成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。

成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。

Bu facebook
Bu twitter

初めての育児で1番の楽しみは、子どもの成長

1歳過ぎまで順調に成長してきた長男。

基準となる"成長の目安"よりも、早くにできることが増えていくので

成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。の画像

出典 : Upload By ぽんぽん

なんて、思うこともありました。

しかし1歳半頃から"成長の目安"よりも、できることが遅くなったように感じ

成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。の画像

出典 : Upload By ぽんぽん

次第に、成長が早かった頃は気にならなかった「周りの子の様子」が気になるように。

成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。の画像

出典 : Upload By ぽんぽん

それからは…

成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。の画像

出典 : Upload By ぽんぽん

成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。の画像

出典 : Upload By ぽんぽん

"基準"に縛られてしまい、焦ったり悩んだりすることが多くなりました。

ところが、次男1歳3ヶ月の頃

成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。の画像

出典 : Upload By ぽんぽん

成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。の画像

出典 : Upload By ぽんぽん

成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。の画像

出典 : Upload By ぽんぽん

成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。の画像

出典 : Upload By ぽんぽん

成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。の画像

出典 : Upload By ぽんぽん

長男の時は同じ月齢でできている子がいるなら、長男にもできるはず。できないとおかしい。

と思いながら過ごしていたのですが、

次男の時には
「遅い子もいるんだから大丈夫」
「そのうちできるようになる」

と思えるようになっていたことに気がつきました。

それはゆっくりだけど、自分のペースで成長している長男の様子を見ていたからなのです。

成長の基準から、遅れる我が子。「もう3歳なのに…」と焦ってしまう日々でした。の画像

出典 : Upload By ぽんぽん

まだ生まれてから、たったの3年

できないことがあって当たり前だし、これからの長い人生で一生できないわけじゃない。

できることに目を向けて伸ばし、
できないことはゆっくり、できるようにすればいい。

大人でも運動が苦手な人、計算が苦手な人、手先が不器用な人がいるんだから。

できるようになるためにサポートはしていきますが、肩の力を抜いて「この子にはこの子のペースがあるんだ」と改めて思えるようになりました。
そうすることで私も長男もぐんと過ごしやすく、また私自身の焦る気持ちも軽くなりました。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup