捨てちゃもったいない!卵パックのリサイクル活用術と便利な使い方

捨てちゃもったいない!卵パックのリサイクル活用術と便利な使い方

Bu facebook
Bu twitter
一般家庭での卵の消費量は多いですが、そのパックすぐ処分していますよね?実は、この卵パックに意外な使い方があったんです!捨てる前に知っておきたい卵パックの活用術をタイプ別にまとめてみました。かわいくアレンジできる方法をご紹介します。

卵パック、そのまま捨てるのもったいない…!

卵パックには、紙製とプラスチック製があるのは、皆さんご存知ですよね。以前は、塩化ビニール製のものが主流でしたが、紙製の卵パックには100%再生紙を、プラスチック製にはペット樹脂が使われるようになりました。

とはいえ、実際たまごを使ったらすぐにゴミとして処分してしまいますよね?実は収納やインテリア、料理するときにリメイク可能な便利なアイテムだったんです!

紙の卵パックは収納やインテリアに♪

1. 小物類の収納に

パックの外面に振り分けしたいものを書いておけば、収納ケースに早変わり。アクセサリーや小物類を入れるのにピッタリの大きさです。収納スペースもそれほど取らないうえ、節約にもなるのもうれしいポイント。捨てる前に有効活用してみてもいいですね。

2. インテリアとして飾れる

紙パックの素材はそのままに、無地のパックはマスキングテープなどでおしゃれにアレンジを加えれば、アンティーク調のインテリアに変わります。木製の素材に馴染むので雑貨として再利用することもできるんです。DIY好きが注目してしまうアイテムでは?

3. 小さな植物も育てやすい

最近流行りの観葉植物は多肉植物、手のひらサイズでかわいいのが多いでよね。そんな植物を飾るのに、卵パックがちょうどいいサイズのようなんです。周りをデコレーションすれば、女子力高めの人も注目する予感がしてきます。

4. 観葉植物をかわいくリメイク

家のベランダや室内の飾り付けに植物を使用するとき、鉢植えなどもろもろの備品が必要になってきますが、卵パックがあれば簡単にプランターアレンジが可能に。予算を抑えられて部屋を自然豊かな空間にできるなんてお得かも。

5. 部屋の空間演出に最適

骨董品や家具といったインテリアのワンポイントとしても添えられる卵パック。パッケージをカラーリングしておくだけでも映えますが、リメイク雑貨としてアレンジメント可能な空間演出ができるところがおしゃれですね。

プラスチックの卵パックは料理に使える!

6. 小分け保存に最適

野菜を長持ちさせるのに、冷凍保存は欠かせません。ジップロックと卵パックさえあれば、即席の保存容器を作ることができるんです。場所も取らず、透明の袋なので中身の確認もしやすいのがポイント。料理で余らせてしまった野菜なども保存するのにもピッタリです。卵を使いきったら保存容器として使ってみても便利ですね。

7. 冷やしてアレンジ

卵のプラスチック容器は、スイーツ作りに最適です。好きなジュースを冷やせば、シャーベットが作れちゃいます。冷凍保存向きなので、チョコレートを作るのにも適しているんですよ。専用の型がない時でも、卵パックならかわいく仕上がるのでおすすめです。

8.カラフルゼリーが作れちゃう

卵パックに液を流して冷やせば、簡単にゼリーが作れます。型崩れもしないでキレイにしあがるのと、手間のかかることがないので便利グッズになるのでは。小さなお子さんがいるなら、おやつに一緒に作ってみても楽しめそうですよ。

9.カップスイーツにも使えます

マフィンやパウンドケーキなど、小さいサイズのカップケーキや、大福などの和菓子を一度にたくさん作りたいときにおすすめ。ひと口サイズのかわいいお菓子なら、どれにでも使える優れもの。専用容器に変わって手軽に使うことができるのもひとつのポイントですが、デコレーションが崩れる心配もなく保存できるのでスイーツ作りにピッタリなんです。

10. ひと口サイズにピッタリ

ひと口サイズのおにぎりを作っても、適当な大きさのお弁当箱がないというときありますよね。そんな時のお助けアイテムです。遠足や運動会など、行事ごとでたくさん詰め込むときにおすすめです。ピクニックの帰りにゴミとして処理すれば荷物にならずに済むのも、アイデアのひとつになりそうですね。

どうしても捨てるならリサイクルを!

もしリメイクできなくて、使い道がないというときには処分しなくてはいけませんが、ごみとして捨てる前に、リサイクルにだしてみてはいかがでしょうか。はじめにも説明した通り、卵パックは再利用可能です。身近なところでは、スーパーでも回収できるので、取り扱い可能なお店を見つけてリサイクルしてみるのもいいのではないでしょうか。

ひと工夫で無限にアレンジできる優れもの

今回、卵パックの便利な点をご紹介してきました。使えそうな要素はありましたか?普段、気に留めずにすぐに捨ててしまっていたパックですが、リサイクルできるだけでなく使い方によって、いろいろなアレンジができるのには驚いたのではないでしょうか。

今回まとめた内容はほんの一部分です。使い方ひとつで多彩に変化できる万能アイテムとわかったところで、インテリアに物足りなさを感じたり、調理器具がなくて困っているときに有効活用してみるといいかもしれません。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
一般家庭での卵の消費量は多いですが、そのパックすぐ処分していますよね?実は、この卵パックに意外な使い方があったんです!捨てる前に知っておきたい卵パックの活用術をタイプ別にまとめてみました。かわいくアレンジできる方法をご紹介します。

卵パック、そのまま捨てるのもったいない…!

卵パックには、紙製とプラスチック製があるのは、皆さんご存知ですよね。以前は、塩化ビニール製のものが主流でしたが、紙製の卵パックには100%再生紙を、プラスチック製にはペット樹脂が使われるようになりました。

とはいえ、実際たまごを使ったらすぐにゴミとして処分してしまいますよね?実は収納やインテリア、料理するときにリメイク可能な便利なアイテムだったんです!
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup