまった場合に備えて、治療の際に健康保険は適用されるのか?発症後でも、医療保険や生命保険に加入することはできるのか?事前に確認しておきませんか……?

■更年期障害ってどんな病気?

成人女性なら誰しもが聞いたことのあるであろう、「更年期障害」というワード。“障害”とついていますが、一体どんな病気なのでしょうか?

更年期障害を発症すると、「ホットフラッシュ」と呼ばれる体のほてりや、「大量の汗」、「めまい」、「耳鳴り」などが代表的な症状として現れます。また、ふさぎ込みがちになったりと、精神的な不調に陥ることもあります。なお、更年期障害の症状には個人差があり、ほとんど症状が現れない方もいれば、日常生活に大きな支障をきたす方もいます。

さて、そんな更年期障害ですが、じつは自律神経失調症の一種であることをご存知でしょうか?

そのため、ホルモンバランスの乱れや精神的なストレスによる自立神経の乱れが大きな要因となります。これだけ聞くと、働き盛りのみなさんは「仕事のストレス」に注意しなければと思うかもしれませんが、それだけではありません。更年期障害を発症しないためには、家庭環境の変化にも注意が必要です。具体的には、以下のように家庭環境が大きく変化する場合にご注意ください!

例)

子どもが就職して家を出る
・・・これまで子育てにかけていた時間が急に空くことにより空虚感を感じる

年上のご主人が定年を迎える
・・・今まで朝と夜しか顔を合せなかったご主人と一日中一緒にいることにストレスを感じる

両親の健康問題
・・・病院までの送り迎えや介護が必要になった場合に心身的な負担が生じる

■更年期障害の治療はどこで行うの?健康保険は適用される?

いざ更年期障害の治療を受けようと思った場合、まずお世話になるのは「婦人科」です。では、更年期障害の治療にも健康保険は適用されるのでしょうか?

基本的には、YESです。たとえば、ホルモンバランスの乱れを解消するためにホルモン補充療法などを受ける場合も、健康保険を利用することができます。ただし、予防のためにサプリを服用する場合や漢方薬を併用する場合などは、健康保険の適用外となることもありますのでご注意ください。

■更年期障害を発症したら、医療保険や生命保険には入れないの?

前述で、更年期障害の治療に健康保険が適用されると知って安心した皆さま、安心するのはまだ早いかもしれません……。どういうことかというと、更年期障害を発症してしまうと、医療保険や生命保険の加入が難しくなってしまうのです。なぜなら、医療保険や生命保険に加入する場合、事前に健康状態の告知をする必要がありますよね。更年期障害も病気の一種なので、告知すべき項目に値します。ご存知の方も多いかと思いますが、うつ病などの精神疾患を患っている方は保険への加入が厳しくなるのが一般的ですが、前述の通り更年期障害も自律神経失調症の一つです。つまり、精神的な病気とみなされてしまうというわけですね。

以上のことから、「更年期障害の治療には健康保険が適用されるから安心!」ではなく、更年期障害になる前に保険に加入しておくことをおすすめします。

前述でもお伝えした通り、更年期障害が心配になるタイミングは、家庭環境なども大きく変わるタイミングです。つまり、保険の見直しをするにもふさわしいタイミングと言えます。健康なうちでないと加入時に不利になるのが保険ですので、このタイミングで改めて保険の見直しを検討されてみてはいかがでしょうか?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup