材料は2つ「サワークリーム」の作り方!活用レシピも♩

材料は2つ「サワークリーム」の作り方!活用レシピも♩

Bu facebook
Bu twitter
いろいろな料理にも使えるサワークリーム。自宅で簡単に、しかも低価格で手作りすることができるんです。おいしいサワークリームの作り方を覚えたら、次はサワークリームオニオンに挑戦!様々な料理に添えるだけでおいしく、おしゃれなメニューになります。

自家製サワークリームを作ってみよう!

さわやかな酸味とコクが特徴の「サワークリーム」。普段あまり馴染みがないという方も多いのではないでしょうか?「どの料理に使っていいの?」「どこに売ってるの?」「そもそもどんな味?」などの疑問も多いはず。

今回はそんな「サワークリーム」を、簡単おいしく手作りする方法やアレンジをご紹介します。手作りすれば簡単に安く手に入るので、この機会に皆さんも料理のレパートリーに加えてみませんか?

簡単♩サワークリームの作り方

材料はたったの2つ。しかもどこにでも手に入るので、思い立ったらすぐに作れちゃう「サワークリーム」。生クリームのコクと、ヨーグルトの酸味が作り出すさわやかなクリームです。

基本の簡単サワークリームは、混ぜる、発酵させるだけの2ステップ。菌が入らないよう、清潔な容器を使いましょう。

材料(4人分)

・生クリーム  200g
・ヨーグルト  大さじ3

作り方

1. 生クリームとヨーグルトを混ぜ合わせます。

2. ほこりなどが入らないようキッチンペーパーなどでフタをし、常温で半日~1日そのまま放置して発酵させます。

3. お好みの硬さになったらできあがりです。発酵が進めば進むほど固まりますので、好みの硬さになったら冷蔵庫で保存します。

作るときのポイント

混ぜ合わせて放置するだけで簡単にできるサワークリームは、ヨーグルトの量を増やせばより早く固まり、仕上がりも硬めになります。生クリームは動物性でも植物性でも作れますが、クリーム感をより楽しみたい場合は、動物性をおすすめします。

サワークリームにはこんな作り方も

ヨーグルトメーカーがあれば簡単!

ヨーグルトを手作りできる電化製品「ヨーグルトメーカー」を持っている人は、さらに簡単にサワークリームを作ることができます。ヨーグルトメーカーを使う利点は、季節問わず温度を調節でき、一定に保つことができるところ。

温度と時間をセットすれば失敗なく誰でも簡単に、おいしいサワークリームを作れるのでとっても便利です。
▼ヨーグルトメーカーを検討するならこちらをチェック!

生クリーム+レモンで簡易サワークリーム

サワークリームを作るのはとっても簡単ですが、発酵する時間がかかります。すぐにサワークリームが必要な時は、生クリーム+レモンで簡単に作ってみましょう♩

作り方は簡単。生クリームにレモン汁を加えてある程度混ぜ合わせると、固まってきます。好みの固さになるまで混ぜれば、サワークリーム風のできあがり。

ソースにするには牛乳で

できあがったサワークリームの発酵が進みすぎて少し固くなってしまったときや、ソースのように使いたいときには、牛乳を使って伸ばすことができます。

牛乳は少しづつ加え、好みの固さになるまでのばしていきます。サラッとしたクリーム状になれば、ソースとしていろいろな料理に活用できるので、ぜひお試しくださいね。

サワークリームオニオンの作り方

玉ねぎの歯ごたえとコクが楽しめる「サワークリームオニオン」。まろやかな酸味は癖になりそうな味わいです。ポテトチップスにつけたり、野菜スティックにディップしたり、使い方はさまざまです。

手作りのサワークリームを使って、材料を混ぜるだけですぐにできますよ。

材料(2~4人分)

・サワークリーム    1/2カップ
・玉ねぎのみじん切り  大さじ3
・ニンニクすりおろし  1個分
・コンソメ顆粒     小さじ1
・塩コショウ、パセリ  少々

作り方

1. 玉ねぎのみじん切りを電子レンジで1分ほど加熱し、余熱を取っておきます。

2. すべての材料をよく混ぜ合わせます。

3. コンソメ顆粒が溶けたらできあがりです。

作るときのポイント

酸味がもう少し欲しい場合は、お好みで酢を少々入れてもおいしくできます。また、ニンニクはチューブのすりおろしでも、ガーリックパウダーでも代用できます。玉ねぎの量もお好みで調節できるので、自分好みの味に仕上げてみてくださいね。

自家製サワークリームのお菓子レシピ3選

1. サワークリームクッキー

とってもふわふわサクサクにできるレシピ。やわらかめの生地は、冷蔵庫でよく冷やして少し固めてから、形を取ったりカットしたりします。

サワークリームを使っているのでいつものクッキーよりもふわサク食感に仕上がりますよ。また、あっさりとした甘さは癖になる味わいです。

2. プレーンスコーン

甘すぎないプレーンな味は、どんなソースや食材ともよく合うスコーン。あっさりとしていて何個でも食べられそうな優しい味わいです。

たくさん作って、朝食やおやつにもピッタリ。焼きたての味は手作りだからこそ味わえるおいしさです。パーティーなどにも活躍してくれますよ。

3. ベイクドチーズケーキ

濃厚なのにしつこくない、食べやすいベイクドチーズケーキ。サワークリームを使っているので、こってりしすぎないさわやかなおいしさは、家族みんなで食べられます。

15cmスポンジ型1台分がすぐになくなってしまうほどおいしいレシピ。手作りならではの優しい味わいは、何度でも作りたくなります。

サワークリームは代用も可能!

用意するのが難しいとおもわれがちな「サワークリーム」。実は身近な食材をいろいろと組み合わせて、代用できるんです。サワークリームを使った料理を作ったことがない方も、手作りサワークリームの作り方をマスターすれば、料理の幅も広がりますよね。

サワークリームを使えば、料理の味もさらにおいしくなり、プロの味わいも楽しめます。おやつにも料理にも使えるサワークリームを、ぜひご家庭で手作りしてみませんか?
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup