赤ちゃんのつかまり立ちはいつから? 安全のための5つのポイント

赤ちゃんのつかまり立ちはいつから? 安全のための5つのポイント

Bu facebook
Bu twitter
日に日に成長していく赤ちゃんですが、そのスピードには個人差が大きいもの。特につかまり立ちは、早くから始める赤ちゃんもいれば、のんびり構えている赤ちゃんもいます。ゆったりした気持ちで見守り、成長過程を楽しみましょう!
赤ちゃんがつかまり立ちを始める時期は??

赤ちゃんの成長には個人差が大きく、初めてママになった人は「うちの子大丈夫?」と不安になることも多いものです。赤ちゃんの成長が大きく見られる「つかまり立ち」の時期について、練習や対策などのポイントをおさえておきましょう。
つかまり立ちの平均月齢
赤ちゃんの成長の中でもつかまり立ちは、個人差が大きく出るものです。早いパターンであれば、生後6~7ヶ月で始めるという赤ちゃんもいます。ゆっくりとした成長スピードの赤ちゃんであれば、生後11ヶ月~1歳以降というケースもあります。個人差がありますが、つかまり立ちはハイハイで手足に力が付いてからの生後8~10か月頃に始める赤ちゃんが多いでしょう。
赤ちゃんがつかまり立ちから学ぶことって??
つかまり立ちをすることで赤ちゃんの筋肉は大きく発達します。自分自身の体を支え、ヒザの曲げ伸ばしなどで体の衝撃を吸収し、体のバランスを取ることを覚えます。これまで見ていた世界とは違って、高さのある世界が見えるようになり好奇心が発達します。
つかまり立ち時期におすすめの3つのおもちゃ
赤ちゃん用のジム
木製やプラスチック製の赤ちゃん用ジムにはねんねの頃からつかまり立ちの頃まで使えるものがあります。ジムにつかまったまま、ぶら下がったおもちゃを触るなどして遊びます。
テーブルタイプのおもちゃ
つかまり立ちができるようになると、長く立って遊ぼうとする赤ちゃんも多いものです。テーブルタイプのおもちゃは、押すと音が出たり光ったりする工夫がされていて、赤ちゃんの好奇心を満たしてくれます。
手押し車
あんよの練習にもなる手押し車は、昔からこの時期の赤ちゃんの定番おもちゃです。段差などで思わぬ事故の危険もあるので、ケガのないように見守ってあげましょう。
つかまり立ちが遅い赤ちゃんの練習と対策

つかまり立ちをなかなかしてくれなくて、不安になるママさんも多いものです。なかなかつかまり立ちをしない理由とは?練習や対策はあるのでしょうか。
つかまり立ちが遅い原因
つかまり立ちには、体を支える十分な筋肉の発達が必要です。まだ体を支えられるほどの筋肉がついていなかったり、生まれつき筋肉が柔らかいタイプの赤ちゃんもいます。また、性格上つかまり立ちに興味がない場合や、お座りやハイハイが好きな赤ちゃんもいます。発達に何らかの障害がある場合もありますが、つかまり立ちが遅いからといって、すべての赤ちゃんに発達の問題があるわけではありません。何よりも、大人が赤ちゃんに無理強いをしないことが大切です。
練習は役立つ?
立つことが好きだけれども、つかまり立ちがまだできないという赤ちゃんもいます。大人が支えてサポートしてあげると喜んでくれるので、そういったタイプの赤ちゃんには練習は有効でしょう。しかし、赤ちゃんの性格や筋肉の発達なども関係し、練習をすることで立つことが嫌いになってしまうこともあるので注意が必要です。
いつからつかまり立ち訓練をすれば良いの??
つかまり立ちができるようになるには、月齢よりも、筋肉が十分に発達しているかどうかが重要になります。筋肉がそれほど発達していない段階からつかまり立ちの練習をすると、ヒザの動かし方に癖が出てしまうこともあります。つかまり立ちの訓練をする場合には、ハイハイがしっかりできるようになってからにしましょう。
ママの見守り方
つかまり立ちに限らず、赤ちゃんの発達はまわりの大人が無理強いをしないことが重要です。発達には、個人差が大きいので、見守ることを心がけましょう。また、つかまり立ちができるようになった赤ちゃんでも大人のようにバランスが取れるわけではありません。思わぬ事故にならないためにも赤ちゃんを一人にはしないよう、そばで見守る必要があります。
安全対策5つのポイント

つかまり立ちをしても大丈夫な環境は整っていますか?家の中には、大人には問題がなくても赤ちゃんには危険な場所というものがあります。家の中の安全対策をチェックしてみましょう。
転倒しやすい危険な場所
家の中で転倒しやすい危険な場所は、物が多い居間、段差のある玄関や階段、すべりやすいお風呂などです。住居全体に言えることは、物をシンプルにし、極力物をどこかへ収納してしまうことがポイントです。
入浴のコツ
湯船に蓋をしていても赤ちゃんはつかまり立ちで上ろうとします。湯船のお湯は必ず抜く習慣をつけましょう。洗剤やシャンプーなどの誤飲を予防するために、それらは手の届かない場所で保管するようにしましょう。赤ちゃんと一緒にお風呂に入る時滑りやすくなっているので、目を離さないことが大切です。
つかまり立ち期の必須アイテム
フローリングのリビングは硬く、滑りやすいものです。赤ちゃんが転倒した時に大きなケガになってしまわないように、プレイマットなどクッションになるものを敷き詰めることをおすすめします。但し、柔らすぎるマットの場合は、赤ちゃんがちぎって食べる可能性があるので、注意が必要です。
靴下はどうする?
靴下を履いていると赤ちゃんが滑ってしまう危険性があるので脱がせることをおすすめします。裸足はケガをしやすいので、床にケガをしそうなものがないかチェックしましょう。
引き出しや扉用のストッパーは必要?
赤ちゃんの事故やケガは思わぬモノや場所で事故がおこるものです。住まいには口に入れてはいけないものやケガの危険のあるものがたくさんあります。特に台所などはリスクになりやすいものが多いので、ストッパーを付けておくことをおすすめします。
まとめ

赤ちゃんの大きな変化でもあるつかまり立ちですが、赤ちゃんの成長は個人差が大きいので、焦らず見守ることが大切です。つかまり立ちを始めたら行動範囲も広がり、その分危険度も増すので目を離さないように注意しましょう。

関連リンク
妊婦はお寿司NG? 気をつけたい魚介類のネタと注意点 | マイナビウーマン
【医師監修】子どもの中耳炎の治療方法は? 予防策と合併症のリスク | マイナビウーマン
【医師監修】赤ちゃんの後追い行動はいつから? 5つの対策方法 | マイナビウーマン
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup