“隣の人のランチ” に心を乱される人は要注意。「脳が疲れる」原因になっているかも。

“隣の人のランチ” に心を乱される人は要注意。「脳が疲れる」原因になっているかも。

Bu facebook
Bu twitter

お昼の休憩時間に、「さあ何を食べよう」といろいろ考えているうち、「何を食べるべきか?」になり、結局何を食べたいのか分からなくなってしまい、身近なところで手を打ち気分が盛り下がったことはありませんか?

誰でも経験しそうな日常の風景ですが、そんなことばかりが続くと、「脳疲労」を引き起こしてしまうかもしれません。やる気が低下し、心身が不調になってしまうことも……。

情報社会がもたらす「偽の欲求」と「脳疲労」について説明します。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup